紙、Word、Excel、その他のファイルを入力可能なPDFフォームに変換する方法を学習します。
convert-word-excel-paper-pdf-forms_1408x792

変換するファイルを選択する

サンプルファイルと一緒にプロジェクトファイルをダウンロードするか、独自のフォームを使用します。

Acrobatを開き、「ツール」を選択します。「フォームを準備」「開く」をクリックし、インタラクティブなPDFフォームに変換するファイルを参照します。Microsoft WordやExcelドキュメント、非インタラクティブなPDF、スキャンした紙の文書など、複数のファイル形式をPDFに変換できます。

ファイルを選択したら、「開始」を選択してフォームを準備します。

変換するファイルを選択する
「スタート」を選択してフォームを準備する

Acrobatは、アップロードしたファイルからインタラクティブなフォームフィールドを自動的に検出して作成します。判読可能なフォームフィールドであれば、ほとんどの場合、自動的に検出して作成できます。特定のフォームフィールドが自動的に検出されない場合、独自のフォームフィールドをすばやく簡単に追加できます。

フォームをプレビューする

テキストフィールドのプロパティを編集する

州を表す「State」フィールドなど、一部のテキストフィールドでは、定義済みのボックスに文字を等間隔に配置する必要があります。これはマス目フィールドと呼ばれ、この場合は2文字に制限する必要があります。

  1. テキストフィールドを右クリック「プロパティ」を選択します。
  2. プロパティウィンドウの上部にある「オプション」をクリックし、すべてのオプションの選択を解除します。
  3. 「マス目で区切る」を選択し、「2」と入力します。

これにより、テキストフィールドが2文字に制限され、フィールドの入力形式を指定できます。

テキストフィールドのプロパティ
テキストフィールドを編集する

チェックボックスのプロパティを編集する

デフォルトのチェックボックススタイルは、空白の正方形です。スタイルをチェックマークやその他の記号に変更するには、チェックボックスを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

プロパティウィンドウの「オプション」をクリックし、「チェックボックススタイル」「チェックマーク」に変更します。

チェックボックスのプロパティ
チェックボックスを編集する

カスタムフィールドの作成

Acrobatによりフィールドが自動的に検出されないことがあります。この例では、「Signature」セクションにその内容(署名する行など)が視覚的に表示されていません。さらに、「目視検査‐エクステリア」セクションのテキストフィールドの周りに線がありません。早速カスタムフィールドを作成して、フォームを完成させましょう。

カスタムフィールドの作成

署名フィールドを追加する

ツールメニューで、電子署名アイコンを1回クリックします。整列ガイドを使用して、マウスをページの適切な位置に移動します。目的の位置に移動したら、1回クリックしてページにフィールドを追加します。

ヒント:1回クリックして署名フィールドを配置する代わりに、クリック&ドラッグしてフィールドをサイズ変更してから配置することもできます。

注意:このフォームをAdobe Signで使用して電子サインを収集する場合、そのサービスについて詳しくは、PDFを署名用に送信をご覧ください。

署名フィールドを追加する

この場合、署名フィールドをページ上の他のフィールドに合わせてサイズ変更する必要があります。まず、ページ上の「Signature」フィールドを選択します。「Signature」フィールドは右側のフィールドメニューからも選択できます。

次に、Ctrlキー(またはCommandキー)を押しながらクリックし、「電子メールアドレス」フィールドも選択します。両方を選択したら、「サイズに合わせる」オプションを選択します。このオプションには、「幅」と「高さ」が含まれます。「Signature」フィールドが、電子メールフィールドのサイズに合わせて自動的にサイズ変更されます。

注意:アイテムを選択する順序によってフィールドのサイズ変更方法が決まります。複数のフィールドを選択した場合、最後にクリックしたアイテムのサイズに合わせてサイズ変更されます。

署名フィールドのオプション
署名フィールド

拡大したテキストフィールドを追加する

ツールメニューのテキストフィールドアイコンを1回クリックし、フィールドをクリック&ドラッグして、文書の下部にある空白領域全体に配置します。フィールドを追加する際に、フィールド名を付けることもできます。「すべてのプロパティ」をクリックすると、フィールドのそれ以外のプロパティも編集できます。

拡大したテキストフィールドを追加する

フォームを消去するボタンを作成する

フォームをリセットするボタンを追加すると、フォームからデータを簡単に消去できるようになります。このボタンを追加するには、ツールメニューからボタンアイコンを選択します。マウスをページの適切な位置に移動し、1回クリックしてボタンを追加します。ボタンに名前を付けます。

次に、「すべてのプロパティ」を選択します(ボタンを右クリックして「プロパティ」を選択することもできます)。

ボタンの追加
  1. ボタンのプロパティウィンドウで「オプション」を選択します。ラベルに「CLEAR」と入力します。
  2. ボタンのプロパティウィンドウでアクションを選択します。
  3. 「フォームをリセット」アクションを選択します。
  4. 「追加」をクリックし、このボタンを使用してリセットするフィールドを選択します。「OK」をクリックします。

「クリア」ボタンを使用すると、フォームフィールドからすべてのデータが消去され、フィールドが空になります。

ボタン設定

フォームをプレビュー・テストする

ここまでは、編集モードで作業してきました。フォームのインタラクティブ機能をテストするには、Acrobatの右上隅の「プレビュー」ボタンをクリックします。プレビューモードでは、各フィールドに実際に入力してフォームをテストできます。

編集モードに戻るには、右上隅の「編集」ボタンをクリックします。このボタンで2つのビューを交互に切り替えることができます。

フォームを配布する準備ができたら、右側のパネル下部にある「署名用に送信」ボタンを使用します(編集モードでのみ表示されます)。

フォームをプレビュー・テストする
10/20/2017

提供元:Andrew Wagner

このページは役に立ちましたか。