この文書は、Acrobat 9 の基本的な使用方法を分かりやすく図解した内容となっています。

Acrobat 9 では、PDF ファイルに電子署名を追加することができます。電子署名は、手書きの署名と同様に、文書を承認するために使用します。文書に署名するには、デジタル ID を取得するか、または Acrobat で Self-Sign デジタル ID を作成する必要があります。この文書では、Acrobat の Self-Sign デジタル ID を用いた電子署名の使用方法を紹介します。



電子署名とは

PDF ファイルに電子署名を追加

証明書の送信

証明書の読み込み

 電子署名とは

デジタル文書に付ける署名を電子署名といいます。紙の文書の場合、印鑑や手書きのサインなどにより、その本人が認めたという証明を行いますが、デジタル文書の場合、文字や記号、マークなどの情報 (電子署名) を追加することにより、個人を証明し、文書の正当性を保証します。また、電子署名を付けることにより、署名者がその文書を作成したことを証明するだけでなく、セキュリティも強化できます。電子署名は、文書全体を暗号化し、第三者によって内容が不正に改ざんされることを防止します。

235107_003

電子署名を行うには、デジタル ID を取得、または作成する必要があります。詳細については、Acrobat ヘルプ「電子署名について」を参照してください。

 PDF ファイルに電子署名を追加

 

Acrobat で PDF ファイルを開きます。

235107_005
235107_006

[アドバンスト] メニューの [電子署名] をポイントし、[文書に署名] をクリックします。

235107_007
235107_008

署名を追加する箇所をドラッグします。

※ 「マウスボタンを押しながらドラッグして、署名フィールドを作成します。」というメッセージが表示された場合は、[OK] をクリックします。

235107_009
235107_010

[デジタル ID を追加] ダイアログボックスが表示されたら、[今すぐデジタル ID を新規作成] を選択し、[次へ] をクリックします。

235107_011
235107_012

(Windows のみ)「Self-Sign デジタル ID をどこに格納しますか?」画面が表示されたら、[新しい PKCS#12 デジタル ID ファイル] を選択し、[次へ] をクリックします。

235107_013
235107_014

ID 情報を入力し、[次へ] をクリックします。

235107_015
235107_016

以下の操作を行い、[完了] をクリックします。

- [参照] をクリックし、デジタル ID の保存場所を指定します。

- [パスワード] および [パスワードの確認] に任意のパスワードを入力します。

235107_017
235107_018

[文書に署名] ダイアログボックスが表示されます。[パスワード] テキストボックスに、Step 7 で設定したパスワードを入力し、[署名] をクリックします。

235107_019
235107_020

[名前をつけて保存] ダイアログボックスが表示されたら、ファイル名と保存場所を指定し、[保存] をクリックします。

235107_021
235107_022

電子署名が追加されます。

235107_023

 証明書の送信

PDF ファイルを配布された側のコンピュータでは、Self-Sign の署名を検証するための証明書が必要になります。Acrobat では、証明書を書き出してメールで送信することができます。

 

署名が追加された PDF ファイルを開きます。

235107_025
235107_026

署名を右クリックし、[署名のプロパティを表示] をクリックします。

235107_027
235107_028

[概要] タブの [証明書を表示] をクリックします。

235107_029
235107_030

[証明書ビューア] ダイアログボックスが表示されたら、[概要] タブの [書き出し] をクリックします。

235107_031
235107_032

[データ交換ファイル - 証明書の書き出し] ダイアログボックスが表示されたら、[書き出したデータを電子メールで送信] を選択し、[次へ] をクリックします。

235107_033
235107_034

「データ交換ファイルに署名」画面が表示されたら [署名] をクリックします。

235107_035
235107_036

「PDF ファイルに電子署名を追加」セクションの Step 7 で設定したパスワードを入力し、[署名] をクリックします。

235107_037
235107_038

「この文書への署名が完了しました。」と表示されたら [次へ] をクリックします。

235107_039
235107_040

[宛先] にメールの送信先アドレスを入力します。件名と本文を必要に応じて変更し、[次へ] をクリックします。

235107_041
235107_042

「指定したオプションを確認してください。」画面が表示されたら内容を確認し、[完了] をクリックします。

235107_043
235107_044

電子メールが送信されます。開いているダイアログボックスをすべて閉じます。

 証明書の読み込み

Self-Sign の署名の有効性を検証するには、あらかじめ証明書を信頼しておく必要があります。証明書の信頼の操作は Adobe Reader でも行うことができます。

※ ここでは例として Windows XP 上の Adobe Reader 9 で、受け取った証明書を読み込む手順を説明しますが、Acrobat や Windows Vista、Macintosh でも手順に大きな違いはありません。

 

受け取った証明書ファイルをダブルクリックします。

235107_046
235107_047

[データ交換ファイル - 取り込み] ダイアログボックスが表示されます。[信頼済み証明書の一覧に連絡先を追加] をクリックします。

235107_048
235107_049

[連絡先設定を取り込み] ダイアログボックスが表示されたら、[この証明書を信頼済みのルートとして使用]、[証明済み文書] にチェックを入れ、[OK] をクリックします。

235107_050
235107_051

[取り込みの終了] ダイアログボックスが表示されたら、[OK] をjクリックします。

235107_052
235107_053

署名が追加されている PDF ファイルを開きます。「署名済みであり、すべての署名が有効です。」と表示されます。

235107_054

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー