この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

Internet Explorer 10/11 の拡張保護モードを有効にすると、ブラウザー内で Adobe Acrobat または Adobe Reader を使用して PDF ファイルを開く際、以下のいずれかのダイアログボックスや警告が表示されます。

「この Web ページは 'Adobe PDF Reader' を実行しようとしています。」

注意:

注意 : 「Adobe PDF Reader」は、Acrobat または Adobe Reader を指しています。

  • 「“This webpage wants to run ‘Adobe PDF Reader’, which isn’t compatible with Internet Explorer’s enhanced security features. If you trust this site, you can disable Enhanced Protected Mode for this site and allow the control to run.”(この Web ページは、Internet Explorer の拡張保護モードと互換性の無い 'Adobe PDF Reader' を実行しようとしています。このサイトを信頼する場合、このサイトで拡張保護モードを無効にして、コントロールを実行することができます。)」

この警告が表示された場合は、以下のいずれかのボタンをクリックしてください。

  • 「コントロールの実行」 : Internet Explorer で PDF を開きます。
  • 「実行しない」 : PDF は開かれず、対象の Web サイト上では Acrobat または Adobe Reader がブロックされるようになります。以前に「Don't Run」を選択したドメイン上の PDF を開こうとしても、PDF は読み込まれず、空白のページが表示されます。Acrobat または Adobe Reader を有効にするには、閲覧の履歴を削除します。

「 この Web ページは 'AcroPDF.dll' を実行しようとしています。」

  • 「この Web ページは 'AcroPDF.dll' を実行しようとしています。このサイトを信頼する場合は、このサイトの拡張保護モードを無効にしてコントロールを実行できます。」

この警告が表示された場合は、以下のいずれかのボタンをクリックしてください。

  • 「無効にする」 : 現在の Web サイト(ドメイン)で拡張保護モードを無効にし、PDF を開きます。
  • 「常に無視する」 : 拡張保護モードを有効のまま維持し、Acrobat または Adobe Reader が PDF を開こうとする処理を無視します。その結果、空白のページが表示されるようになります。

「<ドメイン>からのこの Web ページは 'AcroPDF.dll' で表示されます。」

  • 「<ドメイン>からのこの Web ページは 'AcroPDF.dll' で表示されます。拡張保護モードを無効にしてコントロールを実行しますか?このサイトを信頼できる場合のみ無効にしてください。」

この警告が表示された場合は、以下のいずれかのボタンをクリックしてください。

  • 「OK」 : 現在の Web サイト(ドメイン)で拡張保護モードを無効にし、PDF を開きます。
  • 「キャンセル」 : PDF を開く処理がキャンセルされます。

警告「<ドメイン>から<PDF ファイル名>を開くか、または保存しますか?」

  • 「<ドメイン>から<PDF ファイル名>を開くか、または保存しますか?」

この警告が表示された場合は、以下のいずれかのボタンをクリックしてください。

  • 「ファイルを開く」 : ファイルを開きます。
  • 「保存」 : PDF ファイルをコンピューターに保存します。
  • 「キャンセル」 : PDF を開く処理がキャンセルされます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー