遡ること 2005年に、Adobe は Certified Document Services (CDS)プログラムを発表しました。このプログラムは、アドビ製品(ファミリーの一部)に埋め込まれた Adobe ルート証明書にリンクされた新しいデジタル ID を自動的に認識します。 Adobe Approved Trust List (AATL) の旧サービスである CDS には、証明書を発行する以下の証明書認証があります: