Adobe Acrobat DCでPDFを注釈用に共有したときに複数のレビュー担当者からすばやくフィードバックを収集する方法を説明します。レビュー担当者は共有PDFにオンラインで直接注釈を入力でき、更新状況は作成者に通知されます。

PDFを開いて「他のユーザーと共有」アイコンをクリック

サンプルのBodea Brochure.pdfファイルまたは注釈用に送信する他のファイルを開き、「他のユーザーと共有」アイコンをクリックして共有ファイルを他のユーザーに送信します。

「Protecting your Financial Legacy」というタイトルのBodeaパンフレットがAcrobat DCワークスペースと同時に表示されます。「共有」ボタンが選択され、新しいメニューアイテムの「注釈用に送信」がハイライト表示された状態で表示されます。

PDFは、WindowsまたはMacデスクトップでAcrobatを使用するか、モバイルデバイスでiOSまたはAndroid向けのAdobe Acrobat Readerモバイル版アプリを使用するか、またはwebブラウザーでAcrobatオンラインサービスを使用することにより、オンラインで共有できます。PDFフォーム、変換されたMicrosoft Word(DOCX)、PowerPoint(PPT)、Excel(XLS)ファイルを含む、あらゆるPDFを送信できます。

レビュー担当者の名前またはメールアドレスを入力

「他のユーザーと共有」ウィンドウに、電子メールアドレスを入力するフィールドがある

注釈を許可

注釈を許可」スイッチはデフォルトでオンに設定されています。表示専用にファイルを共有する場合、切り替えボタンをクリックしてオフにします。

「注釈を許可」オプションがデフォルトのまま有効になった「他のユーザーと共有」ウィンドウ

期限とリマインダーを追加

「送信」をクリック

送信」をクリックすると、すべてのレビュー担当者にオンライン上の共有ファイルへのリンクを含む電子メールが送信されます。受信者は、ログインやソフトウェアをダウンロードすることなく、オンラインPDFに注釈を追加したり、他のユーザーの注釈にリアルタイムで返信したりできます。

共有PDFの管理

注釈用に送信したPDFの進捗を管理するには、「ホーム」を開き、左側のパネルで「共有」の下にある「自分が共有」を選択します。レビュー担当者の追加、他のユーザーに送信するレビュー用リンクのコピー、レビューファイルの共有解除、レビューファイルの削除をおこなうことができます。受信者が共有ファイルの表示または共有ファイルへの注釈の追加をおこなうと、Acrobatに通知されます。

「リンクを取得」アイコンを使用してファイルを共有したり、「電子メールで送信」アイコンを使用して電子メールの添付ファイルとして共有したりすることもできます。詳細については、「PDFの共有」を参照してください。

06/11/2020
このページは役に立ちましたか。