この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Acrobat および Adobe Reader 9.4.1 アップデートに関する情報と、このアップデートによって修正される問題について説明しています。

A. リリース日

B. 概要

C. ダウンロードファイルサイズ

D. アップデートの理由

E. 配布方法

F. 必要システム構成の変更点

G. エンタープライズワークフローへの影響

H. 改良点

I. 修正された問題

 A. リリース日

2010年 11 月 16 日(UNIX 版は11 月 29 日にリリース予定)

 B. 概要

Acrobat および Adobe Reader 9.4.1 は、以下の製品を対象とした不定期パッチです。

  • Windows および Macintosh : サポートされている言語バージョンの Acrobat および Adobe Reader
  • Unix : 英語版、フランス語版、ドイツ語版および日本語版の Adobe Reader

    注意 : UNIX 版 Adobe Reader は 11月 29 日にリリースされる予定です。

 C. ダウンロードファイルサイズ

アップデーターは製品によりファイルサイズが異なります。メガバイト単位でおおよそのダウンロードサイズで示されています。(複数の言語版が提供されている ENU インストーラーに基づいています。)

製品 Windows Macintosh Linux/Solaris
Adobe Reader フルインストーラー (Adobe Reader ダウンロードセンター)* n/a n/a n/a 
Acrobat 9.4.1 3  11 n/a 
Adobe  Reader 9.4.1 フルインストーラー  n/a  n/a 61
Adobe Reader 9.4.1 パッチインストーラー 3 PPC : 6

i386 : 6

 
n/a
Adobe Reader 9.4.1 MUI (多言語用) n/a  n/a  n/a 

* 9.4.1 は RDC では利用できません。

* RDC ダウンロードは通常エンドユーザーによって使用されるものですが、企業管理者は FTP サイトから直接ダウンロードして入手します。RDC のワークフローには Adobe Download Manager が組み込まれており、exe から Adobe Reader をインストールし(Windows の場合)、Google ツールバーなどの追加ツールが提供されます。通常、FTP サイトからダウンロードする場合は、MSI、MSP、PKG ファイルから元の製品を取得するのみです。

 D. アップデートの理由

このリリースには、セキュリティに関するクリティカルな問題の修正が含まれています。詳細は、H. 改良点を参照してください。

 E. 配布方法

Acrobat のアップデーターはフルインストーラーでは提供されません。MSP アップデーターすべてを順番に適用する必要があります。

Adobe Reader アップデーターはリリースタイプ、言語、ダウンロード元に応じて、配布方法が異なります。

  • パッチ(MSP)インストーラーは、前回のクォータリーアップデート(9.4)が適用されている、サポート対象の製品およびプラットフォームに適用します。
  • フルインストーラー(MSI)を使用する場合は、既存のバージョンすべてに対し上書きして適用することができます。

アップデート手順(エンドユーザーの場合)

エンドユーザーは、以下のいずれかの方法で最新のアップデーターを適用することができます。

  • (Windows/Macintosh のみ)[ヘルプ] メニューから [アップデートの確認] を選択し、製品を手動でアップデートします。
  • アプリケーションによってアップデートの検出が設定されている場合は、アップデートが自動的に行われます。
  • 新規インストールは、Adobe Reader ダウンロードセンターから Adobe Reader のフルインストーラーをダウンロードします。

アップデート手順(企業の場合)

管理者および IT 部門の場合は、通常以下のような企業向けの設定でソフトウェアのインストールを管理します。

  1. 企業用のインストーラーを以下のいずれかの FTP サイトからダウンロードします。

    ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/reader/

    ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/acrobat/
  2. 以下のいずれかの方法でアップデーターを配布します。

    - 以下の文書の内容にしたがい、GPO、SMS、またはその他のスクリプト技術を使用して、AIP(administrative install points)経由で、ファイルを完全に管理する インストールを実行します。

    文書番号 235804 アップデートと配布に関する情報(Windows 版 Acrobat/Adobe Reader)

    - コンピューターごとに個別に製品をインストールするには、Bootstrapper を使用しバイナリのクライアントインストールを実行します。



      注意 : SCUP/SCCM のサポートは、プレリリースのプログラムで現在実施されていて、バージョン 10.0 でのフルサポートが予定されています。

これらの配布方法についての詳細は、文書番号 cpsid_83982 エンタープライズ環境における Acrobat ファミリー製品の管理の「エンタープライズ管理ガイド」を参照してください。

 F. 必要システム構成の変更点

このリリースでは、基本の必要システム構成がサポートされます。変更点は以下の一覧に表示されています。基本の必要システム構成および言語サポートはこの文書を参照してください。

9.3.2 を基準とした変更点は以下の表を参照してください。

9.3.2 および 8.2.2 以降の変更点 

バージョン 必要システム条件の変更点   
8.2.2/9.3.2 なし。基本システム構成を設定
 9.3.3 Adobe Reader (Macintosh) : Safari 4.0.4 以上のブラウザーを使用(3.0.4以上から変更されました)

Adobe Reader (Linux) : Firefox 3.6 のサポート追加
 8.2.3 Adobe Reader (Macintosh) : G3 プロセッサのサポート終了Adobe Reader (Linux) : Firefox 3.6 のサポートの追加   
8.2.4/9.3.4   なし
8.2.5/9.4  なし
9.1.1  なし

 G. エンタープライズワークフローへの影響

このバージョンには、従来の企業内ワークフローに影響を及ぼす不具合や問題は含まれません。バージョン間の変更点は以下の文書を参照してください。

Acrobat and Reader updates that affect Enterprise Workflow (cpsid_86693)*

バージョンに関する追加情報は以下の文書を参照してください。

互換性に関する要約は以下の文書を参照してください。

Adobe Reader compatibility documentation*

バージョンの相互運用と共存するインストールは以下の文書を参照してください。

文書番号 234070 異なるバージョンのインストールおよびアンインストールについて(Windows 版 Acrobat 9)

互換性のある Web ブラウザーやサードパーティ製アプリケーションについては、以下の文書を参照してください。

文書番号 223590 PDFMaker の対応状況一覧

 H. 改良点

セキュリティ

9.4.1 : 以下の文書で説明されているセキュリティの脆弱性をはじめとして、いくつかの問題が修正されました。

APSA10-05: Flash Player、Adobe Reader および Acrobat に関するセキュリティ情報



また、特定の問題に対する対処方法が PSIRT ブログ で公開されています。影響を受ける printSeps() 関数はサポート対象の関数ではないため、JavaScript ブラックリストフレームワークでこの関数を無効にしても、ワークフローの問題は発生しません。

 I. 修正された問題

このパッチにはセキュリティアップデートのみが含まれています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー