この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

問題点 (Issue)

Windows 版 Adobe Acrobat をインストールする際、以下のエラーメッセージが表示されます。

  • 「"1606: could not access location ..."(1606: ロケーション ... へアクセスできません)」

詳細 (Details)

ネットワーク上の Microsoft Office インストーラへのパスが参照されています。

解決方法 (Solutions)

この問題を解決するには、以下の A. ~ F. のいずれかまたは複数の操作を行います。

 警告 : 以下の操作には Windows レジストリを編集する作業が含まれています。Windows レジストリの編集が正しく行われなかった場合、Windows オペレーティングシステムに深刻な問題が発生する可能性があります。弊社では Windows レジストリの編集についてサポートしておりません。システムファイルの編集に慣れていない方は、レジストリを変更しないようにしてください。また、Windows レジストリの編集を行う際には、事前に必ずレジストリキーのバックアップを作成してから作業を行ってください。Windows レジストリエディタについての詳細は、Windows のマニュアルを参照するか、または Microsoft 社のテクニカルサポートまでお問い合わせください。

A. ホストコンピュータとの接続を確認します

B. 「Documents」(Windows 7/Vista)/「My Documents」(Windows XP/2000)フォルダのターゲットの場所をローカルコンピュータ上のフォルダに変更します

C. Windows レジストリで Microsfot Office の [InstallRoot] キーの「Path」値を変更します

D. 管理者権限のある新規ローカルユーザアカウントを作成し Acrobat をインストールします

E. Microsoft Officet を削除し Acrobat をインストールした後、Office を再インストールします

F. Windows レジストリで Microsoft Office の [InstallRoot] キーの「Path」値をすべて変更します

A. ホストコンピュータとの接続を確認します

  1. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 7/Vista

    [スタート] メニューの [プログラムとファイルの検索](Windows 7)/[検索の開始](Windows Vista)テキストボックスをクリックします。

    Windows XP/2000

    [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。

     
  2. テキストボックスに以下を入力します。



    \\<ホストコンピュータ名>\<共有フォルダ名>



     注意 : <ホストコンピュータ名>はネットワーク上のホストコンピュータのコンピュータ名です。<ホストコンピュータ名>は \\ と \ の間に入力します。

    例 : 「\\Computer01\Acrobat_8_Installation」など

    ※ 上記の場合の<ホストコンピュータ名>は「Computer01」です。





     
  3. Enter キーを押します。(Windows 7/Vista)/[OK] をクリックします。(Windows XP/2000)

エラーメッセージが表示される場合

上記操作の後、「<\\<ホストコンピュータ名>\<共有フォルダ名>\>にアクセスできません」あるいは「ネットワークパスがみつかりません」などのエラーが表示される場合は、ホストコンピュータへの接続に問題があります。ファイアウォール、ネットワークの変更、または Ethernet ケーブルが問題の原因である可能性があります。

共有フォルダが開いた場合

上記操作の後、共有フォルダが開いた場合は、解決方法 B. に進みます。

 

B. 「Documents」(Windows 7/Vista)/「My Documents」(Windows XP/2000)フォルダのターゲットの場所をローカルコンピュータ上のフォルダに変更します

  1. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 7/Vista

    [スタート] メニューの [ドキュメント] を右クリックして [プロパティ] を選択します。

    Windows XP

    [スタート] メニューの [マイドキュメント] を右クリックして [プロパティ] を選択します。

    Windows 2000

    デスクトップ上の「マイドキュメント」アイコンを右クリックして [プロパティ] を選択します。

     
  2. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 7

    手順 3. に進みます。

    Windows Vista 以前

    [場所](Windows Vista)/[ターゲット](Windows XP/2000)タブをクリックします。

     
  3. [既定値に戻す](Windows 7)/[標準に戻す](Windows Vista 以前)をクリックし [OK] をクリックします。







     注意 : 初期設定での「Documents」または「My Documents」フォルダの保存場所は「C:\Users\<ユーザ名>\Documents」(Windows 7/Vista)/「C:\Documents and Settings\<ユーザ名>\My Documents」(Windows XP/2000)です。<ユーザ名> は現在ログオンしているユーザです。

     
  4. [ドキュメントの移動] ダイアログボックスが表示されたら [はい] をクリックします。

    ※ [ファイルのコピー] ダイアログボックスが表示された場合は、任意のオプションを選択します。
  5. Acrobat をインストールします。

 

C.Windows レジストリで Microsfot Office の [InstallRoot] キーの「Path」値を変更します

  1. 以下のいずれかの操作を行い、レジストリエディタを起動します。

    Windows 7/Vista

    a. [スタート] メニューの [プログラムとファイルの検索](Windows 7)/[検索の開始](Windows Vista)テキストボックスに「regedit」と入力して Enter キーを押します。







    b. [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら [はい] または [続行] をクリックします。(管理者ユーザでログインしていない場合は、管理者パスワードが必要となります。)



    Windows XP/2000

    a. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。

    b. [名前] テキストボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。

     
  2. [ファイル] メニューから [エクスポート] を選択します。
  3. [レジストリファイルのエクスポート] ダイアログボックスの [エクスポート範囲] セクションで [すべて] を選択します。
  4. ファイル名と保存場所を指定し、[保存] をクリックします。
  5. 画面左側のリストを展開し、以下のキーを選択します。



    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\<バージョン名>\Common\InstallRoot



     注意 : <バージョン名>は、Office のバージョンにより異なります。各 Office の<バージョン名>は以下の通りです。
    • Office 2007 : 12.0
    • Office 2003 : 11.0
    • Office XP : 10.0
    • Office 2000 : 9.0
  6. 「InstallRoot」フォルダの内容が画面右側に表示されます。「InstallRoot」フォルダ内の「Path」値を右クリックし [修正] を選択します。
  7. [値のデータ] テキストボックスに表示されているデータを、ローカルの Microsoft Office インストール先フォルダに変更します。

    ※ Microsoft Office 2007/2003/XP/2000 の初期設定では、以下の場所にインストールされます。

    - Office 2007 : C:\Program Files\Microsoft Office\Office12

    - Office 2003 : C:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11

    - Office XP : C:\Program Files\Microsoft Office\Office10

    - Office 2000 : C:\Program Files\Microsoft Office\Office







     注意 : 「Path」値が存在しない場合は、以下の操作を行い、レジストリ値を作成します。

    a. 「InstallRoot」フォルダを選択します。

    b. [編集] メニューから [新規] - [文字列値] を選択します。

    c. 「InstallRoot」フォルダ内に作成された [新しい値 #1] の名前を「Path」に変更し Enter キーを押します。

    d. 手順 c. で作成した「Path」値を右クリックし [修正] を選択します。

    e. [値のデータ] テキストボックスに、ローカルの Microsoft Office インストール先フォルダのパスを入力します。(例 : 「C:\Program Files\Microsoft Office\Office11\」など)

     
  8. 複数バージョンの Office をインストールしている場合は、すべてのバージョンで手順 5. ~ 7. を繰り返し行います。
  9. Acrobat をインストールします。

 

D. 管理者権限のある新規ローカルユーザアカウントを作成し Acrobat をインストールします。

以下の操作により、管理者権限のあるローカルコンピュータの新規ユーザアカウントを作成します。ドメインアカウントを使用することもできますが、以下の手順ではドメインアカウントの設定については説明していません。ローカルのユーザアカウントでログインすることにより、ネットワーク関連の問題を解決します。

以下の操作を行います。

  1. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 7/Vista

    a. [スタート] メニューの [コンピューター](Windows 7)/[コンピュータ](Windows Vista)を右クリックして [管理] を選択します。

    b. [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は [はい] または [続行] をクリックします。(管理者ユーザでログインしていない場合は、管理者パスワードが必要となります。)

    Windows XP

    [スタート] メニューの [マイコンピュータ] を右クリックして [管理] を選択します。

    Windows 2000

    デスクトップ上の [マイコンピュータ] を右クリックし、[管理] を選択します。

     
  2. [ローカルユーザーとグループ] 左側の「+」をクリックして展開します。
  3. [ユーザー] フォルダを右クリックし、[新しいユーザー] を選択します。
  4. [新しいユーザー] ダイアログボックスで、任意の [ユーザ名] および [フルネーム] を入力します。



     注意 : コンピュータのポリシーによってはパスワードの入力を求められる場合があります。

     
  5. [ユーザーは次回ログオン時にパスワードの変更が必要] のチェックをはずします。
  6. [パスワードを無期限にする] にチェックを入れます。
  7. [作成] をクリックし [閉じる] をクリックします。
  8. 作成したユーザアカウントを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  9. [所属するグループ] タブを選択し、[追加] をクリックします。
  10. [場所] にローカルのコンピュータ名が表示されていることを確認します。
  11. [選択するオブジェクト名を入力してください] テキストフィールドに「Administrators」と入力し、[OK] を 2 回クリックします。





     
  12. [閉じる] ボタンをクリックし [コンピュータの管理] ダイアログボックスを閉じます。
  13. スタートアップ項目とサービスを無効に設定し、再起動の際に新規ユーザアカウントでログインします。

    ※ スタートアップ項目とサービスを無効に設定する手順については、「スタートアップ項目とサービスを無効にする方法」を参照してください。
  14. Acrobat をインストールします。

スタートアップ項目とサービスを無効にする方法

Windows 7/Vista/XP の場合

以下の弊社技術文書を参照してください。

文書番号 cpsid_83224 システム構成ユーティリティで不要なサービスを停止する(Windows)

Windows 2000 の場合

Windows 2000 には「システム構成ユーティリティ」がないため、手動でスタートアップ項目を無効にする必要があります。

以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. 以下のフォルダからすべてのアイコンやショートカットを別の場所へ移動します。

    Documents and Settings\All Users\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ

    Documents and Settings\<ユーザ名>\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ
  3. Windows を再起動します。
  4. Windows が起動したらタスクバーを右クリックして、ポップアップメニューから [タスクマネージャ] を選択します。
  5. [プロセス] タブを選択します。
  6. 不要なプロセスを右クリックし、[プロセスの終了] をクリックします。
  7. [タスクマネージャの警告] が表示されたら、[はい] をクリックします。



      重要 : 以下の項目は重要なシステムプロセスのため、無効にしないでください。

    「wuauclt.exe」、「WinMgmt.exe」、「WINLOGON.EXE」、「TASKMGR.EXE」、「System Idle Process」、「System」、「svchost.exe」、「spoolsv.exe」、「SMSS.EXE」、「SERVICES.EXE」、「regsvc.exe」、「mstask.exe」、「LSASS.EXE」、「explorer.exe」、「CSRSS.EXE」



    ※ コンピュータの再起動を行う度に手順 4. ~ 7. の操作を行う必要があります。

無効にしたスタートアップ項目とサービスを再度有効にする場合は、移動したショートカットやアイコンを元のフォルダに戻し、Windows を再起動します。無効にしたサービスは再起動することによって再度有効になります。

 

E. Microsoft Officet を削除し、Acrobat をインストールした後、Office を再インストールします

 注意 : アンインストールを行う前に、Office アプリケーションのインストールメディアがお手元にあることをあらかじめご確認ください。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. Office フォルダからすべての個人用データを別のフォルダに移動します。
  3. [スタート] メニューから [コントロールパネル](Windows 7/Vista/XP)/[設定] - [コントロールパネル](Windows 2000)を選択します。
  4. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 7/Vista

    [プログラム] セクションの [プログラムのアンインストール] をクリックします。







    Windows XP/2000

    [プログラムの追加と削除](Windows XP)/[アプリケーションの追加と削除](Windows 2000)をクリックします。

     
  5. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 7/Vista

    a. インストールされているプログラムの一覧から [Microsoft Office <バージョン>] を選択し、[アンインストール] をクリックします。







    b. [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら [はい] または [続行] をクリックします。



    Windows XP/2000

    インストールされているプログラムの一覧から [Microsoft Office <バージョン>] を選択し、[削除] をクリックします。





     
  6. 画面の指示に従い、アンインストールを完了します。
  7. コンピュータを再起動します。
  8. Acrobat をインストールします。
  9. Acrobat のインストール完了後、Microsoft Office を再度インストールします。

 

F. Windows レジストリで Microsoft Office の [InstallRoot] キーの「Path」値をすべて変更します

 重要 : 以下の操作は、その他の解決方法では解決できなかった場合にのみ行ってください。

  1. 以下のいずれかの操作を行い、レジストリエディタを起動します。

    Windows 7/Vista

    a. [スタート] メニューの [プログラムとファイルの検索](Windows 7)/[検索の開始](Windows Vista)テキストボックスに「regedit」と入力して Enter キーを押します。







    b. [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら [はい] または [続行] をクリックします。(管理者ユーザでログインしていない場合は、管理者パスワードが必要となります。)



    Windows XP/2000

    a. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。

    b. [名前] テキストボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。

     
  2. [ファイル] メニューから [エクスポート] を選択します。
  3. [レジストリファイルのエクスポート] ダイアログボックスの [エクスポート範囲] セクションで [すべて] を選択します。
  4. ファイル名と保存場所を指定し、[保存] をクリックします。
  5. 画面左側のリストを展開し、以下のキーを選択します。



    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office

     
  6. [編集] メニューから [検索] を選択します。
  7. 「installroot」と入力し、[次を検索] をクリックします。
  8. 検出された「InstallRoot」フォルダの内容が画面右側に表示されます。「InstallRoot」フォルダ内の「Path」値を右クリックし、[修正] を選択します。



     注意 : 「Path」値が存在しない場合は、以下の操作を行い、レジストリ値を作成します。
    1. 「InstallRoot」フォルダを選択します。
    2. [編集] メニューから [新規] - [文字列値] を選択します。
    3. 「InstallRoot」フォルダ内に作成された [新しい値 #1] の名前を「Path」に変更し Enter キーを押します。
    4. 手順 c. で作成した「Path」値を右クリックし [修正] を選択します。
    5. [値のデータ] テキストボックスにローカルの Microsoft Office インストール先フォルダのパスを入力します。(例 : 「C:\Program Files\Microsoft Office\Office11\」など)

      ※ Microsoft Office 2007/2003/XP/2000 の初期設定では、以下の場所にインストールされます。

      - Office 2007 : C:\Program Files\Microsoft Office\Office12

      - Office 2003 : C:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11

      - Office XP : C:\Program Files\Microsoft Office\Office10

      - Office 2000 : C:\Program Files\Microsoft Office\Office
  9. [値のデータ] テキストボックスに表示されているデータが、ローカルの Microsoft Office インストール先フォルダのパスに設定されているか確認します。(例 : 「C:\Program Files\Microsoft Office\Office11\」など)



     注意 : このパスに、ネットワーク上のフォルダを指定しないでください。このパスには、ローカルの Office インストール先フォルダを指定します。ネットワーク上のフォルダへのパスが設定されている場合は、ローカルのパスに修正してください。

     
  10. F3 キーを押して 次の [InstallPath] キーを検索します。
  11. 手順 8. ~ 10. を繰返し行い、「Office」フォルダ内にあるすべての [InstallPath] キーの「Path」値を修正します。
  12. レジストリエディタを終了し、コンピュータを再起動します。
  13. Acrobat をインストールします。

 

追加情報 (Additional Information)

このエラーメッセージは、Acrobat のインストール中にインストーラがパスを解決できないことにより発生します。エラーは一般的に PDF Maker コンポーネントのインストール時、Microsoft のインストールパスへアクセスする際に発生します。パスの復元、または Office を再インストールすることで、これらの問題を解決できる場合があります。

以下の Microsoft 社技術情報も併せて参照してください。

URL : http://support.microsoft.com/kb/315352/ja

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー