内容 (What's Covered)

Adobe Acrobat でいう注釈とは、PDF に挿入することができるマークアップのことをいいます。注釈は、文書内のどこにでも挿入することができ、スタイルや書式を指定することもできます。注釈を追加するには、注釈および描画マークアップツール(注釈パネルウィンドウ)を使用します。

 注意: Adobe Reader では、完全な注釈ツールは注釈機能が有効になっている PDF でのみ使用できます。レビュー用に送信またはアップロードされた PDF には、通常、注釈機能が備わっています。

A. 注釈の追加方法

注釈を追加するには、注釈パネルから「注釈」や「描画マークアップ」を開き、追加する注釈のアイコンをドキュメントにドラッグします。

  

B. 注釈の削除

追加した注釈を削除するには、選択ツール  でノートアイコンをクリックして、Delete キーを押します。または、ノートアイコンをダブルクリックして、ポップアップノートのオプションメニューから「削除」を選択することもできます。

C. 注釈の種類

C-1. 注釈ツール

複数人数で文書で管理する場合や、作成者と校正者との間でやり取りを行う場合に、以下の注釈ツールを使用すると便利です。テキスト、スタンプ、添付ファイルなどのさまざまな形で、PDF 文書に注釈を追加することができます。

  • ノート注釈



    ノート注釈は最も一般的に使用する注釈です。ノート注釈を使用すれば、文書内の任意のページに、またページ内の任意の位置に注釈を追加できます。ノート注釈を追加すると、ノート注釈アイコンとポップアップウィンドウが表示されます。





     
  • テキスト注釈ツール



    PDF 文書の校正にテキスト注釈ツールを使用すると、修正が必要な箇所を指定することができます。テキスト注釈ツールでは、テキストの挿入、削除、置換を指示することができます。







  • スタンプツール



    スタンプツールは、紙の書類にゴム印を押すように、PDF 文書にスタンプを押すことができます。使用するスタンプは、あらかじめ定義されているスタンプのリストから選択する他に、新しく自分で作成することができます。







  • ハイライトツール/下線ツール/取り消しツール



    ハイライトツールは PDF 文書内の任意の部分をハイライト表示します。取り消し線ツールは、任意の部分に取り消し線を、下線ツールは任意の部分に下線を引きます。



  • ファイルを添付



    注釈として任意のファイルを添付します。添付ファイルは PDF 文書に埋め込まれるため、他のコンピュータに移動した場合でも他のユーザが参照することができます。







  • 音声ファイルを添付



    WAV 形式、または AIFF 形式の音声ファイルを注釈として文書に添付したり、音声注釈をマイクから録音して添付することができます。[音声注釈を録音] ツールを使用するとサウンドレコーダが表示され、録音もしくは添付するファイルの選択を行うことができます。



C-2. 描画マークアップツール

描画ツールは、線や円などの図形を使用して文書を視覚的にマークアップすることができます。このようなマークアップを描画マークアップと呼びます。また、描画マークアップにはノートを追加することもできます。以下の各種の描画ツールから、目的の視覚効果に合ったツールを選択して使用できます。

  • 長方形ツール、楕円ツール、矢印ツール、線ツール



    単純な図形を作成することができます。





  • 多角形ツール、折れ線ツール



    多角形ツールは、複数の辺から成る閉じた図形を作成することができます。辺を閉じない場合は、折れ線ツールを使用します。





  • 鉛筆ツール、消しゴムツール



    フリーハンドで図形を描画することができます。また、消しゴムツールを使用して、鉛筆ツールで描画した箇所を削除することもできます。





  • 雲型ツール



    雲形の図形を作成することができます。多角形ツールと使用方法は同じですが、図形を描き終えると自動的に辺が曲線に変化します。





  • テキストボックスツール、引き出し線付きテキストボックスツール



    テキストボックス注釈は PDF 文書のどのページにも作成でき、ページのどこにでも置くことができます。テキストボックス注釈は常に文書のページ上に表示され、閉じることはできません。



      

D. 注釈の表示方法の変更

注釈の色と表示方法は、注釈を作成する前に変更することも、注釈を作成した後で変更することもできます。新しく設定した表示方法は、そのツールのデフォルトの表示方法として設定することができます。

 注意 : 以下の手順では、ノート注釈を例に説明します。注釈の種類によりダイアログの内容が異なる場合があります。

  1. 以下のいずれかの操作を行います。

    注釈作成前 : 注釈パネルから「注釈」や「描画マークアップ」を開き、変更する注釈のアイコンを右クリックして「ツールデフォルトのプロパティ」を選択します。

    ※ この操作で変更を行った場合は、その注釈のデフォルトの表示方法を変更することになります。

    注釈作成後 : 変更する注釈を選択し、注釈のオプションメニューから「プロパティ」を選択します。



  2. プロパティダイアログボックスで、必要に応じて次の操作を行い、「OK」ボタンをクリックします。

     注意 : 設定できるオプションの種類は、選択した注釈の種類によって異なります。

     注意 : 手順 1. で注釈作成前の操作を行った場合は、「表示方法」タブの「ロック」および「プロパティをデフォルトとして使用」チェック項目、「レビューの履歴」タブは表示されません。また、「一般」タブで作成者名を変更することはできません。

    ・ 使用するアイコンの色や種類などを変更するには、「表示方法」タブをクリックします。

    ・ 注釈の作成者名やタイトルを変更するには、「一般」タブを選択します。

    ・ レビュー中の注釈のステータスの変更履歴を表示するには、「レビューの履歴」タブをクリックします。

    ・ 注釈を編集したり削除したりできないようにするには、プロパティダイアログボックスの下端にある「ロック」を選択します。

    ・ 同じ種類のすべての注釈にこれらのプロパティを適用するには、プロパティダイアログボックスの下端にある「プロパティをデフォルトとして使用」を選択します。



     

E. 注釈の環境設定 

注釈の設定は、編集/環境設定 の「注釈」から行えます。オプション項目については以下の通りです。

  • フォント、フォントサイズ

    Windows では、ポップアップノートに表示するテキストのフォントとフォントサイズを指定できます。Mac OS では、フォントの「大」、「中」、「小」の設定のみ選択できます。この設定は、新しい注釈と既存の注釈のすべてに適用されます。
  • ポップアップの不透明度

    注釈ポップアップノートの不透明度を 1 ~ 100 の値で指定します。開いていて選択されていないポップアップノートが、不透明度を 100 にすると完全に不透明になります。小さい値を指定するほど、透明度が増します。
  • テキストマークとツールチップを有効にする

    ポップアップノート付きの注釈の上にポインターが置かれたときにツールヒントを表示します。ツールヒントには、作成者名、注釈のステータス、2 行のテキストが含まれています。デフォルトで選択されています。
  • ノートとポップアップを印刷

    注釈に関連付けられたポップアップノートや、ノート、オーディオ、および添付ファイルのアイコンを、ページに表示されているとおりに印刷することを指定します。このオプションを選択する代わりに、ファイル/印刷(Windows)またはファイル/プリント(Mac OS)を選択し、「注釈の一覧」をクリックして、注釈のテキストを様々なレイアウトで印刷することもできます。
  • マウスのロールオーバーで注釈アイコンとポップアップをつなぐラインを表示

    注釈アイコン(ハイライトやノートアイコンなど)上にポインターを置くと、薄いコネクタラインが表示されます。デフォルトで選択されています。
  • 文書のスクロール中にポップアップを表示

    PDF をスクロールするときに、ページが表示されている間、そのページのポップアップノートが文書ウィンドウ内に表示されます。デフォルトで選択されています。
  • ノート以外の注釈で注釈ポップアップを自動的に開く

    描画ツール、スタンプツールまたは鉛筆ツールを使用して注釈を作成したとき、ポップアップノートが表示されます。
  • 注釈リストが開いているときは注釈ポップアップを非表示 (Windows)

    注釈のリストを開いたときは注釈ポップアップを隠す(Mac OS)ページに多数の注釈が追加されている場合に、画面を整理して見やすくします。デフォルトで選択されています。
  • マウスのロールオーバーでポップアップを自動的に開く

    描画マークアップ注釈やスタンプなど、任意の注釈の上にポインターを置くと、ポップアップノートが開きます。
  • 作成者名として常にログイン名を使用

    作成するポップアップノートに表示する名前を指定します。このオプションを選択した場合は、環境設定ダイアログボックスのユーザー情報パネルに表示される「ログイン名」が使用されます。このオプションを選択しない場合は、注釈のプロパティダイアログボックスの「作成者」に指定したデフォルトの名前が使用されます。デフォルトで選択されています。
  • 新規ポップアップをページの右端に配置

    注釈(ノートアイコンやハイライトなど)を追加した場所にかかわらず、すべてのポップアップノートを文書ウィンドウの右端に添えます。このオプションを解除すると、ポップアップノートは注釈の隣に表示されます。デフォルトで選択されています。
  • 描画注釈ツールで囲んだ領域のテキストをポップアップにコピー

    描画ツールを使用して囲んだテキストを、描画に関連付けられたポップアップノートにコピーします。選択したテキストをハイライト、取り消し線、下線の注釈ポップアップにコピー選択したテキストを、テキスト注釈(ハイライトツールで作成した注釈など)に関連付けられたポップアップノートにコピーします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー