この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

 

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

 

内容 (What's Covered)

 

A. 問題の原因を特定します

A-1. 別の PDF ファイルを印刷します

A-2. PDF 以外の種類のファイルを印刷します

A-3. コンピュータを再起動します

A-4. プリンタメモリが問題か確認します

A-5. お使いのコンピュータに問題があるか確認します

A-6. お使いのプリンタに問題があるか確認します

B. Acrobat 製品から特定の PDF ファイルを印刷する際のトラブルシューティング

B-1. 画像として印刷

B-2. 名前を付けて保存

B-3. PDF ファイルの再作成

B-4. PDF ファイルを再度ダウンロードします

B-5. バッチシーケンスを使用して PDF ファイルを印刷します(Professional 版のみ)

B-6. プリント設定をデフォルト設定にします(Professional 版のみ)

B-7. 断片化した画像の結合(Professional 版のみ)

B-8. レイヤーの結合または統合(Professional 版のみ)

B-9. 透明部分の分割・統合を調節(Professional 版のみ)

B-10. Acrobat の一時ファイルの削除

B-11. コンポジットで印刷します(Professional 版のみ)

B-12. PostScript オプションの変更(Professional 版のみ)

B-13. PostScript エラーハンドラを有効にします

B-14. スタートアップ項目とサービスを無効にして印刷します

C. さまざまなアプリケーションから印刷する際のトラブルシューティング

D. PDF ファイルを PostScript プリンタに出力する際のトラブルシューティング

D-1. 最新バージョンの Acrobat 製品を使用します

D-2. 最新バージョンのプリンタドライバを使用します

D-3. 最新の PPD ファイルを使用します

D-4. 最適化された PostScript コードを出力するようにプリンタドライバを設定します

D-5. PDF ファイルをローカルハードディスクに移動します

D-6. ディスクの空き容量を増やします

D-7. ローカルプリンタから印刷します

D-8. 使用している OS と互換性のあるプリンタドライバをインストールします

D-9. [PS フォームオブジェクトを出力] のチェックを切り替えます(Professional 版のみ)

E. PDF ファイルを非 PostScript プリンタに出力する際のトラブルシューティング

E-1. 標準 VGA ドライバに切り替えます

E-2. プリンタに十分なメモリがあることを確認します

E-3. プリンタの PostScript モードを使用します

 

この文書は Windows 版 Adobe Acrobat 製品で PDF ファイルの印刷ができない場合の一般的なトラブルシューティングを紹介します。一般的なトラブルシューティングは、印刷ができない原因を突き止めて問題を解決するのに役立ちます。

 

 

操作を行う前に、必ず下記の トラブルシューティングを行う前に をご確認ください。

 注意 : この文書でいう Acrobat 製品とは、Adobe Acrobat 8 Professional、Adobe Acrobat 8 Standard および Adobe Reader 8 のことを指しています。Acrobat 8 以前のバージョンで印刷に関する問題が発生している場合は、以下の弊社技術文書を参照してください。

文書番号 225301 PDF ファイルが印刷できない場合のトラブルシューティング(Windows 版 Acrobat 7.0)

文書番号 225434 PDF ファイルが印刷できない場合のトラブルシューティング(Windows 版 Adobe Reader 7.0)

 

 

 

印刷に関するトラブルシューティングを行う前に、以下の項目をご確認ください。

 

トラブルシューティングを行う順番 :

問題を解決するには、問題のタイプを区別し、そのタイプに適したトラブルシューティングを行うことが重要です。問題のタイプを区別してそれに応じた解決方法を行うために、必ず 手順 A. のトラブルシューティングを順番どおりに行います。

 

特殊な問題のトラブルシューティング :

この文書に記載されているのは印刷に関する一般的なトラブルシューティングです。印刷に関する特殊な問題のトラブルシューティングおよびその他の情報に関しては、以下の弊社 Web サイトから情報を得ることができます。

- サポートデータベース で既知の問題やその他の印刷に関するトラブルシューティングを検索することができます。

- ユーザフォーラム で同じ問題の話題や情報を共有することができます。

 

 A. 問題の原因を特定します

 

トラブルシューティングを行う前に、問題の原因を特定する必要があります。以下の A-1. ~ A-6. の手順を順番に行い、問題の原因を特定します。

 

 A-1. 別の PDF ファイルを印刷します

 

問題が発生したファイルとは別の PDF ファイルを印刷し、すべての PDF ファイルで問題が発生するか、あるいはファイル固有の問題かどうかを確認します。

 

正しく印刷された場合 :

印刷できなかったファイルが破損している可能性があります。B. Acrobat 製品から特定の PDF ファイルを印刷する際のトラブルシューティング へ進みます。

正しく印刷されない場合 :

手順 A-2. に進みます。

 

 A-2. PDF 以外の種類のファイルを印刷します

 

メモ帳や Microsoft Word などの他のアプリケーションでテキストファイルなどの PDF 以外の形式のファイルを印刷します。他のアプリケーションから印刷を行う手順については、アプリケーションに付属のマニュアルやヘルプを参照してください。

 

他のファイルが正しく印刷された場合 :

システムではなく、Acrobat 製品に問題が発生している可能性があります。ただし、Acrobat 製品とシステムの相互作用により問題が発生している可能性もあります。手順 A-3. 以降に進み、システムに関連する問題を明らかにし、解決することを推奨します。

他のファイルが正しく印刷されなかった場合 :

Acrobat や PDF ファイルではなく、システムに関連した問題と考えられます。この問題は、たとえばシステムリソースやプリンタメモリの不足、もしくはコンピュータとプリンタ間の接続の問題などの原因が考えられます。手順 A-3. 以降の作業で、更に問題の切り分けを進めます。

 

 A-3. コンピュータを再起動します

 

コンピュータを再起動した後に、再度 PDF ファイルを印刷します。印刷が終了したら、印刷結果を確認します。

 

正しく印刷された場合 :

システム上でメモリ不足またはリソース不足が発生していたと考えられます。

正しく印刷されなかった場合 :

手順 A-4. へ進みます。

 

 A-4. プリンタメモリが問題か確認します

 

プリンタの電源を切り、15 秒以上置いてプリンタのメモリをリフレッシュさせます。リフレッシュ後プリンタを再起動し、印刷を行います。印刷が終了したら、印刷結果を確認します。

 

正しく印刷された場合 :

プリンタのメモリ不足が原因であると考えられます。

正しく印刷されなかった場合 :

手順 A-5. へ進みます。

 

 A-5. お使いのコンピュータに問題があるか確認します

 

別のコンピュータから PDF ファイルを印刷します。印刷が終了したら、印刷結果を確認します。別のコンピュータがない場合は、手順 A-6. に進みます。

 

正しく印刷された場合 :

最初に印刷しようとしていたコンピュータが、プリンタまたはネットワークと正しく接続されていなかったと考えられます。ネットワーク管理者に問い合わせるか、ネットワークに関するマニュアルを参照してください。

正しく印刷されなかった場合 :

手順 A-6. へ進みます。

 

 A-6. お使いのプリンタに問題があるか確認します

 

別のプリンタから PDF ファイルを印刷します。印刷が終了したら、印刷結果を確認します。別のプリンタがない場合は、「正しく印刷されなかった場合」の操作を行ってください。

 

正しく印刷された場合 :

コンピュータが最初に印刷しようとしていたプリンタと接続できなかったと考えられます。通信、ハードウェア、メモリなどにトラブルが発生している可能性があります。プリンタの電源と接続を確認し、プリンタの診断テストを実行して正しく動作していることを確認します。診断テストの方法は、プリンタのマニュアルを参照してください。詳細については、ネットワーク管理者への確認が必要な場合があります。

正しく印刷されなかった場合 :

C. さまざまなアプリケーションから印刷する際のトラブルシューティング を行います。

 

 B. Acrobat 製品からある特定の PDF ファイルを印刷する際のトラブルシューティング

 

特定の PDF ファイルを印刷する場合にのみ問題が発生する場合は、以下の B-1. ~ B-14. のいずれかもしくは複数の手順を行います。各手順を行った後に PDF ファイルの印刷を行い、問題が解決しているか確認してください。

 

 B-1. 画像として印刷

 

[画像として印刷] オプションを使用することにより、印刷が可能になる場合がありますが、[画像として印刷] を行って印刷が正常に行われたとしても、何が原因で問題が発生していたのかを特定することはできません。問題の原因を特定するには以降のトラブルシューティングを引き続き行うことを推奨します。

 注意 : PDF ファイルを画像として印刷すると、通常より時間がかかる場合があります。

 

[画像として印刷] オプションを用いて印刷するには、以下の操作を行います。

  1. [詳細設定] ダイアログボックスで [画像として印刷] にチェックを入れ、[OK] をクリックします。



  2. [印刷] ダイアログボックスで、[OK] をクリックして印刷を行います。

 

 B-2. 名前を付けて保存

 

[名前を付けて保存](Acrobat)または [コピーを保存](Adobe Reader)することで PDF ファイルが新しいファイルとして再構築されます。PDF ファイルの破損などの問題が発生している場合、この作業を行うことで問題が解決される可能性があります。

 

 B-3. PDF ファイルの再作成

 

Acrobat Distiller または Adobe PDF プリンタを使用して PDF を再作成し、印刷を行います。

オリジナルのソースファイルを Adobe PDF プリンタからプリントするか、もしくは PostScript ファイルとしてプリントして Distiller で PDF ファイルを再作成します。オリジナルのソースファイルがない場合は、PDF ファイルを Adobe PDF プリンタからプリントします。

 

 B-4. PDF ファイルを再度ダウンロードします

 

インターネットから PDF ファイルをダウンロードした場合は、再度 PDF ファイルをダウンロードし、印刷を試します。問題が再現しなかった場合は、初回のダウンロードが正常に行われなかった可能性があります。

 

 B-5. バッチシーケンスを使用して PDF ファイルを印刷します(Professional 版のみ)

 

特定のページまたはオブジェクトが印刷時に問題を引き起こしているのがどうか確認するため、バッチシーケンスを使用して PDF ファイルを印刷します。特定のページまたはオブジェクトが原因で印刷されないと確認できた場合、そのページまたはオブジェクトを削除するか再作成します。

 

バッチシーケンスを使用して PDF ファイルを印刷するには、以下の操作を行います。

 

 注意 : 以下の操作では、Windows で通常使うプリンタに設定されているプリンタを使用して印刷が実行されます。通常使うプリンタの設定を確認、変更するには [スタート] メニューから [プリンタと FAX](Windows XP)/[設定] - [プリンタ](Windows 2000)を選択します。使用するプリンタのアイコンを右クリックし、[通常使うプリンタに設定] を選択します。

 

  1. 問題が発生する PDF ファイルを開いている場合は閉じます。

    ※ Acrobat は起動したまま文書のみを閉じてください。
  2. [アドバンスト] メニューから [文書処理] - [バッチ処理] を選択します。
  3. [バッチシーケンス] ダイアログボックス右側の一覧から [Print All] を選択し、[シーケンスを実行] ボタンをクリックします。



  4. [シーケンス実行の確認 : Print All] ダイアログボックスが表示されたら [OK] をクリックします。
  5. [処理するファイルを選択] ダイアログボックスで、問題が発生する PDF ファイルを選択して [選択] をクリックします。

 

 B-6. プリント設定をデフォルト設定にします(Professional 版のみ)

 

デフォルト設定を使用して印刷し、特定のプリント設定によって問題が発生するのか確認します。プリント設定をデフォルト設定に戻した後、印刷を試します。

 

デフォルト設定を選択するには、以下の操作を行います。

  1. [ファイル] メニューから [印刷] を選択します。
  2. [詳細設定] ボタンをクリックします。
  3. [印刷プリセット] ポップアップメニューから [Acrobat のデフォルト] を選択し、[OK] をクリックします。



  4. [印刷] ダイアログボックスで [OK] をクリックして印刷を行います。

 

 B-7. 断片化した画像の結合(Professional 版のみ)

 

透明効果を使用した画像が含まれている文書(例えば、透過 GIF を含む Word 文書など)を変換する際に PostScript を使用すると、透明効果を使用した画像は PDF ファイル内で細かく断片化されます。画像が断片化されることによって PDF のファイルサイズが増加し、印刷時に問題を引き起こす可能性があります。Acrobat 8 では、このような細かく断片化された画像を結合することができます。

 

断片化した画像を結合するには、以下の操作を行います。

  1. PDF ファイルのバックアップを作成します。
  2. バックアップファイルを開き、[アドバンスト] メニューから [PDF の最適化] を選択します。
  3. [PDF の最適化] ダイアログボックス左側のリストから [オブジェクトを破棄] を選択してチェックを入れます。
  4. [画像のフラグメントを検出して結合] にチェックを入れ、[OK] をクリックします。



  5. [最適化して名前を付けて保存] ダイアログボックスでファイル名と保存先を指定し、[保存] をクリックします。

 

 B-8. レイヤーの結合または統合(Professional 版のみ)

 

レイヤーを含んだ PDF ファイルを印刷する場合、表示されている内容のみが印刷されます。ただし Acrobat Professional ではどのレイヤーを表示および印刷するかを指定することができます。レイヤーに問題があるか確認するには、レイヤーを結合または統合したのち、印刷を行います。問題が再現しない場合は、いずれかのレイヤーが原因であると考えられます。レイヤーを結合した場合、結合されたレイヤーのプロパティは結合先のレイヤーに取り込まれます。レイヤーの統合によって不可視の要素はすべて破棄されます。

 

 注意 : レイヤーの結合および統合は実行後、元に戻すことができません。

 

レイヤーを結合または統合するには、以下のいずれかの操作を行います。

[PDF の最適化] 機能を使用する場合 :

  1. PDF ファイルのバックアップを作成します。
  2. バックアップファイルを開き、[アドバンスト] メニューから [PDF の最適化] を選択します。
  3. [PDF の最適化] ダイアログボックス左側のリストから [ユーザデータを破棄] を選択してチェックを入れます。
  4. [非表示レイヤーの内容を破棄し、表示レイヤーを統合] にチェックを入れ、[OK] をクリックします。



  5. [最適化して名前を付けて保存] ダイアログボックスでファイル名と保存先を指定し、[保存] をクリックします。

 

[レイヤー] パレットから結合および統合を行う場合 :

  1. PDF ファイルのバックアップを作成します。
  2. バックアップファイルを開き、[レイヤー] パレットの [オプション] メニューから [レイヤーの結合] または [レイヤーの統合] を選択します。

    ※ [レイヤー] パレットが表示されていない場合は、[表示] メニューから [ナビゲーションパネル] - [レイヤー] を選択します。



  3. 以下のいずれかの操作を行います。

    レイヤーの結合

    [レイヤーの結合] ダイアログボックスの [結合するレイヤー] セクションで [すべて追加] ボタンをクリックし、[OK] をクリックします。個別にレイヤーの結合を行う場合は、[結合するレイヤー] セクションでレイヤーを選択して [追加] ボタンをクリックし、結合先のレイヤーを選択して [OK] をクリックします。

    レイヤーの統合

    手順 4. へ進みます。
  4. 「この操作は取り消せません。続行しますか?」と表示されたら、[はい] をクリックします。



 

 B-9. 透明部分の分割・統合を調節します(Professional 版のみ)

 

PDF ファイルに透明オブジェクトがある場合、Acrobat は印刷前に「透明部分の分割・統合」という作業を実行し、透明情報を削除して画像をプリンタが認識できるフォーマットに変換します。透明が問題の原因になっていないか確認するため、透明部分の分割・統合を調節した後で印刷を行います。

 

透明部分の分割・統合を調節するには、以下の操作を行います。

  1. [アドバンスト] メニューから [印刷工程] - [分割・統合プレビュー] を選択します。
  2. [透明の分割・統合プリセットオプション] セクションで [ラスタライズとベクトルのバランス] スライダを調節します。



    - インクジェットプリンタに印刷する場合 :

    [ラスタライズとベクトルのバランス] のスライダを一番低く設定します。



    - PostScript プリンタに印刷する場合 :

    [ラスタライズとベクトルのバランス] のスライダを一番高く設定します。



  3. [すべてのテキストをアウトラインに変換] にチェックを入れ、[複雑な領域をクリップ] のチェックをはずします。







     注意 : [複雑な領域をクリップ] チェックボックスが選択できない場合、[ラスタライズとベクトルのバランス] の値を調整する必要があります。
  4. [OK] をクリックします。
  5. [プリント] ダイアログボックスで [プリント] をクリックして印刷を実行します。

 

 B-10. Acrobat の一時ファイルを削除します

 

印刷を行う際に Acrobat がフリーズする、またはフリーズしているように見える場合、Acrobat の一時ファイルが蓄積していることによって問題が発生している可能性があります。

 

Acrobat の一時ファイルを削除するには、以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。
  3. [名前] テキストボックスに「cmd」と入力し、[OK] をクリックします。
  4. 以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。



    cd¥
  5. 以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。



    del acr*.tmp /s
  6. ファイルの削除完了後、「exit」と入力して Enter キーを押します。



     注意 : コマンドを入力してからファイルの削除が開始されるまで、時間がかかる場合があります。また、一時ファイルが存在しない場合に「acr*.tmp が見つかりませんでした。」と表示されますがエラーではありません。

 

 B-11. コンポジットで印刷します(Professional 版のみ)

 

色分解を含む PDF ファイルを印刷する場合、コンポジットで印刷を試します。コンポジットで印刷すると、どの色が選択されているかにかかわらず、すべての色が同じ版に印刷されます。

 

コンポジットで印刷するには、以下の操作を行います。

  1. [ファイル] メニューから [印刷] を選択し、[詳細設定] ボタンをクリックします。
  2. [詳細設定] ダイアログボックス左側のリストから [カラー] を選択します。
  3. [色] ポップアップメニューから [コンポジット] を選択し、[OK] をクリックします。



  4. [印刷] ダイアログボックスで [OK] をクリックします。



     注意 : [印刷] ダイアログボックスで [OK] をクリックしない場合、コンポジットの設定は保存されません。

 

 B-12. PostScript オプションの変更(Professional 版のみ)

 

デフォルトの PostScript オプションを変更して印刷することによって、プリント設定が問題の原因となっているか確認することができます。

 

PostScript オプションを変更するには、以下の操作を行います。

  1. [ファイル] メニューから [印刷] を選択します。
  2. [詳細設定] ボタンをクリックします。
  3. [詳細設定] ダイアログボックス左側のリストから [PostScript オプション] を選択します。
  4. 選択されていないすべてのオプションにチェックを入れ、選択されているすべてのオプションのチェックをはずします。
  5. [OK] をクリックしてダイアログボックスを閉じ、[印刷] ダイアログボックスで [OK] をクリックして印刷を行います。

 

 B-13. PostScript エラーハンドラを有効にします

 

PostScript プリンタへ出力する場合は、プリンタの [PostScript エラーハンドラ] オプションを有効にします。このことによって、印刷時に発生した PostScript エラーのリストが印刷されます。

 注意 : プリンタドライバによっては、このオプションがない場合があります。

 

[PostScript エラーハンドラ] を有効にするには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [プリンタと FAX](Windows XP)/[設定] - [プリンタ](Windows 2000)を選択します。
  2. 使用しているプリンタを右クリックし、ポップアップメニューから [印刷設定] をクリックします。
  3. [詳細設定] ボタンをクリックします。
  4. [ドキュメントのオプション] の左の「+」(プラス記号)をクリックして展開します。
  5. [PostScript オプション] の左の「+」をクリックして展開します。
  6. [PostScript エラーハンドラを送信] をクリックし、ポップアップメニューから [はい] を選択します。



  7. [PostScript エラーハンドラ] が有効になります。

 

214063 一般情報 (プリント):ポストスクリプトエラーのトラブルシューティング

その他の PostScript プリンタドライバの PostScript エラー処理の詳細に関しては、プリンタドライバのマニュアルを参照してください。

 

 B-14. スタートアップ項目とサービスを無効にして印刷します

 

アンチウイルスソフトウェア、ファイアウォールソフトウェア、またはその他のアプリケーションや Windows の起動時に読み込まれるサービスなど、Acrobat 製品と同時に動作しているアプリケーションが問題の原因となる場合があります。最小限のスタートアップ項目とサービスのみを有効にして印刷を行います。

 

スタートアップ項目とサービスを無効にするには、以下の操作を行います。

Windows XP

Windows XP でスタートアップ項目とサービスを無効にするには、以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。
  3. [名前] テキストボックスに「msconfig」と入力し、[OK] をクリックします。



  4. [スタートアップ] タブと [サービス] タブをそれぞれ選択してチェックが入っていない項目名をメモなどに記録します。
  5. [全般] タブをクリックして開き、[スタートアップのオプションを選択] を選択します。
  6. [スタートアップの項目を読み込む] からチェックをはずします。







    ※ [SYSTEM.INI ファイルを処理する]、[WIN.INI ファイルを処理する]、[システムサービスを読み込む] のチェックははずさないでください。
  7. [サービス] タブをクリックして [Microsoft のサービスを全て隠す] にチェックを入れます。
  8. [すべて無効にする] ボタンをクリックして [OK] をクリックします。
  9. 「システム構成の変更を有効にするには、再起動する必要があります。」と表示されたら [再起動] ボタンをクリックします。







     注意 : 再起動後に「システム構成ユーティリティを使って Windows の開始方法を変更しました。」画面が表示される場合は [OK] をクリックし、[システム構成ユーティリティ] ダイアログボックスが表示されたら [キャンセル] をクリックします。
  10. Windows が起動したら、通知領域に表示されているアイコンを右クリックして終了または無効にします。

 

Windows 2000

Windows 2000 には「システム構成ユーティリティ」がないため、手動でスタートアップ項目を無効にする必要があります。

以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. 以下のフォルダからすべてのアイコンやショートカットを別の場所へ移動します。

    Documents and Settings¥All Users¥スタート メニュー¥プログラム¥スタートアップ

    Documents and Settings¥<ユーザ名>¥スタート メニュー¥プログラム¥スタートアップ
  3. Windows を再起動します。
  4. Windows が起動したらタスクバーを右クリックして、ポップアップメニューから [タスクマネージャ] を選択します。
  5. [プロセス] タブを選択します。
  6. 不要なプロセスを右クリックし、[プロセスの終了] をクリックします。
  7. [タスクマネージャの警告] が表示されたら、[はい] をクリックします。



      重要 : 以下の項目は重要なシステムプロセスのため、無効にしないでください。

    「wuauclt.exe」、「WinMgmt.exe」、「WINLOGON.EXE」、「TASKMGR.EXE」、「System Idle Process」、「System」、「svchost.exe」、「spoolsv.exe」、「SMSS.EXE」、「SERVICES.EXE」、「regsvc.exe」、「mstask.exe」、「LSASS.EXE」、「explorer.exe」、「CSRSS.EXE」



    ※ コンピュータの再起動を行うごとに手順 4. ~ 7. の操作を行う必要があります。

 

問題が再現する場合 :

スタートアップ項目が問題の原因ではありません。スタートアップ項目を再び有効にして、次のトラブルシューティングへ進みます。

問題が再現しない場合 :

Acrobat と無効にしたスタートアップ項目のうちいずれかが、問題の原因となっている可能性があります。スタートアップ項目を 1 つずつ有効にして、どの項目とコンフリクトを起こしているか特定し、アプリケーション、またはサービスをアップデートします。アップデートの詳細については、各製造元へお問い合わせください。

 

無効にしたスタートアップ項目とサービスを再度有効にするには、以下の操作を行います。

Windows XPの場合 :

  1. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。
  2. テキストボックスに「msconfig」と入力して [OK] をクリックします。
  3. [スタートアップ] タブをクリックして [すべて有効にする] ボタンをクリックして [OK] をクリックします。



     注意 : スタートアップ項目を無効にする際に [スタートアップ] タブでチェックの入っていない項目があった場合には、該当の項目からチェックをはずしてください。
  4. [システム構成] ダイアログボックスが表示されたら [再起動] ボタンをクリックします。

 

Windows 2000 の場合 :

移動したショートカットやアイコンを元のフォルダに戻し、Windows を再起動します。無効にしたサービスは再起動することによって再度有効になります。

 

 C. さまざまなアプリケーションから印刷する際のトラブルシューティング

 

PDF ファイルだけでなく、どのファイルを印刷しても問題が発生する場合、原因はシステムやプリンタなどにあると考えられます。そのため、Microsoft 社のテクニカルサポートまたはプリンタの製造元に問い合わせる必要があります。お問い合わせの前には、プリンタの電源が入っていること、およびプリンタとコンピュータが物理的に接続されていることを確認します。緩んでいるケーブルを接続し直すだけで、問題が解決することもあります。

また、コンピュータのシステムの設定を変更したことが印刷過程に影響を与えていないかどうかを確認します。以下に問題の原因となる可能性のある例を挙げます。

- ハードウェアやアプリケーションのアップデート

- 新しいハードウェアやアプリケーションの追加

- アプリケーションの削除

- フォントのインストールや削除

- ネットワークへの接続

- ハードディスクのファイルの整理やクリーンアップ

 

システムの変更は印刷の問題に直接関係することがあります。システムに変更を加えた場合、その記録を残しておくと印刷だけでなくその他の問題の解決にも役立ちます。

 

 D. PDF ファイルを PostScript プリンタに出力する際のトラブルシューティング

 

PDF ファイルを PostScript プリンタから印刷する際に問題が発生する場合は、以下の D-1. ~ D-9. のいずれかまたは複数の操作を行います。各手順を行った後に PDF ファイルの印刷を行い、問題が解決しているか確認してください。

 

 D-1. 最新バージョンの Acrobat 製品を使用します

 

Acrobat 製品のアップデートやアップグレードによって互換性などの問題が改善される可能性があります。最新バージョンおよびアップデートに関する情報は、以下の弊社 Web サイトにて確認するか、または [ヘルプ] メニューから [アップデートの有無をチェック] を選択して行います。

 

URL : http://www.adobe.com/jp/downloads/updates/

 

 D-2. 最新バージョンのプリンタドライバを使用します

 

使用している Windows のバージョンと互換性のある PostScript プリンタドライバを自動的にインストールするためユニバーサルインストーラを使用します。最新バージョンのユニバーサルインストーラは、以下の弊社 Web サイトからダウンロードすることができます。

 

URL : http://www.adobe.com/jp/support/downloads/pspwin.html

 

 注意 : ネットワークプリンタを使用している場合、プリンタサーバはクライアントのコンピュータ上の異なる OS 用に複数のドライバを起動できるように設定されていない可能性があります。プリンタドライバがプリンタサーバの OS に対応している場合でも、コンピュータの OS には対応していない場合もあります。OS と互換性を持つプリンタドライバをインストールするには、[プリンタの追加] を使用してネットワークプリンタを再設定します。ネットワークプリンタを再設定するには手順 D-8. を参照してください。

 

 D-3. 最新の PPD ファイルを使用します

 

PostScript Printer Description(PPD : プリンタ記述ファイル)ファイルにはマージン、色、または解像度などプリンタ固有の設定が記述されています。適切でない PPD ファイルまたは古い PPD ファイルを使用している場合、印刷時間が長くかかる場合があります。プリンタの製造元で奨励された PPD ファイルを使用して、[プリンタ] コントロールパネルでプリンタを設定します。使用しているデバイスに合った PPD ファイルを入手するにはプリンタの製造元に問い合わせるか、または以下の弊社 Web サイトを参照してください。また、PPD ファイルの設定についてはプリンタの製造元にお問い合わせください。

 

URL(英語) : http://www.adobe.com/products/printerdrivers/winppd.html

 

 D-4. 最適化された PostScript コードを出力するようにプリンタドライバを設定します

 

エラーが軽減するように最適化された PostScript コードを出力するようにプリンタドライバを設定します。この設定を行うことでドライバのスケーリングの量が最小限になり、画像の一部が欠けたりすることを防止することができます。

 

以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [プリンタと FAX](Windows XP)/[設定] - [プリンタ](Windows 2000)を選択します。
  2. プリンタを右クリックし、ポップアップメニューから [印刷設定] をクリックします。
  3. [詳細設定] ボタンをクリックします。
  4. [ドキュメントのオプション] の左の「+」(プラス記号)をクリックして展開します。
  5. [PostScript オプション] の左の「+」をクリックして展開します。
  6. [PostScript 出力オプション] をクリックし、ポップアップメニューから [エラーが軽減するよう最適化] を選択して [OK] をクリックします。



 

 D-5. PDF ファイルをローカルハードディスクに移動します

 

印刷できないファイルがリムーバブルドライブ(例 : Zip または Jaz ディスク)またはネットワークドライブに含まれている場合、ファイルをローカルハードディスクに移動します。弊社ではファイルの問題および破損を避けるため、ファイルを開いたり、保存したり、または印刷したりする場合はローカルハードディスクに保存することを推奨しています。

 

 D-6. ディスクの空き容量を増やします

 

ハードディスクに利用可能な空き容量が十分あることを確認します。弊社では、少なくとも印刷する PDF ファイルサイズの 3 ~ 5 倍の空き領域を保つことを推奨しています。空き容量が上記を満たしていない場合は、空き容量を増やした後に PDF ファイルを印刷します。

 

ハードディスクの空き領域を確認するには、以下の操作を行います。

  1. [マイコンピュータ] を開きます。
  2. 対象のドライブ(例えば、C ドライブ)を右クリックし [プロパティ] を選択します。
  3. [ <ハードディスク名> のプロパティ] ダイアログボックスに、選択したハードディスクの空き容量が表示されます。



  4. 空き容量が少ない場合は、不要なファイル等を削除して、ハードディスクの空き容量を増やします。

 

空き容量を増やすには :

空き容量を増やすには、以下のいずれか、もしくは複数の操作を行います。

- コンピュータの一時ファイル(テンポラリファイル)を削除します。

※ 一時ファイルを削除する方法の詳細については、文書番号 230192 システムエラーまたはフリーズ発生時のトラブルシューティング(Windows 版 Acrobat 8)の手順 B-5. を参照してください。

- Web ブラウザが使用する一時ファイル(キャッシュ)を削除します。

インターネット一時ファイルを削除するには、以下の手順を行います。(Internet Explorer の場合)

  1. Internet Explorer で [ツール] メニューから [インターネットオプション] を選択します。
  2. [全般] タブをクリックします。
  3. [インターネット一時ファイル] セクションの [ファイルの削除] をクリックし、[OK] をクリックします。

- スプールファイルを作成しない設定にします。

Windows 2000/XP を使用している場合は、スプールファイルを作成しないことで容量の消費を防ぐことができます。スプールファイルとは、印刷データをプリンタに送信する際に、コンピュータの処理が遅くなるのを防ぐため一時的にディスク上に保存されたデータのことです。スプールファイルを作成しない方法について詳しくは、Windows のマニュアルを参照してください。

 

 D-7. ローカルプリンタから印刷します

 

ネットワークプリンタで印刷している場合は、プリンタを直接コンピュータに接続してから印刷し直します。

 

Acrobat 製品がコンピュータにインストールされている場合 :

Acrobat から PDF ファイルを印刷します。

Acrobat 製品がコンピュータにインストールされていない場合 :

PDF ファイルを PostScript ファイルとして保存し、PostScript ファイルを DOS プロンプトからプリンタにコピーします。この手順に関しては、Windows のマニュアルを参照してください。

※ 以下の弊社 Web サイトから、Adobe Reader を無償でダウンロードすることもできます。Adobe Reader をインストール後、プリンタを直接コンピュータに接続して Adobe Reader から PDF ファイルを印刷します。

URL : http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html

 

 D-8. 使用している OS と互換性のあるプリンタドライバをインストールします 

 

ネットワークプリンタを使用している場合は、ローカルで使用している OS と互換性のあるプリンタドライバをインストールします。

プリンタサーバが提供するドライバが、必ずしもクライアントのローカルコンピュータ上で起動する OS に適しているとは限りません。プリンタサーバの OS に適合したプリンタドライバを使用していても、それがお使いのコンピュータの OS には適合していない場合もあります。

 

使用している OS と互換性のあるプリンタドライバをインストールするためには、以下の手順を行います。

  1. [スタート] メニューから [プリンタと FAX](Windows XP)/[設定] - [プリンタ](Windows 2000)を選択します。
  2. ネットワークプリンタを選択し、[ファイル] メニューから [削除] を選択します。
  3. [ファイル] メニューから [プリンタの追加] を選択し、[次へ] をクリックします。
  4. [このコンピュータに接続されているローカルプリンタ] を選択し、[プラグアンドプレイ対応プリンタを自動的に検出してインストールする] のチェックをはずし、[次へ] をクリックします。



  5. [新しいポートの作成] を選択します。
  6. [ポートの種類] ポップアップメニューから [Local Port] を選択し、[次へ] をクリックします。



  7. [ポート名] ダイアログボックスで、プリントサーバおよびプリンタ用のネットワークパス(例:¥¥printservername¥printername)を入力し、[OK] をクリックします。
  8. 画面の指示に従い、使用しているネットワークプリンタの製造元およびモデルに適したドライバをインストールします。

 

 D-9. [PS フォームオブジェクトを出力] のチェックを切り替えます(Professional 版のみ)

 

[印刷] ダイアログボックスの [詳細設定] で [PS フォームオブジェクトを出力] にチェックが入ってる場合はチェックをはずし、逆にチェックが入っていない場合はチェックを入れます。それぞれの場合で印刷を試してください。

 

[PS フォームオブジェクトを出力] チェックボックスにチェックを入れた場合 :

PDF 内の Form XObject に対応する PostScript フォームオブジェクトを送出します。この処理を行うと、 印刷ジョブ全体のサイズは減少しますが、プリンタメモリの使用量は増加します。

[PS フォームオブジェクトを出力] チェックボックスにチェックを入れなかった場合 :

PDF 内の Form XObject に対応する PostScript フォームオブジェクトは、送出されません。印刷ジョブ全体のサイズは増加しますが、プリンタメモリの使用量は減少します。

※ Form XObject は、1 つの文書に何度も現れる可能性がある複雑なオブジェクト(例えば、背景画像など)について単独の記述を作成するために使用します。

 

[PS フォームオブジェクトを出力] チェックボックスにチェックを入れる場合は、以下の操作を行います。

  1. [ファイル] メニューから [印刷] を選択します。
  2. [詳細設定] ボタンをクリックします。
  3. [詳細設定] ダイアログボックスの左側のリストから [PostScript オプション] を選択し、[PS フォームオブジェクトを出力] にチェックを入れます。



  4. [OK] をクリックし、印刷を実行します。

 

 E. PDF ファイルを非 PostScript プリンタに出力する際のトラブルシューティング

 

Acrobat 製品から PDF ファイルを非 PostScript プリンタに出力する際に問題が発生する場合は、以下のいずれかまたは複数の操作を行います。

 

 警告 : 以下の解決方法のいくつかは、プリンタドライバのプロパティの変更を必要とします。プロパティの変更手順は、プリンタやプリンタドライバによって異なります。このため、弊社テクニカルサポートでは、各プロパティを変更するための詳細情報を提供することができません。詳細についてはプリンタの製造元にお問い合わせになるか、またはプリンタのマニュアルを参照してください。

 

 E-1. 標準 VGA ドライバに切り替えます

 

標準 VGA ドライバを使用して、ディスプレイドライバが問題の原因かどうかを確認します。標準 VGA ドライバを使用することで問題が解決できた場合は、お使いのディスプレイドライバの製造元に、最新版のディスプレイドライバについてお問い合わせください。既に最新版を使用している場合は、例えば、1024 x 768 を 800 x 600 など、他の解像度に変更して試してみます。

 

 注意 : 標準 VGA ドライバは 16 色しか表示することができません。最低 256 色を必要とするアプリケーション(Adobe Photoshop、Adobe Premiere Pro、Adobe Illustrator など)を使用する場合は、Super VGA に切り替えます。

 

標準 VGA ドライバに切り替えるには、以下の操作を行います。

  1. Windows を再起動し、起動直後に F8 キーを押します。

    ※ 機種によっては F8 キー以外のキーで起動メニューを表示する場合があります。詳細はコンピュータの説明書を参照してください。
  2. [VGA モードを有効にする] を選択し、Enter キーを押します。

    ※ VGA モードで起動すると、画面の解像度が 640 × 480 になり、アイコンなどが通常より大きく表示されます。

 

 E-2. プリンタに十分なメモリがあることを確認します

 

プリンタにページのすべてのエレメントを印刷できる十分なメモリがあることを確認します。300 dpi を出力する場合、プリンタには最低 2 MB のメモリが必要になります。600 dpi を出力する場合、プリンタには最低 4 ~ 6 MB のメモリが必要になります。プリンタの使用可能なメモリを確認する方法については、プリンタのマニュアルを参照してください。

 

 E-3. プリンタの PostScript モードを使用します

 

プリンタに PostScript オプションがある場合は、PostScript モードを使用します。詳細についてはプリンタのマニュアルを参照してください。

 

 

 

追加情報 (Additional Information)

 

 

 

以上のトラブルシューティングを行っても問題が解決できない場合は、弊社テクニカルサポートにお問い合わせいただくか、弊社ユーザフォーラムを参照してください。

 

ユーザフォーラムでは、同じ製品を使用しているさまざまなお客様からの情報が報告されています。お互いに質問したり意見交換することによって情報の共有ができるほか、特にお問い合わせの多いものや既知の問題であれば、弊社テクニカルサポートで現象を再現し、検証を行う場合もあります。

日本情報  URL : http://www.adobe.com/jp/support/forums/

米国情報  URL : http://www.adobe.com/support/forums/

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー