Acrobat DC のインストール時に、「既存のバージョンが検出されました」警告ダイアログボックスが表示されます。

この警告ダイアログボックスは、以下の条件が真の場合に表示されます。

1. Acrobat の旧バージョンがすでにインストールされている

2. Acrobat を以下からダウンロードしてインストールした

- https://acrobat.adobe.com/jp/ja/free-trial-download.html

- https://cloud.acrobat.com/acrobat

 

以前インストールした旧バージョンの Acrobat を DC とともに保持するには、「以前のバージョンを削除」オプションのチェックを外してください。

Creative Cloud デスクトップ・アプリケーションを使用した Acrobat DC のインストール

2015 年 9 月 24 日にリリースされたバージョン 2.3.0.151 では Acrobat DC のダウンロードとインストールが改善され、以前インストールした Acrobat のバージョンをサポートできるようになりました。

秋にリリースされた Acrobat DC には、必要に応じて Acrobat 10 または 11 の旧バージョンのパッチを適用する機能(無期限)が追加されました。


Acrobat DC の更新

Acrobat DC への更新時に、システムに以前インストールした旧バージョンの Acrobat を保持することを選択できます。
ただし、Acrobat の旧バージョンのすべてが Acrobat DC と共存できるわけではありません。·以前インストールした Acrobat のバージョンを Acrobat DC への更新時に保持できない場合、以下のメッセージのいずれかが表示されます。

「スキップして続行」を選択して他のアプリケーションを更新するか、「OK」を選択して Acrobat のみを更新します。Acrobat の旧バージョンをシステムからアンインストールして、Acrobat Pro DC をインストールします。

「スキップして続行」を選択して他のアプリケーションを更新するか、「OK」を選択して Acrobat のみを更新します。Acrobat の旧バージョンをシステムからアンインストールするか、または「戻る」を選択し、詳細オプションの「以前のバージョンを削除」を選択して、Acrobat DC をインストールします。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー