内容 (What's Covered)

 

この文書では、Acrobat 7.0 Professional の電子印鑑の日付を西暦に変更する方法を説明します。

電子印鑑とは、PDF 文書を承認するために使用されるツールです。電子印鑑には、氏名、組織名などのいくつかの ID 情報が含まれます。

 

 注意 : 電子印鑑は署名の代わりに使用できますが、電子署名やデジタル ID とは異なります。電子署名やデジタル ID にの詳細については、Acrobat 7.0 ヘルプの「電子署名について」を参照してください。

 

A. Windows 版 Acrobat 7.0 で電子印鑑の日付を西暦に変更する方法

B. Macintosh 版 Acrobat 7.0 で電子印鑑の日付を西暦に変更する方法

 

 A. Windows 版 Acrobat 7.0 で電子印鑑の日付を西暦に変更する方法

 

Windows 版 Acrobat 7.0 で電子印鑑の日付を西暦に変更するには、以下の操作手順を行います。

  1. マイコンピュータを開き、以下のフォルダを開きます。

    - 「Program Files¥Adobe¥Acrobat 7.0¥Acrobat¥plug_ins¥Annotations¥Stamps¥JPN」フォルダ
  2. 「JPN」フォルダ内の「Hanko.pdf」ファイルを任意の場所にコピーします。

    ※ 「Hanko.pdf」ファイルのバックアップを残しておくことで、操作を誤ってしまった場合でも簡単に元の状態に戻すことができます。
  3. 「Hanko.pdf」ファイルを右クリックし、プロパティを選択します。
  4. 「Hanko.pdfのプロパティ」ウィンドウが表示されたら、「属性」セクションの [読み取り専用] のチェックをはずし、[OK] をクリックします。



  5. Acrobat 7.0 を起動します。
  6. 「Hanko.pdf」ファイルを Acrobat 7.0 で開きます。
  7. 日付を西暦に変更したい電子印鑑のページに移動します。ページを移動する方法については、以下の文書を参照してください。

    文書番号 225683 [基本操作] 文書内を移動する方法 (ナビゲーションコントロール、サムネール、しおり)

     注意 : 「Hanko.pdf」ファイルは 16 ページで構成される PDF ファイルです。各ページに 1 種類ずつ、計 16 種類の電子印鑑が設定されています。
  8. [オブジェクト選択ツール] を選択します。以下のいずれかの操作手順を行います。



    - [ツール] メニューから [高度な編集] - [オブジェクト選択ツール] を選択します。

    - [表示] メニューから [ツールバー] - [高度な編集] を選択し、[高度な編集] ツールバー上の [オブジェクト選択ツール] アイコンをクリックします。



  9. [オブジェクト選択ツール] を選択すると、電子印鑑の表示が以下のように変化します。



  10. マウスカーソルを変更したい電子印鑑の日付フィールドに重ねます。日付フィールドが赤く表示されます。



  11. 日付フィールドにマウスを合わせた状態で、ダブルクリックします。
  12. 「テキストフィールドのプロパティ」ウィンドウが表示されたら [計算] タブをクリックし、「カスタムの演算スクリプト」セクションの [編集] ボタンをクリックします。



  13. 「JavaScript エディタ」ウィンドウが表示されます。
  14. スクリプトの 9 行目に移動し、「d: function() { return util.printd(”j.mm.dd”), new Date()); },」を確認します。

    ※ ウィンドウの右下に表示される行と列の番号を参考にしてください。
  15. 選択された行の ”j.mm.dd” の部分を以下のいずれかに変更します。



    - yy.mm.dd : 西暦が二桁で表示されます(例 : 05.01.06)。

    - yyyy.mm.dd : 西暦が四桁で表示されます(例 : 2005.01.06)。

    - jj.mm.dd : 和暦漢字が表示されます(例 : 平成17.01.06)。



  16. 変更が終わったら「JavaScript エディタ」ウィンドウの [OK] をクリックします。
  17. 「テキストフィールドのプロパティ」ウィンドウの [閉じる] ボタンをクリックします。
  18. [オブジェクト選択ツール] 以外のツールを選択し、日付の表示が変更されたことを確認します。



    ※ 以下の例では、二桁の西暦表示(yy.mm.dd)に変更しました。



  19. [ファイル] メニューから [名前を付けて保存] を選択し、「Hanko.pdf」ファイルを上書きで保存します。

    ※ [保存] コマンドを選択するとファイルサイズが大きくなるため、こちらのコマンドを使用します。
  20. [名前をつけて保存] ダイアログボックスが表示されたら、[保存] ボタンをクリックします。
  21. 以下のメッセージが表示されますので、[はい] をクリックします。



  22. Acrobat 7.0 を終了します。

 

 B. Macintosh 版 Acrobat 7.0 で電子印鑑の日付を西暦に変更する方法

 

Macintosh 版 Acrobat 7.0 で電子印鑑の日付を西暦に変更するには、以下の操作手順を行います。

  1.  Finder 上で [移動] メニューから [アプリケーション] 選択します。
  2. 「アプリケーション」フォルダ内の「Adobe Acrobat 7.0 Professional」フォルダをダブルクリックして開きます。
  3. Control キーを押しながら「Adobe Acrobat 7.0 Professional」アイコンをクリックし、[パッケージの内容を表示] を選択します。



  4. 表示されたパッケージ内の以下のフォルダを開きます。

    - 「Contents/Plug-ins/Comments.acroplugin/Stamps/JPN」フォルダ
  5. 「JPN」フォルダ内の「Hanko.pdf」ファイルをデスクトップに移動します。
  6. デスクトップに移動した「Hanko.pdf」ファイルを、任意の場所にコピーします。

    ※ 「Hanko.pdf」ファイルのバックアップを残しておくことで、操作を誤ってしまった場合でも簡単に元の状態に戻すことができます。
  7. Acrobat 7.0 を起動します。
  8. 手順 5. でデスクトップに移動させた「Hanko.pdf」ファイルを Acrobat 7.0 で開きます。
  9. 日付を西暦に変更したい電子印鑑のページに移動します。ページを移動する方法については、以下の文書を参照してください。

    文書番号 225683 [基本操作] 文書内を移動する方法 (ナビゲーションコントロール、サムネール、しおり)

     注意 : 「Hanko.pdf」ファイルは 16 ページで構成される PDF ファイルです。各ページに 1 種類ずつ、計 16 種類の電子印鑑が設定されています。
  10. [オブジェクト選択ツール] を選択します。以下のいずれかの操作手順を行います。



    - [ツール] メニューから [高度な編集] - [オブジェクト選択ツール] を選択します。

    - [表示] メニューから [ツールバー] - [高度な編集] を選択し、[高度な編集] ツールバー上の [オブジェクト選択ツール] アイコンをクリックします。



  11. [オブジェクト選択ツール] を選択すると、電子印鑑の表示が以下のように変化します。



  12. マウスカーソルを変更したい電子印鑑の日付フィールドに重ねます。日付フィールドが赤く表示されます。



  13. 日付フィールドにマウスを合わせた状態で、ダブルクリックします。
  14. 「テキストフィールドのプロパティ」ウィンドウが表示されたら [計算] タブをクリックし、「カスタムの演算スクリプト」セクションの [編集] ボタンをクリックします。



  15. 「JavaScript エディタ」ウィンドウが表示されます。
  16. スクリプトの 9 行目に移動し、「d: function() { return util.printd(”j.mm.dd”), new Date()); },」を確認します。

    ※ ウィンドウの右下に表示される行と列の番号を参考にしてください。
  17. 選択された行の ”j.mm.dd” の部分を以下のいずれかに変更します。



    - yy.mm.dd : 西暦が二桁で表示されます(例 : 05.01.06)。

    - yyyy.mm.dd : 西暦が四桁で表示されます(例 : 2005.01.06)。

    - jj.mm.dd : 和暦漢字が表示されます(例 : 平成17.01.06)。



  18. 変更が終わったら「JavaScript エディタ」ウィンドウの [OK] をクリックします。
  19. 「テキストフィールドのプロパティ」ウィンドウの [閉じる] ボタンをクリックします。
  20. [オブジェクト選択ツール] 以外のツールを選択し、日付の表示が変更されたことを確認します。



    ※ 以下の例では、二桁の西暦表示(yy.mm.dd)に変更しました。



  21. [ファイル] メニューから [別名で保存] を選択し、「Hanko.pdf」ファイルを上書き、もしくは任意の場所に保存します。

    ※ [保存] コマンドを選択するとファイルサイズが大きくなるため、こちらのコマンドを使用します。
  22. Acrobat 7.0 を終了します。
  23. 手順 1. ~ 4. と同様の操作手順を行い、「Contents/Plug-ins/Comments.acroplugin/Stamps」内の「JPN」フォルダを開きます。
  24. 手順 21 で保存した「Hanko.pdf」ファイルを手順 23. で開いた「JPN」フォルダ内に移動します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー