内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Acrobat で注釈を書き出したり取り込んだりする方法について説明します。Acrobat では FDF 形式のファイルを使用して注釈のみをやりとりすることができます。既に同じ PDF ファイルを各々のコンピュータに保存しているユーザが、注釈のみをやりとりする場合などで、注釈の書き出しと取り込みの機能が役立ちます。

※ 共有レビューを使用している場合や、Web サーバ上の PDF ファイルを閲覧する場合、PDF ファイルをメールで送受信する場合、注釈の書き出しや取り込みは必要ありません。レビュープロセスの一環として注釈の書き出し、取り込みが行われます。

A. 注釈の書き出し

 注意 : Adobe Reader では、注釈機能は注釈機能が有効になっている PDF でのみ使用できます。レビュー用に送信またはアップロードされた PDF には通常、注釈機能が備わっています。

A-1. データファイルへの注釈の書き出し

  1. Acrobat を起動し、注釈を書き出す文書を開きます。
  2. 注釈パネルから「注釈のリスト」を開きます。
  3. 「注釈リスト」のオプションメニューから、「すべてをデータファイルに書き出し」を選択します。



  4. ファイルの名前を指定し、ファイル形式として「Acrobat FDF ファイル(*.fdf)」または「Acrobat XFDF ファイル(*.xfdf)」を選択します。
  5. ファイルの場所を指定し、「保存」をクリックします。

A-2. 選択した注釈の書き出し

 注意 : 選択した注釈の書き出しは Adobe Reader では使用できません。

  1. Acrobat を起動し、書き出す注釈が含まれているファイルを開きます。
  2. 注釈パネルから「注釈のリスト」を開き、書き出す注釈をクリックして選択します。



  3. 「注釈リスト」のオプションメニューから、「選択内容をデータファイルに書き出し」を選択します。



  4. ファイルの名前、保存場所を指定し、「保存」ボタンをクリックします。

A-3. 注釈を Word に書き出し(Windows 版のみ)

Microsoft Word 文書から作成された PDF をレビューするようなこともあります。これらの注釈を PDF から書き出すと、元の Word 文書を修正することができます。例えば、PDF でテキスト注釈ツールを使用して挿入したり、取り消し線で消したり、置換したりしたテキストは、元の Word 文書で直接削除および転送できます。注釈に追加された書式設定(太字など)は、この処理中に失われるので、Word 文書に手動で追加する必要があります。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    Acrobat から操作 : 注釈を書き出す PDF を開き、注釈パネルの「注釈リスト」のオプションメニュー から、「Word に書き出し」を選択します。





    Word から操作 : 元の文書を開いた状態で、Acrobat/Acrobat 注釈/ Acrobat から注釈を取り込み を選択します。※ Word 2007 では、「Acrobat」をクリックし、Acrobat 注釈/ Acrobat から注釈を取り込み を選択します。



  2. Adobe Acrobat から注釈を取り込む ダイアログボックスで、取り込み元の PDF ファイルと取り込み先の Word ファイルを選択して、次のいずれかのオプションを選択し、「続行」をクリックします。

    すべての注釈 : すべての注釈を取り込みます。

    チェックマーク付きのすべての注釈 : チェックマークが付いた注釈だけを取り込みます。

    テキスト編集のみ : 挿入、削除および置換注釈パネルのテキスト注釈コマンドを使用して追加された注釈だけを取り込みます。

    注釈にカスタムフィルターを適用 : 作成者、種類またはステータスに基づいて指定された注釈だけを取り込みます。

    注釈を取り込む前に「変更の履歴」をオンにする : 取り込んだ注釈によって加えられた変更内容を Word で表示します。



     

A-4. 注釈を AutoCAD に書き出し (Windows 版のみ)

AutoCAD 図面から作成した PDF に、レビュー担当者による注釈が追加されている場合があります。AutoCAD PDFMaker を使用して PDF を作成した場合は、AutoCAD と Acrobat を切り替えずに、AutoCAD 図面に注釈を取り込むことができます。描画マークアップ注釈、ノート注釈、スタンプ、テキスト注釈など、大半の種類の注釈を取り込むことが可能です。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    Acrobat から操作 : 注釈リストのオプションメニュー から、「AutoCAD に書き出し」を選択します。





    AutoCAD から操作 : Acrobat 注釈/注釈の取り込み を選択します。
  2. 注釈の取り込み ダイアログボックスで、注釈を含む PDF と取り込む注釈を指定して、「続行」をクリックします。注釈のカスタムセットを取り込む場合は、必要な特性だけが選択されていることを確認してセットを指定します。各分類でオプションを少なくとも 1 つ選択する必要があります。

    作成者 : レビュー担当者ごとに注釈を取り込みます。

    種類 : テキスト注釈やノート注釈などの種類ごとに注釈を取り込みます。

    ステータス : レビューステータスごとに注釈を取り込みます。

    チェックマーク : チェックマークのステータス別に注釈を取り込みます。 

B. 注釈の取り込み

PDF 文書から注釈を取り込むことができます。フォームデータ形式(FDF)ファイルまたは XFDF ファイル(XML ベースの FDF ファイル)から注釈を取り込むこともできます。FDF ファイルまたは XFDF ファイル自体は開いたり表示したりすることはできません。

 注意 : Adobe Reader では、注釈機能は注釈機能が有効になっている PDF でのみ使用できます。レビュー用に送信またはアップロードされた PDF には、通常、注釈機能が備わっています。

  1. Acrobat を起動し、注釈の取り込み先(受信側)文書を開きます。
  2. 注釈パネルから「注釈のリスト」を開きます。
  3. 「注釈のリスト」のオプションメニュー から、「データファイルの取り込み」を選択します。



  4. 「ファイルの種類」ドロップダウンリストで、「サポートされているのすべての形式」が選択されていることを確認します。取り込む注釈のファイル形式がわかっている場合は、それを選択します。

    ※ サポートしている形式は、*.pdf、*.fdf、*.xfdf です。
  5. 任意のディレクトリから、取り込む注釈が含まれているデータファイルを選択して「開く」をクリックします。
  6. 取り込み元のファイルと同じ場所に注釈が置かれます。 

C. 注釈の一覧を印刷

注釈の一覧を印刷する場合は、注釈パネルの「注釈のリスト」のオプションメニューから「注釈の一覧を印刷」を選択します。

D. 注釈の一覧を作成 (PDF で書き出し)

注釈パネルの「注釈のリスト」のオプションメニューから「注釈の一覧を作成」を選択すると、注釈の一覧を PDF として作成することができます。レイアウトは以下の 4 つから選択することができます。

 

追加情報 (ADDITIONAL INFORMATION)

FDF ファイルとは

FDF (Form Data Format) ファイルは、注釈だけを含むデータで、PDF 文書に取り込むことが可能です。FDF ファイルはフォーム全体ではなくフォームフィールドのデータだけを含むため、PDF ファイルよりもかなりサイズが小さくなります。

また、FDF ファイル自体は、エディタで直接開いたり編集することはできません。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー