内容 (What's Covered)

この文書では、Windows 版 Adobe Acrobat X を使用してスキャンを行う際に発生する、さまざまな問題に対処する方法について説明しています。

A. 一般的なトラブルシューティング

問題が発生する原因が、スキャナー本体(ドライバー)にあるのか、またはシステムやアプリケーション側にあるのかを確認し、必要な対処を行います。

A-1. 他のアプリケーションで動作確認

Acrobat 以外のアプリケーション(例えば Microsoft Office に付属の Microsoft クリップオーガナイザーなど)を使用した場合に、スキャナーが正常に動作するか確認します。他のアプリケーションでも同様に問題が発生する場合は、スキャナーの製造元にお問い合わせください。

 注意 : Adobe Photoshop および Adobe Photoshop Elements は動作確認には適していない可能性があります。多くのスキャナーは、Photoshop および Photoshop Elements で問題が発生しないように、より厳密な動作確認に基づいて開発が行われています。

A-2. WIA の使用

Acrobat は TWAIN ドライバー以外に、WIA(Windows Image Aqcuisition)ドライバーもサポートしています。使用しているドライバーが WIA に対応している場合は、WIA ドライバーを使用してスキャンを行ってください。

以下の操作を行います。

  1. ファイル/作成/スキャナーから PDF/カスタムスキャンを選択します。
  2. 「スキャナー」ポップアップメニューから WIA ドライバーを選択します。



     注意 : 表示されるドライバーの名称は、製造元やモデルによって異なります。詳細はスキャナの製造元にお問い合わせください。





     
  3. その他、必要な設定を行い、「スキャン」をクリックします。

A-3. スキャナードライバーのアップデート

TWAIN ファイルが削除されたり、または破損していたりすると、TWAIN インターフェイス経由でのスキャン処理に問題が発生します。この場合は、最新のスキャナードライバーをインストールして、TWAIN ファイルを置き換えます。

ドライバーをインストールする前に、あらかじめ C:\Windows フォルダー内にある、「TWAIN」で始まる名前のすべてのファイルとフォルダーを削除します。(例えば TWAIN_32 フォルダーや TWAIN_32.dll ファイルなど)

ドライバーのインストール方法については、スキャナーに付属のマニュアルを参照するか、または製造元に問い合わせてください。 

A-4. 不要なプロセスやサービスを停止してスキャンを実行

システムのバックグラウンド動作している常駐プログラムやサービスによって、スキャン処理が妨げられることがあります。必要最小限の構成で Windows を起動し、Acrobat のみを起動してスキャンを行ってください。不要なプロセスやサービスを停止する方法については、以下の弊社技術文書を参照してください。

文書番号 cpsid_83224 システム構成ユーティリティで不要なサービスを停止する(Windows) 

A-5. 新規ユーザーアカウント

Windows ユーザーアカウントが破損することにより、予期しない問題が発生することがあります。管理者権限の新規ユーザーアカウントを作成し、作成したアカウントでスキャンを実行してください。ユーザーアカウントの作成方法については、以下の弊社技術文書を参照してください。

文書番号 cpsid_83227 新規ユーザーアカウントの作成方法

A-8. 他のアプリケーションで TIFF 画像としてスキャンしてから PDF に変換

他のアプリケーションでスキャンした画像を一度 TIFF 形式で保存し、その後 Acrobat で PDF ファイルに変換します。Acrobat を使用した PDF 変換の方法については、以下の弊社技術文書を参照してください。

文書番号 cpsid_91992 Acrobat を使用した PDF の作成方法について 

A-9. 一時ファイルの最適化

システムの一時ファイルを削除することにより、スキャンの問題が改善されることがあります。詳細は、文書番号 cpsid_92484 一時ファイルの最適化(Windows)を参照してください。

A-10. ネイティブインターフェイスの非表示

スキャンを行う場合、通常スキャナーに付属の設定画面(ネイティブインターフェイス)が表示され、そこでカラーモードやサイズ、解像度を指定することができますが、Acrobat ではスキャナーに付属の設定画面を非表示にして、Acrobat で設定を制御することができます。スキャナーのネイティブインターフェイスを無効にして、Acrobat 側で設定を変更するには、以下の操作を行います。

  1. ファイル/作成/スキャナーから PDF/カスタムスキャンを選択します。
  2. 「スキャナー」ポップアップメニュー右の「オプション」ボタンをクリックします。





     
  3. 「ユーザーインターフェイス」ポップアップメニューから「スキャナーのネイティブインターフェイスを非表示」を選択します。





     
  4. 「OK」をクリックします。
  5. 「入力」セクションでカラーモードや解像度、用紙サイズなどを変更できるようになります。必要な設定を指定して「スキャン」をクリックします。

A-11. 解像度の変更

特に OCR を行う場合など、スキャンの解像度を下げることによって、問題が改善されることがあります。スキャナーのネイティブインターフェイスで解像度を変更する方法については、スキャナーに付属のマニュアルなどを参照してください。スキャナーのネイティブインターフェイスが非表示の場合は、以下の操作を行います。

  1. ファイル/作成/スキャナーから PDF/カスタムスキャンを選択します。
  2. 「スキャナー」ポップアップメニューから、スキャナードライバーを選択します。
  3. 「解像度」ポップアップメニューから任意の解像度を選択します。





     
  4. その他、必要な設定を行い、「スキャン」をクリックします。

B. スキャン時のトラブルシューティング

スキャン時の問題には、サイズやカラー、OCR(文字認識)を行う際のエラーなど、さまざまな現象があり、それぞれ対処方法が異なります。以下の各セクションのうち、発生している問題に応じて必要な対処を行ってください。

B-1. スキャン時のサイズの問題

スキャンされた画像が切り抜かれていたり、サイズが変更されている場合は、Acrobat ではなくスキャナーソフトウェアのプレビューウィンドウで画像サイズを指定してください。サイズの指定方法については、スキャナーに付属のマニュアルを参照してください。

B-2. カラーが反転する場合の対処

白黒カラーモードで取り込んだ画像のカラーが反転する場合は、「白黒イメージを反転」オプションを有効にしてスキャンを行います。

  1. ファイル/作成/スキャナーから PDF/カスタムスキャンを選択します。
  2. 「スキャナー」ポップアップメニュー右の「オプション」ボタンをクリックします。
  3. 「白黒イメージを反転」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。 



B-3. スキャン時にエラーが発生する場合の対処

スキャン時にエラーが発生する場合は、データ転送方法とネイティブインターフェイスの表示設定を、現在の設定から変えてスキャンしてください。ネイティブインターフェイスの表示設定を変更する方法については、A-10. の手順を参照してください。データ転送方法を変更するには、以下の操作を行います。

  1. ファイル/作成/スキャナーから PDF/カスタムスキャンを選択します。
  2. 「スキャナー」ポップアップメニュー右の「オプション」ボタンをクリックします。
  3. 「データ転送方法」ポップアップメニューを、現在選択されている項目から変更し、「OK」をクリックします。 



B-4. OCR スキャンを行うとエラーが発生する場合の対処

「検索可能にする(OCR 実行)」オプションを有効にしてスキャンをするとエラーが発生する場合は、OCR を無効にし、かいぞうどwスキャンを行い、スキャンされた PDF に対して後から OCR を実行します。

  1. ファイル/作成/スキャナーから PDF/カスタムスキャンを選択します。
  2. 解像度を前回のスキャン時より低く設定します。
  3. 「検索可能にする(OCR 実行)」のチェックをはずします。その他の設定項目は初期設定のままにしておきます。





     
  4. その他、必要な設定を行い、「スキャン」をクリックします。
  5. スキャンが完了したら、表示/ツール/テキスト認識を選択します。
  6. 「このファイル内」を選択します。
  7. テキスト認識ダイアログボックスが表示されたら、「ページ」セクションで必要に応じてページ範囲を指定し、「OK」をクリックします。
  8. OCR が正常に実行され、テキストが認識されているか確認します。

追加情報 (Additional Information)

Acrobat で OCR 処理を実行する際、圧縮前の画像サイズの 3 倍以上の仮想メモリが必要とされます。メモリが不足しているとエラーメッセージが表示される場合があります。可能な限り、他のアプリケーションは同時に起動せず、不要なサービスやプロセスも終了してからスキャンを行ってください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー