この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

保護されたビューとは

保護されたビューとは、Adobe Acrobat X 10.1 の新しい機能で、急速に進化するアドビの防御戦略を拡張し、セキュリティの脆弱性を軽減・抑制するものです。保護されたビューは Adobe Reader X の保護モードを活用しており、悪意のあるファイルが行う処理やアクセスを制限することにより、ユーザーのアプリケーション、データ、コンピューターを保護します。

この文書では、保護されたビューによってサポートされていない事柄について説明しています。保護されたビューに関する詳細については、オンラインヘルプその他のリソースを参照してください。

  • レジストリの設定やカスタムポリシーの作成に関する詳細については、Application Security Library の Application Security Guide セクションを参照してください。
  • 構造レベルの詳細については、ASSET チームのブログ(http://blogs.adobe.com/asset/)を参照してください。

Acrobat 単独の動作

Acrobat 単独起動時の動作は、Office 2010 の保護されたビューと同様です。Acrobat で信頼済みでないファイルを開くと、ドキュメント上部に黄色い警告バーが表示されます。読み取りモードで開かれ、機能が無効にされることにより、悪意のあるコンテンツによるシステムへの不正なアクセスを抑制します。保護モードを解除するには、黄色い警告バーの「すべての機能を有効にする」をクリックします。すべてのメニュー項目が有効になり、ファイルは信頼済みとして扱われます。

主に PDF を変更する機能が保護モードで無効にされます。保護モードが有効の場合、以下のような機能が無効にされます。

  • ナビゲーションパネルまたはアプリケーションウィンドウ内に PDF をドラッグ&ドロップ
  • PDF の保存と印刷
  • パン&ズーム、ルーペツール
  • 閲覧モード、フルスクリーンモード
  • 信頼済みでないサイト(安全でない可能性のあるサイト)からの PDF 作成
  • JavaScript の実行とフォーム入力

Web ブラウザー内の PDF 表示

Web ブラウザー内に PDF が開かれた場合、黄色い警告バーは表示されません。 その代わりに、Reader 拡張が有効にされている PDF ファイルを Adobe Reader で開いた場合と同様に動作します。Adobe Reader のすべての機能に加え、文書作成者が Reader 拡張で許可した機能が有効になります。既存のフォームフィールドへの署名、新規署名フィールドの追加、データからの保存などの機能が該当します。 

保護されたビューが有効な場合、Web ブラウザー内に表示された PDF では以下の機能が無効になります。

  • 高度な印刷
  • パンとズーム、ルーペツール
  • Reader 拡張で有効にすることのできない機能(ファイルの添付など)

サポート対象外の構成

Acrobat の保護されたビューは、Adobe Reader の保護モードと同様の制限を受けます。サポート対象外であることを示す警告が表示される場合は、以下の弊社技術文書を参照してください。

文書番号 cpsid_88069 保護モードのトラブルシューティング(Windows 版 Adobe Reader X)

 

既知の問題

以下は、Acrobat X 10.1 の保護されたビューにおける既知の問題です。

  • 読み上げが機能しません。
  • iStatement による署名の「署名の状態」ボタンから、正しい署名の検証ステータスが表示されません。
  • Lotus Notes におけるメール添付の PDF が、保護されたビューが有効にされていても、無効の状態で開かれます。
  • 検索結果をクリックしても該当箇所にナビゲーションされません。
  • Excel および Word の PDF リンクをクリックすると、リンク先の PDF で保護されたビューが有効になりません。
  • 記事の一覧を参照できません。

  • ブラウザー内に表示された PDF ポートフォリオからウィンドウ外側にドラッグできません。(対象のファイルを右クリックし、「ポートフォリオから抽出」でファイルをデスクトップに保存することは可能です。)

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー