PDFの作成によりチームの柔軟性を向上
PDFアイコンが画面に示された複数の電子デバイスがすべて1つのクラウドに接続されている

クリエイティブな販促アイテムには、画像、出版物、ビデオ、webコンテンツといった多彩なフォーマットがあります。これらにはクライアントによるレビューと承認が必要ですが、クライアントのコンピュータースキルやデバイスの種類は様々です。PDFはこれらすべてを統一する1つの形式です。編集や注釈のための組み込みツールによって、デザイナーとクライアント、プロジェクトマネージャーとチーム、行政機関と個人、さらにその他多くのケースで、共同作業と配布をおこなうための優れたプラットフォームが実現します。

課題を特定

鈴木さんは、法律事務所向けのプロジェクトに取り組んでいるフリーランスデザイナーです。彼女は新しいマーケティングキャンペーンの始動のために様々なソーシャルメディア向け画像をデザインしています。

クリエイティブプロフェッショナルとして、いくつかのデザインプログラムやワードプロセッサープログラムを使用してコンテンツを作成します。通常であれば、鈴木さんは、承認のためにファイルを添付したいくつもの電子メールを事務所のすべてのパートナーに送ります。作品の作成に使用したプログラムに応じて、添付ファイルには、JPEG、PowerPointプレゼンテーション、Excel表計算シート、その他のPDFが含まれます。鈴木さんは、個々の文書に関する各パートナーのフィードバックを管理することになります。すべての返信メールを印刷して、依頼された変更内容を反映するごとに1つずつ印を付けていく必要があります。このプロジェクトの間に、パートナーの1人のコメントを紛失したことが数回ありました。パートナーを怒らせただけではなく、このような見落としによって電子メールのやり取りが増えて、プロジェクトのスケジュールは延期することになりました。

左側に文書の束。右側に波括弧とPDFアイコンがあり、多数の文書から1つのPDFへのマージが示されている

作成と結合によってワークフローを最適化

ここで、鈴木さんが単一のファイル形式としてPDFを利用し、Document Cloudを使用して承認プロセスを管理したと想像してみましょう。シナリオはかなり変わります。 

鈴木さんは、画像やアートワークについてはPhotoshopの「PDFとして書き出し」機能を使用し、予算に関する文書についてはMicrosoft PowerPointやExcelの「PDFとして保存」機能を使用します。また、個々のファイルを電子メールに添付するかわりに、結合して1つのPDFプレゼンテーションを作成します。彼女は注釈と承認のためにこのPDFをDocument Cloudにアップロードします。共通する1つのリンクをパートナー全員に送信できます。それぞれのパートナーがこの1つのPDFに注釈を付けることができ、鈴木さんは名前ごとに色分けされたすべての注釈を一箇所で確認できます。鈴木さんは修正をおこなうとき、リストを順に処理しながら各注釈を「完了」とマークします。終了したら、最終承認のために新しいPDFをアップロードして、各パートナーが署名できるようにします。キャンペーンが期限どおりに始動しただけでなく、鈴木さんの評価も上がり、クライアントも満足します。

形式を変更 — やり直さない

鈴木さんは、デザインしたソーシャルメディア投稿のテキストコンテンツを法律事務所の管理スタッフに提供することも依頼されています。管理スタッフは、ソーシャルメディアキャンペーンと連動するマーケティング用の電子メールを作成できるように、編集可能なテキスト文書を求めています。鈴木さんはPDFをMicrosoft Word文書に書き出せばよいだけです。テキストフローと文書のレイアウトが維持されるためです。

Acrobatユーザーは、どのようなオペレーティングシステムからもコンテンツの作成、編集または書き出しをシームレスにおこなうことができ、作成プロセスを効率化できます。複数ファイルの結合、文書の分割、画像の入れ替え、編集の手直しに、臨機応変に対応できます。Acrobatがクライアントとクリエイターの関係をシンプルに統合化するプラットフォームであるということがわかります。

09/02/2020

Adobe Stock提供元: Julien Eichingeraa_amie

このページは役に立ちましたか。