内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Acrobat X で PDF を暗号化したり、セキュリティを設定する方法について説明します。

A. PDF 作成時にセキュリティ設定を行う

PDF ファイルにセキュリティをかけるには、以下の操作を行います。

  1. ツール/保護/暗号化 から、「パスワードによる暗号化」または「証明書による暗号化」を選択します。(PDF ポートフォリオの場合は、表示/ポートフォリオ/表紙 を選択してから行います。)





     
  2.  「この文書のセキュリティを変更してよろしいですか?」のメッセージが表示された場合は、「はい」をクリックします。
  3. 表示されたウィンドウで必要なセキュリティ設定を行い、「OK」をクリックします。



詳細については、以下の Acrobat ヘルプを参照してください。

B. アクションウィザードを使用してセキュリティ設定を行う

アクションウィザードとは、よく使用する操作などをアクションとして作成しておき、ウィザードで実行することで、時間の節約とキー操作を省略することができる機能です。

セキュリティ設定を自動化するアクションを作成するには、次の操作を行います。

  1. ツール/アクションウィザード/新規アクションを作成 を選択します。





     
  2.  左のメニューから、保護/暗号化 をクリックします。ウィンドウ右の「ステップ」に「暗号化」が追加されます。





     
  3. 暗号化するオプション設定が決まっている場合は、「オプション」をクリックして選択します。





     
  4. その他、開始方法や保存先を設定し、連続して行うステップがあれば追加して「保存」ボタンをクリックします。
  5. アクションを保存 ウィンドウで、アクション名と説明を入力して、「保存」ボタンをクリックします。





     
  6.  作成したアクションがアクションウィザードに追加されます。アクションウィザードを利用して暗号化したい場合は、ここから登録したアクションを実行します。



C. PDF プリンタのセキュリティ設定

Acrobat には、他のアプリケーションの印刷コマンドから PDF を作成することができる、PDF プリンタの機能があります。PDF プリンタを利用して PDF を作成する際に、作成する PDF にセキュリティ設定を行う場合は、以下の操作を行います。

  1. ファイル/印刷 を選択します。
  2. 印刷ダイアログボックスで、「Adobe PDF」を選択して「プロパティ」ボタンをクリックします。





     
  3.  「Adobe PDF 設定」タブの「Adobe PDF セキュリティ」から、用途に応じて「各ジョブごとにセキュリティを確認」または「前回のセキュリティ設定を使用」を選択して、「編集」ボタンをクリックします。





     
  4. 表示されたウィンドウで必要なセキュリティ設定を行い、「OK」をクリックします。



D. その他

その他にも Acrobat には、Adobe LiveSycle Rights Management ES による文書の保護や、機密情報の削除機能などが備わっています。詳しくは、Acrobat ヘルプを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー