この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

問題点 (Issue)

Internet Explore 10/11 で、Web ページ上の PDF リンクをクリックすると、空白のページが表示されます。

理由 (Reason)

Microsoft 社が Internet Explorer 10 に導入した拡張保護モードは、Internet Explorer 11 にも実装されており、初期設定で有効になっています。拡張保護モードが有効な場合、PDF ファイルへのリンクをクリックすると、警告が表示されます。拡張保護モードの警告に関する詳細は、こちらを参照してください。

「実行しない」または「常に無視する」を選択した場合、以降は同ドメイン内の PDF ファイルを Internet Explorer で表示することができず、空白の Web ページが表示されます。

解決方法 (Solution)

この問題を解決するには、Internet Explorer の閲覧履歴を削除し、再度対象のドメイン内で PDF ファイルを開きます。以下の操作を行います。

  1. Internet Explorer 画面右上の歯車のアイコンをクリックし、「インターネットオプション」を選択します。

  2. 閲覧の履歴セクションで、「削除」ボタンをクリックします。

  3. 「履歴」にチェックを入れ、「削除」をクリックします。

    注意:

    その他の項目は必要に応じてチェックを入れてください。項目の内容が分からない場合は、「履歴」と「お気に入り Web サイトデータを保持する」以外は全てチェックをはずしてください。

  4. 「OK」をクリックして、インターネットオプションダイアログボックスを閉じます。

  5. 再度、目的の PDF ファイルにアクセスします。

  6. 以下のいずれかの操作を行います。

    • 「コントロールの実行」と「実行しない」の 2 つのボタンが表示された場合は、「コントロールの実行」をクリックします。
    • 「無効にする」と「常に無視する」の 2 つのボタンが表示された場合は、「無効にする」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー