暗号サービスプロバイダのエラー

Acrobat DC または Acrobat Reader DCで PDF ドキュメントに署名する際、次のエラーメッセージが表示されます。

「Windows 暗号化サービスプロバイダがエラーを報告しました:キーが存在しません。」エラーコード : 2148073485"

背景: Acrobat では、バージョン 9.1 以降、SHA256 がデフォルトのハッシュアルゴリズムとなっています。ただし、以前のリリースでは、署名デバイス(例えば、スマートカードまたは USB トークン)やそのドライバーが SHA256 以降のハッシュをサポートしていない場合、署名を作成する際、失敗を防ぐために Acrobat または Reader がサイレントに SHA1 ハッシュを使用するようにフォールバックします。

Acrobat DC と Reader DC (15.016.20039)における変更点:Acrobat DC および Acrobat Reader DC リリース 15.016.20039 では、アドビは要求されたハッシュアルゴリズムの使用を強制します。規制および業界におけるコンプライアンスに対するお客様からの高い需要に応えて、アドビは SHA1 ハッシュへのサイレントフォールバックを廃止しました。エラーメッセージが表示され、要求されたハッシュアルゴリズムがサポートされていない場合は、後続の署名が失敗するのは、そのような理由からです。

解決策: 最新のドライバーの有無を確認してください。

ご使用の署名デバイスまたはドライバーの製造元に、更新されたドライバーがないか確認してください。このエラーを解決が解決されている可能性があります。

要求されたハッシュアルゴリズムが、署名デバイスによってサポートされていない場合、解決策としては次のページに記載されているように、レジストリキー aSignHashSHA1 に設定してください。ただし、これは推奨される方法ではありません。その理由は、そうすることですべてのシグニチャに対するデフォルトのハッシュアルゴリズムとして SHA1 が設定されるので、業界全体で廃止予定であるとみなされるからです。そのため、アドビでは、署名デバイスまたはドライバーの製造元に確認し、SHA256 以降のハッシュをサポートする新しいデバイスまたはドライバーを取得することを強くお勧めします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー