内容 (What's Covered)

Adobe Acrobat および Adobe Reader には、プログラムを安全かつ最新の状態で利用できるよう、自動的にアップデートの有無をチェックし、ダウンロードとインストールを行う機能があります。

この文書では、これらの設定を無効にする方法や、ユーザーが設定を変更できないように管理者がメニュー項目を無効にする方法について説明しています。

A. 環境設定から変更する方法

Acrobat または Adobe Reader の環境設定で、アップデーターの有無をチェックする方法を簡単に変更または停止することができます。ただし環境設定では、他のユーザーが変更できないようにメニュー項目を無効にすることはできません。

編集/環境設定を選択し、分類セクションで「アップデーター」を選択して、用途に応じた項目を選択してください。 

各オプションの詳細については、以下の弊社技術文書を参考にしてください。

自動アップデートの環境設定(Acrobat XI/Adobe Reader XI)

B. レジストリによる設定(Windows)

Windows の場合、アップデーターの設定はレジストリキーの値を変更して設定することも可能です。

 警告: 以下の操作は、Windows レジストリの編集を必要とします。Windows レジストリには、コンピュータとアプリケーションのための重要な情報が含まれています。レジストリの編集については、弊社ではサポートを行っておりません。変更する前には、必ずレジストリのバックアップを作成してください。レジストリの詳細は、Windows のマニュアルを参照するか、Microsoft 社にお問い合わせください。

B-1. アップデートモードの変更

環境設定のメニュー項目を無効にするには、以下のレジストリキーの値を変更します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Adobe\Adobe ARM\1.0\ARM\iCheck

  • 0:  アップデータのダウンロードやインストールを自動的に行わない
  • 1:  (使用されていません)
  • 2:  アップデートを自動的にダウンロードするが、インストールするときは指定する
  • 3:  自動的にアップデートをインストールする
  • (11.0 以降)4: アップデートの通知を受信するが、ダウンロードしてインストールするときは指定する

B-2. メニュー項目の無効化

環境設定インターフェースの項目を無効化するには、以下のレジストリキーの DWORD 値を「0」に指定します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\policies\Adobe\<製品名>\<バージョン>\FeatureLockdown\bUpdater

B-3. Customization Wizard の使用

上記のレジストリ設定は、Customization Wizard から指定することもできます。詳細については、エンタープライズ管理ガイド(PDF)の 2.2 を参照してください。

企業内の配布に関する詳細については、文書番号 cpsid_83982 エンタープライズ環境における Acrobat ファミリー製品の管理も合わせて参照してください。

C. Mac OS の設定

Mac OS の場合は、設定ファイルを編集することにより、アップデーターの自動チェックを変更または無効にすることができます。詳細については、エンタープライズ管理ガイド(PDF)の 12.6 を参照してください。

追加情報 (Additional Information)

Adobe Reader / Acrobat バージョン9.2と8.1.7以前をお使いのお客様はこちらをご参照下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー