Acrobat DC: プラグインの互換性の問題

Adobe Creative Cloud デスクトップ アプリケーションを使用して Adobe Acrobat DC をインストールすると、すべてのプラグインおよび Acrobat XI が削除されます。 32 ビットサードパーティプラグインを Acrobat DC フォルダーに再インストールする必要がある場合に、インストールの場所が不明なため、32 ビットプラグインを動作させることができません。

解決策: 64 ビットプラグインバージョンを入手して適切なフォルダーにコピーする

Mac OS 版Acrobat DC は、現在、64 ビットのアプリケーションです。したがって、そのプラグインにも 64 ビットアーキテクチャが使用されます。Acrobat DC と共に出荷されるプラグインはすべて 64 ビットアーキテクチャ用となっています。しかし、32 ビットアーキテクチャを使用して構築されたサードパーティプラグインは Acrobat DC と互換性がない可能性があります。 各プラグイン開発者に連絡して、プラグインの 64 ビットバージョンを入手してください。

注意:これは Mac OS のみに固有の問題であり、Windows では発生しません。Windows では、既存のサードパーティプラグインを、インストール場所の Adobe\Acrobat DC\Acrobat\plug_ins (サブスクリプションライセンスの場合)か Adobe\Acrobat 2015\Acrobat\plug_ins (Classic (永続)ライセンスの場合)に引き続きインストールできます。

また、Mac OS では、Mac OS Gatekeeper (OS 10.9.5 以降)のある変更により、現在、Adobe プラグインは「V2 signed」になっている、Acrobat のインストール場所(/Applications/Adobe Acrobat DC)にプラグインをインストールできなくなっています。

64 ビットのサードパーティプラグインを取得したら、以下の手順で適切なフォルダーにコピーします。

  1. Acrobat DCのサブスクリプションを持っている場合は、Finder を開き、下記の場所に移動します。

    • 現在のユーザー用にプラグインをインストールするには:~/Library/Application Support/Adobe/Acrobat/DC/
    • すべてのユーザー用にプラグインをインストールするには:/Library/Application Support/Adobe/Acrobat/DC/

    Acrobat DC Classic/永続ライセンスを持っている場合は、Finder を開き、以下の場所に移動します。

    • 現在のユーザー用にプラグインをインストールするには:~/Library/Application Support/Adobe/Acrobat/2015/
    • すべてのユーザー用にプラグインをインストールするには:/Library/Application Support/Adobe/Acrobat/2015/
  2. その場所に plug-ins フォルダーがある場合は、そのフォルダーを開きます。 plug-ins フォルダーがない場合は、plug-ins という名前のフォルダーを作成します。

  3. plug-ins フォルダー内に 64 ビットプラグインをコピーします。

  4. Acrobat が実行中の場合は、Acrobat をいったん終了し、再度起動します。

注意:

プラグインを「現在のユーザー」と「すべてのユーザー」の両方にインストールした場合は、「すべてのユーザー」用のプラグインが優先します。

プラグインが依然として正常に動作しない場合は、いつでも Acrobat XI に戻すこともできます

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー