Adobe Acrobat DC は、文書を PDF(Portable Document Format)ファイルに変換したり、PDF ファイルの編集・加工ができるソフトウェアです。

PDF は世界的に普及している電子文書フォーマットです。ドキュメントを PDF ファイルに変換すれば、プラットフォームやアプリケーションに依存せずに、無料配布の Adobe Acrobat Reader DC を使用して誰でも文書の表示や印刷を行うことができます。

PDF について詳しくは、こちらをご覧ください。

Acrobat DC には Standard 版と Pro 版があります。Pro 版は Standard 版のすべての機能に加え、Microsoft Visio や Autodesk AutoCAD との強力な連携、ビデオの追加、Reader ユーザーに対する権限付与、印刷工程ツールなど、高度な機能を搭載しています。

PDF に変換またはスキャン

Acrobat では、紙文書、電子メール、画像、表計算シート、ウェブページ、Adobe Flash ビデオなど、様々な種類のコンテンツを信頼性の高い PDF に変換することができます。PDF ファイルは、モバイルデバイスを含め様々なプラットフォームで閲覧することができます。Acrobat を使用して PDF 化できるデータには、以下のようなものがあります。

他アプリケーションファイルを PDF ファイルへ変換(Windows 版のみ)

印刷機能のある、あらゆるアプリケーションから PDF を作成することができます。Microsoft Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、および Access からはワンクリックで、そのほかに Lotus Notes や AutoCAD でもアプリケーション内で PDF への変換が可能です。

紙の書類を PDF へ変換

紙の文書およびフォームをスキャナーで読み取って PDF に変換することができます。スキャンした PDF データのテキストはOCR 機能を使用して、文字データとして認識可能です。また、内容をチェックして修正することもできます。テキストは書き出して別のアプリケーションで再利用することができます。

Web ページを PDF に変換

Internet Explorer または Firefox で、すべてのリンクやレイアウトを維持したまま、Web ページをワンクリックで PDF ファイルに変換できます。また、必要なコンテンツを選択してページの一部だけを変換することも可能です。

電子メールを PDF で保存

電子メールベースの情報のやり取りを効率化し、電子メールから必要な情報をすぐに見つけて取り出すことができます。また、Microsoft Outlook またはIBM Lotus Notes の電子メールまたは電子メールフォルダーをワンクリックで保存できます。

PDF ファイルの書き出しと編集

Acrobat を活用すると、既存の PDF ファイルを簡単に編集したり、Word や Excel に書き出すことができます。これにより、再編集の手間を軽減し、文書の作成を迅速化します。

PDF を Word、Excel、PowerPoint などに変換

PDF ファイルを Word、Excel(スプレッドシート)、PowerPoint 形式に変換して、コンテンツをすばやく再利用できます。PDF のページの一部を選択して、それを編集可能なフォーマットに書き出すこともできます。

  • Word/PowerPoint : 書式設定やレイアウトをより正確に維持したまま PDF ファイルからそれぞれの形式に書き出せます。表や画像、複数段組テキストの位置関係、ページや段落、フォント属性も保持されます。
  • Excel : 単一のワークシート以外に、テーブルまたはページごとにワークシートを書き出せます。そのほか、区切り記号やテキスト認識オプションが用意されています。

PDF ファイルの編集

ファイルを修正する際、元の文書を編集しなくても、すばやく簡単に PDF 文書を直接編集することができます。PDF ファイル内でテキストや画像に単純な変更を加えたり、ページの削除、並べ替え、回転を行うことで、時間を節約できます。

Microsoft SharePoint との連携

Acrobat DC に Microsoft SharePoint アカウントを追加して、アプリケーション内からファイルを開いたり、上書き保存できます。チェックアウト、チェックインにも対応しています。

プロによる入稿の準備(Pro のみ)

ファイルが印刷業者の手に渡ってからのミスや遅れを削減できます。ハイエンドな印刷物の制作やデジタルパブリッシング用に、PDF ファイルをプレビュー、プリフライト、修正、準備できます。

複数フォーマットのファイルを束ねて管理、活用

様々な情報を一つの PDF にまとめたり、動画や音声などのコンテンツを PDF で活用することで、わかりやすい情報伝達が可能となります。 

動画や音声を活用(Pro のみ)

見る人が直感的に理解できるような、表現豊かな文書を素早く作成することができます。オーディオ、Flash Player 互換ビデオ、インタラクティブメディアを PDF ファイルに挿入し、Reader でシームレスに再生できます。

ドキュメントの統合

文書、表計算ファイル、電子メール、Web ページ、スキャンデータ、画像など、様々なソースのコンテンツを 1 つのコンパクトな PDF ファイルに統合し、簡単に共有したり表示することができます。

オリジナルファイルの添付

オリジナルファイルは、すぐに取り出して利用できるよう保管しておき、それらを作成元のネイティブ形式で PDF 文書に添付すれば、より完全な記録文書となります。

ナビゲーションの追加

見る人が文書内の移動をすばやく簡単に行えるよう、しおり、リンク、ヘッダー、フッター、番号を追加できます。設定を保存し、後から別の文書にそれらを適用することも可能です。

生産性とプロセスの一貫性を向上

日常的な作業を効率化しつつ、質の高い文書の作成や共有を行えます。

アクションウィザード(Pro のみ)

複数の手順を必要とする日常業務をアクションウィザードで自動化することができます。単一または複数の PDF ファイルに適用可能な、使用頻度の高い一連の手順を作成、管理、実行、および共有できます。

ツールの呼び出しとクイックツール

Acrobat で PDF ファイルを開いている際に、右側の検索ボックスに使用したいツール名を入力して呼び出したり、よく使うツールをツールパネルに追加できます。また、よく使う機能をクイックツールに追加しておくことで、より素早く操作を行えるようになります。クイックツールへは任意の機能を登録することができます。

修正前後の文書を比較(Pro のみ)

ミスを防ぐため、バージョン管理機能が改善されました。Acrobat が修正前後の PDF ファイルを比較して、テキストおよび画像に加えられた変更箇所をハイライト表示するので、バージョン間の相違点を簡単に特定できます。

オンラインドキュメントレビューを効率化

Acrobat ではフィードバックを収集したり、すばやい承認作業が行えます。また、共有レビューを活用して、お互いの共通認識のもと、チーム内で効率的な文書レビューが行えます。

PDF に注釈を追加 

ノート、ハイライト、線、スタンプなど、多彩な注釈ツールを使用して、PDF ファイルにコメントやメモの記入を行えます。すべての注釈を 1 つの PDF 文書に統合するのも簡単です。

注釈ツールと注釈パネル

注釈パネルウィンドウから注釈ツールにアクセスしたり、注釈を表示できます。すべての注釈を検索可能なリストで表示し、ページ、作成者、作成日などによって選別や並べ替えを行うことができます。

オンラインでの共有レビュー

共有レビューを利用すれば、メンバー同士が互いの意見を参照しながらコメントでき、チームでの意見交換や意思決定を迅速に行えます。進捗状況や参加者の確認、レビュー担当者の追加や確認通知の送付も簡単です。

Reader の機能を拡張

OS やプラットフォームに関係なく、Acrobat Reader DC または旧バージョンの Adobe Reader のユーザーに対し、共有レビューへの参加、フォームの入力と保存、PDF 文書の電子署名と承認を行えるように Acrobat から設定することができます。

PDF フォームでデータ収集を効率化

情報システム部門の助けを借りずに、入力可能なPDFフォームを活用して、簡単にデータ収集を行えます。

フォームを準備

紙の書類や既存の電子ファイルから、入力可能な PDF フォームを簡単に作成できます。Acrobat DC を使用すれば、手書き用のフィールドを入力可能なフィールドに自動変換できます。

Reader でフォームを保存

Acrobat Reader DC ユーザーが様々なプラットフォームやオペレーティングシステムでフォームの入力と保存を行えるよう、権限を付与できます。

フォームの配布と状況確認

フォームの配布、状況の確認、回答の収集を行って、情報収集を迅速に実行。Acrobat DC の機能を利用すれば、フォームを簡単に配布・収集できます。

データ収集を自動化

データの報告と分析を効率的に行えます。フォームデータを自動的に単一の文書やビューにまとめたり、必要に応じて回答を選別することができます。収集したデータは、分析用に簡単に書き出せます。

文書セキュリティで情報を保護

Acrobat で、簡単な操作で高度な文書セキュリティをかけることができます。パスワードセキュリティ、電子署名、墨消し機能などで、情報を保護できます。 

電子署名

PDF 文書に、受信者が文書の真正性と完全性を検証できるよう、承認済みの電子署名を追加することができます。

パスワードと権限

パスワードを使用して PDF 文書へのアクセスをコントロールしたり、印刷やコピー、編集の制限を設定することができます。また、パスワードと制限内容をセキュリティポリシーとして保存し、新たに作成した PDF ファイルに簡単に適用することも可能です。

隠れた情報をワンクリックで削除

メタデータや注釈、添付ファイル、フォームフィールド、しおりなど、隠れた情報をワンクリックで簡単に確認して削除できます。

Reader ユーザーに署名の権限を付与

Acrobat Reader DC または旧バージョンの Adobe Reader ユーザーが PDF 文書およびフォームに電子署名やタイムスタンプを追加できるよう、権限を付与することができます。

恒久的に情報を削除(Pro のみ)

墨消しツールを使用すれば、選択したテキストや図などの機密情報を恒久的に削除できます。

PDF 標準規格に対応(Pro のみ)

Acrobat は様々な PDF 標準規格に対応しています。

標準規格のサポート

長期保管用の PDF/A、エンジニアリング向けの PDF/E、印刷用途に最適な PDF/X などの ISO 標準規格に準拠する PDF 文書を作成・検証し、これらに準拠しない場合は、修正します。

さまざまなユーザーに配慮した PDF の作成

視覚障害などの障害を持つユーザー用に、文書のアクセシビリティのチェック、調整、および検証を行います。ハイコントラストカラーを使用して見やすくしたり、大きな文字で表示することができます。

長期署名に準拠

ETSI PAdES(PDF 長期署名)パート 2、3、および 4 を含む PDF 電子署名標準規格に準拠します。

PDF ファイルの閲覧、検索、共有

圧倒的な普及率を誇る Acrobat Reader(旧 Adobe Reader)でも安心して閲覧できる信頼性の高い PDF を活用し、円滑な情報共有が実現できます。

閲覧モード

Acrobat の閲覧モードでは、PDF ファイルが最も読みやすく表示されるように、画面を最大化します。ツールバーやパネルは表示されず、透明のフローティングツールバーが表示され、PDF ファイル内の移動がより簡単になります。

オンラインでファイルを共有

Acrobat DC から Adobe Document Cloud に PDF ファイルを保存すると、複数のデバイスから PDF の閲覧や編集が可能になります。また、Document Cloud PDF サービスを利用して、容量の大きなファイルを安心して送信できます。

モバイルアプリケーション

Acrobat DC の Mobile Link をオンにすると、Acrobat DC モバイルアプリケーションからも最近使用したファイルや Document Cloud に保存された PDF ファイルを参照することができます。また、Acrobat DC で最近使用したファイルは https://cloud.acrobat.com/ からも参照できます。

Acrobat DC モバイルアプリケーションは、iPhone/iPad、Android、Windows Phone でご利用いただけます。

追加情報 (Additional Information)

Acrobat DC について詳しくは、こちらもご確認ください。

  • Adobe Acrobat DC よくあるお問い合わせ
  • Acrobat DC でこんなことはできますか(Acrobat DC 機能紹介一覧)

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー