Acrobatの強力な文書編集機能を操ることが業務で非常に重要な役割を果たす
様々なマークアップアイコンが付いている4個の文書

Acrobatを使用すれば、共同作業環境、出先、またはスタジオで、PDFを作成して編集できるようになります。Document Cloudを活用すると、すべてのツールを連携させて、プロセス全体を一箇所で管理できるようになります。もはや専門性の高いスタッフがオフィスのデスクにじっとしていることはありません。文書編集ソフトウェアもそうあるべきです。Acrobatにより、編集とデザインのプロセスがシームレスになるため、Document Cloudを介した校正の送信やトラックが可能になり、1つのプログラムで編集とレビューのプロセスを集中管理できます。

手を使ってスマートフォンに電子サインをデジタル入力している

出先での編集

山本さんは、専門的なデザイン事務所で他の8人のデザイナーと一緒に働いています。チームはリモートで仕事を進めており、時間的に余裕がない手間のかかる作業を抱えています。山本さんの現在のプロジェクトの締切は月曜日です。締切前の金曜日にデザイン校正のリンクをクライアントに送りました。山本さんのクライアントは、Acrobatの注釈マークアップの機能を使用し、校正を確認した上で、いくつかの重要な変更点(クライアントが注釈に添付した写真とメインの写真の入れ替え、フォントの変更、部分的な修正など)を山本さんに伝えることができました。

山本さんは、クライアントが注釈を付けた後に電子メールで通知を受信し、変更のリクエストを明確に理解して、すぐにタブレットでPDFを直接編集することができました。彼は修正したPDF校正に署名ブロックを挿入しました。これで金曜日の営業時間が終わる前にクライアントから承認を得ることができ、最終版のアートワークが月曜日の締切に間に合います。

役立った編集ツール

  • 注釈
  • マークアップ
  • ファイル添付
  • 画像の置換
  • 電子メール通知
  • 署名用のフォームの準備

1つのプラットフォーム内で編集ツールと注釈ツールを使用することで、個人や事務所が明確な指示をスムーズに受け取ることができ、所用時間が短縮して、成果物の品質が向上します。各ツールがどのように連携してこの目的を達成したかを理解すれば、Acrobatの機能を活用して大幅に生産性を上げることができます。

09/02/2020

Adobe Stock提供元: Jane Kelly

このページは役に立ちましたか。