このチュートリアルではAcrobatに搭載されているセキュリティ機能として、墨消しと電子封筒機能について紹介します。ぜひ動画とともにご覧ください。

 

  • Adobe Acrobat

https://www.adobe.com/jp/acrobat.html

 

  • Adobe Acrobat のプランと比較

https://www.adobe.com/jp/acrobat/pricing.html

 

この動画の流れ

  1. 墨消し
  2. 電子封筒

墨消し

 

Acrobatでは、ファイルの閲覧・編集権限を設定できるだけでなく、秘匿情報に関するセキュリティも設定できます。今回は例として、一般公開前の製品概要が記載されたPDFファイルを使用して、商品名などの隠しておきたい情報を墨消しし、メタデータとして保存されている個人情報などを削除します。

●墨消し

範囲を選択して墨消しをおこないます。

 

1. ツールメニューから「墨消し」を選択します。

2. ツールバーから「テキストと画像を墨消し」を選択します。

3. 墨消ししたい商品画像や商品名をドラッグで選択します。

 

商品名など、特定のテキストを検索して、墨消しをおこなう方法をご紹介します。

 

1. ツールバーから「テキストと画像を墨消し」-「テキストの検索と墨消し」を選択します。

2. 検索フィールドに商品名を入力し、「テキストを検索して削除」をクリックします。

3. 「すべてをチェック」をクリックし、「チェックした結果を墨消し用に設定」をクリックします。

 

設定した墨消しを適用します。

1. ツールバーから「適用」をクリックします。

2. その際に、「非表示情報を完全に削除」が有効化された状態で「OK」をクリックすると、メタデータも含めて削除することができます。

3. 任意の場所に保存します。

 

商品写真や商品名が墨消しされた状態になりました。

プロパティを確認すると、タイトルや作成者、作成日、更新日、アプリケーションなどのメタデータもすべて削除されていることがわかります。

セキュリティポリシーによる効率的なセキュリティ適用

セキュリティポリシーを利用すると、効率的にPDF文書へのセキュリティを設定することができます。セキュリティポリシーについて、およびその設定方法についてはこちらの記事をご参照ください。

電子封筒

 

電子封筒機能を利用すると、複数のドキュメントファイルをひとつに束ね、まとめてセキュリティを設定することができます。ここでは、3つのPDFファイルを一つに束ね、セキュリティを設定します。

●電子封筒の作成

電子封筒を作成し、事前に作成してあるセキュリティポリシーを適用します。

 

1. 「保護」を選択します。

2. ツールバーから「詳細オプション」-「保護された電子封筒を作成」を選択します。

 

「保護された電子封筒を作成」ダイアログボックスで設定を行います。

3. 電子封筒で保護するファイルを選択します。

4. テンプレートを選択します。

 

5. 電子封筒の配信方法を選択します。

6. 適用するセキュリティポリシーを選択します。

 

7. 設定内容を確認し、「完了」をクリックします。

8. メールアプリケーションを選択し、「続行」をクリックします。

 

添付ファイル付きのメールが作成され、すぐに送信することができます。

●受信した電子封筒を開く

1. 電子封筒が添付されたメールを開き、パスワードを入力します。

2. 表示された封筒をダウンロードします。

 

3. ダウンロードしたファイルを開き、パスワードを入力します。

4. 電子封筒内に格納された複数のファイルを確認します。

 

以上のように、Acrobatではファイルごとにだけでなく、複数のファイルを束ね、まとめてセキュリティ設定をかけられるため、効率的かつ統一的にセキュリティを適用することができます。

 

Adobe Acrobatをご利用いただくために、大きく2つのプランを提供しています。

・Adobe Creative Cloudコンプリートプラン

・Adobe Acrobat単体プラン

 

Adobe Acrobat単体プランでは、2通りのプランを用意しています。

 

Adobe Acrobat Proは、ファイルの比較や、印刷工程の細かい設定ができるため、DTP作業に関わる方にオススメのプランです。

詳細は、Adobe Acrobatのプランと価格のページからご覧ください。

モバイル版アプリの操作性も益々進化し、格段に使いやすくなっています。是非お試しください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン