Adobe Acrobatはスキャンした紙の文書を編集する機能があります。 ペーパーレスを加速させることのできるモバイルアプリのAdobe Scanと併せてご紹介します。ぜひ動画とともにご覧ください。

Adobe Scanについて

Adobe ScanはiOS、Androidともに無償で使えるアプリです。

紙の文書をスキャンし、PDFとしてデータ化することができます。またOCR処理によって文書内の文字を認識し、自動でテキストデータ化します。

 

テキストを編集

スキャンした文書をAdobe Acrobatで編集します。

現在は単なる1つの画像データになっているため、文字などを選択できません。

 

 

文書の傾きを補正し、文字をテキストデータ化します。

 

  1. タブの「ツール」から「スキャンとOCR」を選択します。

  2. 「補正」-「スキャンした文書」を選択し、「テキスト認識」が有効であることを確認して「補正」をクリックします。

 

画像の傾きが補正され、文書内の文字がテキストデータ化しました。

 

テキストを変更します。

  1. 「PDFを編集」をクリックし、テキストを編集可能なテキストデータとして変換します。

  2. 編集個所をドラッグで選択し、テキストを打ち換えます。

  3. フォントを変更します。

 

テキストとフォントを変更できました。

紙の文書をスキャン

Adobe Scanで紙の文書をスキャンしてPDFを作成します。

 

  1. Adobe Scanを開き、画面右下のカメラアイコンをタップします。

  2. 文書を画角に収めて撮影します。シャッターは自動で切られます。

  3. ハンドルを操作して読み込む範囲を調整し、「続行」をタップします。

     

4. サムネールをタップします。

5. ペンアイコンをタップして名前を変更し、「OK」をタップします。

6. 「PDFを保存」をタップします。

 

スキャンした文書をPDFとして保存できました。

保存したデータはDocument Cloudにアップロードされるので、PCからアクセスすることもできます。

署名を追加

Adobe Scanでスキャンして作成したPDFに手書きの署名を追加します。

 

  1. 「Acrobat」をタップしてAdobe Acrobat Readerモバイル版アプリで作成したPDFを開きます。

  2. 虫眼鏡アイコンをタップしてテキストを検索します。ここでは「署名」と入力します。PDF内の該当箇所が赤で表示されます。

     

3. ペンアイコンをタップし、「入力と署名」を選択します。

4. 万年筆アイコンをタップし、「署名を作成」を選択します。

5. 手書きで署名を描画し、「完了」をタップします。

 

「オンラインプロファイルに保存」を有効にすることでPC上でも作成した署名を使用することができます。また、「画像」や「カメラ」を選択するとあらかじめ用意したデータを使用できます。

 

 

任意の場所をタップして作成した署名を追加します。

配置、サイズ、色を設定します。「完了」をタップして編集を終了します。

 

手書きの署名を追加できました。

 

シェアアイコンをタップすると電子メールでPDFを共有できます。

 

Adobe Acrobatをご利用いただくために、大きく2つのプランを提供しています。

・Adobe Creative Cloudコンプリートプラン

・Adobe Acrobat単体プラン

 

Adobe Acrobat単体プランでは、以下の2通りのプランを用意しています。

・Acrobat Pro

・Acrobat Standard

 

Adobe Acrobat Proは、ファイルの比較や、印刷工程の細かい設定ができるため、DTP作業に関わる方にオススメのプランです。

詳細は、Adobe Acrobatのプランと価格のページからご覧ください。

モバイル版アプリの操作性も益々進化し、格段に使いやすくなっています。是非お試しください。


アドビのロゴ

アカウントにログイン