Adobe Acrobat DCのAdobe Signツール使用して、他者からすばやく安全に電子サインを収集する方法を説明します。受信者はPDFに簡単に署名できるうえ、送信者はリアルタイムで文書の進捗状況を管理できます。

PDFとAdobe Signツールを開く

サンプルファイルのBodea Contract.pdfまたは電子サインを依頼するPDFを開きます。続いて、Adobe Signツールを開きます。

開いたPDFにあるAdobe Signのオプションを強調して示しています

受信者の電子メールアドレスを追加

文書に電子サインを依頼する相手の電子メールアドレスを入力し、必要に応じてメッセージを追加して「続行」をクリックします。

Adobe Signの画面には、電子メールの受信者とメッセージの入力フィールドが表示されます

フォームフィールドを確認

Acrobat DCがフォームフィールドを検出すると、署名フィールドと他の必要なフィールドの配置や確認を求めるメッセージが表示されます。必要に応じてフィールドのプロパティを編集します。サンプルファイルでは、左上のフィールド検出アイコンをクリックした後、各フィールドをダブルクリックしてフィールドのプロパティを確認します。「OK」クリックすれば、プロパティが確定します。サンプルファイルの「日付」フィールドでは、フィールドタイプを変更する必要があります。「テキスト入力」を「署名者の情報フィールド」にある「日付」に変更して、「OK」をクリックします。

Acrobat DCが検出したフォームフィールドをダブルクリックして、フィールドのプロパティを確認します

「送信」をクリック

文書の準備が完了したら、ツールの右下にある「送信」をクリックします。確認メッセージが表示され、ファイルが送信されたことを伝える電子メールが届きます。Acrobatを使用すると、受信者はすばやく簡単に文書に署名できます。電子メールを受け取った受信者は、各自専用のリンクからオンラインで文書を開いて署名しますが、その署名プロセスは実に簡単です。署名が完了すると、署名者と送信者の両方に署名済みの販売契約書や合意書のコピーが送信されます。

電子サイン文書の送信が完了すると、確認メッセージが表示されます

送信した文書を管理

送信した文書のトラックと管理ができます。ホーム画面から、「共有」の「署名用」を選択します。署名が保留中のすべての文書、署名が完了したすべての文書、アクティビティの監査記録が一覧で表示されます。共有した文書で受信者が操作をおこなった場合は、通知ベルでも通知されます。詳しくは、電子サイン用文書の送信と応答のトラッキングをご確認ください。

ホーム画面から「署名用」メニューを選択すると、署名のために送信した文書の一覧が表示されます
10/05/2021
このページは役に立ちましたか。