この情報は、米国アドビシステムズ社が提供しているフォーラム情報「FAQ: Adobe Workspaces is being retired」をもとにローカライズして作成したものです。

Workspaces はなぜ廃止されるのですか?

Buzzword、Tables、Presentation を含む Adobe Workspaces は、2015 年 1 月 6 日(米国時間)に廃止される予定です。アドビは、ワードプロセシング、スプレッドシート、プレゼンテーションなどのドキュメントオーサリング関連サービスを終了します。弊社では、あらゆるデバイスからファイルにアクセス可能な PDF 作成・変換の製品とサービスの提供を世界規模で継続することに注力します。https://files.acrobat.com では、引き続きファイルのアップロード、保存、共有が可能です。

ドキュメントをクラウドに保存する代替手段はありますか?

Workspaces は廃止されますが、クラウドストレージは引き続き提供されます。Acrobat.com サービスでは、ファイルのアップロード、保存、共有、プレビューが可能です。複数レベルのフォルダーでファイルを整理することもできます。また、Acrobat.com から Adobe PDF Pack や Adobe ExportPDF などのその他のドキュメントサービスにアクセスすることもできます。Workspaces と同じ Adobe ID で https://files.acrobat.com にサインインしてください。

Workspaces 廃止の通知を受信しました。なぜですか?

2013 年 1 月 1 日以降に Workspaces にログインしているすべての Adobe ID に対して、サービス廃止の通知が送信されています。また、Workspaces に関連付けられていた特定のサービス(CS Review など)にサインアップしている Adobe ID も対象になっています。現在 Workspaces をご利用でない場合、通知メールは破棄していただいて構いません。

Workspaces はいつまで使用できますか?

2015 年 1 月 6 日(米国時間)をもってサービスが終了します。必要に応じて、事前にドキュメントのダウンロードや削除を済ませておくようお願いいたします。

ファイルと Workspaces は廃止後にどうなりますか?

Workspaces に保存したファイルは、2015 年 1 月 6 日(米国時間)以降アクセスできなくなります。

どうすればファイルの変換とダウンロードができますか?

一部のファイルを除き、通常はメニューから直接「ダウンロード」を選択できます。

Buzzword、Tables、Presentation のファイルについては、一度ファイルを開いてから Export メニューで書き出す必要があります。

  • Buzzword の場合、PDF、Microsoft Word(.doc、.docx)、リッチテキスト(.rtf)、HTML、プレーンテキスト、OpenDocument(.odt)、EPUB(.epub)などの形式で書き出すことができます。ダウンロード後も編集を継続する場合は、PDF 以外の形式を選択してください。
  • Tables の場合、PDF、Microsoft Excel(.xls)、カンマ区切りの CSV(.csv)の形式で書き出すことができます。
  • Presentation の場合は、PDF 形式で書き出すことができます。

書き出しに関する詳細については、Export, save, and print documents(英語)を参照してください。

Workspaces 内のファイル全てを一括してダウンロードできますか?

近日中にすべてのファイルを一度にダウンロードするツールを提供する予定です。各ワークスペースごとに .zip ファイルにまとめることができます。ツールの提供が開始され次第、ツールの使用方法等についてお知らせのメールを送らせていただく予定です。

Acrobat.com にファイルをアップロードして保存するにはどうすればよいですか?

Acrobat.com を利用する場合は、http://files.acrobat.com からサインインしてください。Workspaces と同じ ID・パスワードで利用可能です。サインインしたら、画面右上の雲のアイコンをクリックしてファイルをアップロードすることができます。他のアイコンからは並び替え、フォルダー作成、表示形式の変更などが可能です。

ファイルやワークスペースを削除するにはどうすればよいですか?

(アクセス権があれば)ファイルおよびワークスペースは削除することができます。作成またはアップロードしたファイルを削除すると、自分のワークスペースおよび共有先の両方から削除されます。他のユーザーから共有されたファイルを削除した場合、自分のワークスペースからは削除されますが、他のワークスペースからは削除されません。共有ワークスペースの場合、自分が作成・追加したファイルについては削除できますが、他のユーザーが作成・追加したファイルを削除することはできません。

ファイル名の右にある矢印をクリックし、「文書を削除」を選択すると対象のファイルを削除できます。確認のメッセージが表示されたら「OK」をクリックします。この操作は取り消しができないため注意してください。また同様の手順でワークスペースを削除することもできます。共有ワークスペースの場合は、ワークスペース自体を削除することはできません。

注意:

注意 : 共有ファイルや共有ワークスペースを削除する場合、事前に共有先ユーザーに連絡してから削除することをお勧めします。

Acrobat の共有レビューで使用していましたが、今後どのようになりますか?

Acrobat 9/X/XI の場合、共有レビューの送信オプションからオンラインサービスを選択する機能が削除されます。共有レビューの機能自体は削除されませんが、自社の内部サーバー(SharePoint ワークスペース、ネットワークフォルダー、Web サーバーフォルダーなど)を利用して注釈を収集する必要があります。

Workspaces を使用して Acrobat の PDF フォームを配布していましたが、Acrobat.com からでも可能ですか?

Acrobat 9/X の場合、フォームツールから Acrobat.com 経由で送信するオプションが削除されます。メールんまたは内部サーバーを使用した送信・配布は可能です。また、Adobe FormsCentral の利用もご検討ください。すばやく PDF フォームや Web フォームを作成するクラウドベースのツールです。

Workspaces を使用して Captivate からコンテンツをポストし、トラックと記録を行っていましたが、今後も利用できますか?

Captivate から Workspaces(Acrobat.com)にコンテンツをアップロードしてトラックするオプションは削除されます。現時点では代替となるソリューションはありませんが、Captivate チームは現在取り組みを進めています。

既に Acrobat.com(files.acrobat.com)を利用してファイルを保存していますが、Workspaces の廃止の影響はありますか?

Acrobat.com(http://files.acrobat.com)を使用している場合、ドキュメントとサービスは影響を受けません。Workspaces(http://workspaces.acrobat.com)にファイルを保存している場合、それらのファイルは 2015 年 1 月 6 日(米国時間)に削除されます。

Workspaces から Acrobat.com(files.acrobat.com)にファイルを移動しましたが、ファイルを編集できないのはなぜですか?

Acrobat.com では、Web ブラウザー、Adobe Reader、モバイルアプリなどの複数のプラットフォームからドキュメントを保存、共有することができます。保存、参照、共有、ダウンロードはできますが、編集することはできません。編集が必要な場合は、一旦コンピューターにダウンロードしてから対応するアプリケーションで編集してください。Acrobat.com には今後様々な機能が追加される予定がありますが、ドキュメントの編集機能を追加する予定はありません。クラウドでの共同編集作業が必要な場合は、代替となる他サービスの利用をご検討ください。

その他の弊社ドキュメントサービス

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー