この文書では、Acrobat および Reader のドキュメントには含まれていない既知の問題とトラブルシューティングについて説明しています。 アドビは Acrobat XI および Reader XI のリリース時に、次の問題を確認しました。リリース後に発生した問題については、個別の技術文書やリリースノートで説明しています。アップデートで問題が解決した場合は、そのバージョン番号を記載しています。文書の各項目の末尾にある角括弧([])の番号は、バグ番号です。

その他の最新情報と既知の問題については、「Reader サポート」または「Acrobat サポート」を参照してください。

Adobe ID

Acrobat XI Pro アプリケーションには「Adobe ID」コンセプトが含まれています。シリアル番号を入力してインストールした場合は、任意の Adobe ID を入力する画面が表示されます。体験版としてインストールした場合は、Adobe ID の入力は必須です。

ライセンス認証

Acrobat XI は、猶予期間を経た後にライセンス認証が必要になります。インターネットに接続していなかったためにライセンス認証を行えなかった、ということも考えられます。体験版期間の後、「今すぐライセンス認証を行う」という確認ダイアログが表示されます(コンピューターがインターネットに接続されている必要があります)。体験版期間の後に製品を引き続き使用する場合は、体験版期間終了前にライセンス認証する必要があります。

現在、PDF ファイル内の SWF ファイルおよびポートフォリオのコンテンツを表示するには Flash が必要です。

Acrobat および Reader には Flash Player が組み込まれなくなりました。Acrobat および Reader で PDF ファイル内の SWF ファイルおよびポートフォリオのコンテンツを表示するには Flash Player が必要です。ご使用のシステムに Flash Player がない場合、PDF 内の SWF ファイルおよびポートフォリオのコンテンツを表示するには、Flash Player をインストールしてください。Flash を必要とする PDF を開くと、最新の Flash Player のダウンロードとインストールを求めるダイアログが表示されます。Flash を事前にインストールする場合は、以下のページにアクセスしてください。

Acrobat インストールメモ

PDF ファイル名の拡張子とレジストリ

直近にインストールされたアプリケーションバージョンには、Acrobat または Reader のレジストリエントリおよびファイル名の拡張子.PDFが「付与されています」。

インストール前

Acrobat または Reader をインストールする前に、次のセクション「デプロイメント/インストール」および「デプロイメントカスタマイズ」を参照し、上記の状況が該当するかどうかを確認します。

Adobe FormsCentral とインストール

インストールする前に、次のフォルダーを削除する必要がある可能性があります。

  • \AppData\Roaming\com.adobe.formscentral.FormsCentralForAcrobatPreRelease
  • Mac OS: ~/Library/Preferences/com.adobe.formscentral.FormsCentralForAcrobatPreRelease

Windows Acrobat のインストールとアンインストール

  1. 他のすべてのアプリケーションを閉じます。
  2. 重要: リリースされたバージョンをインストールする前に、Acrobat XI のプレリリースビルドをアンインストールします。
  3. コマンドラインで MSI を利用して 64 ビットマシンに Acrobat をインストールする場合、コンピューターに VC10 Runtime が見つからない場合は、パブリックプロパティ「IGNOREVC10RT=1」を指定してインストールを続行します。指定しない場合は、インストールが停止します。ユーザーインターフェイスモードで、ダイアログボックスが表示され、VCRT が見つからない場合にインストールを続行するか、それとも停止するかを求められます。インストールが setup.exe を利用して行われている場合、Acrobat MSI を生成している間にこのプロパティを常に渡しているため、インストールは停止することはありません。
  4. MSI を利用してインストールしていない場合、ユーザーインターフェイスベースのインストールについては、以下の手順に従ってください。
  5. Ssetup.exe をダブルクリックしてインストールを開始します。
  6. 言語選択ダイアログで目的の言語を選択し、「OK」をクリックします。
  7. 「Adobe Acrobat XI Pro セットアップ」画面で、「次へ」をクリックします。
  8. インストーラーはディスクスペースを計算し、以前のバージョンをチェックします。Acrobat X Pro など、Acrobat Pro の以前のバージョンが検出された場合は、「続行」を押してアンインストールします。
  9. ライセンス画面が表示されます。ご使用のシリアル番号を入力するか、または体験版モードでインストールします。
    注意: サブスクリプションオプションを購入した場合でも、体験版モードのインストールワークフローが表示されます。
  10. インストールレベル(初期設定では「通常」)を選択して、「次へ」をクリックします。
  11. インストール先のフォルダーを変更します(必要に応じて)。変更しない場合は、初期設定のフォルダーが表示されます。「次へ」をクリックします。
  12. 「インストール」をクリックします。これで、インストールが始まります。
  13. インストールと競合するプロセスが実行中である場合、インストーラーから、インストールを続行するには、競合するプロセスを停止するように求められます。プロセスを終了してから、インストーラーをクリックしてインストールを続行します。
  14. 最後に「セットアップが完了」と表示されたら、「完了」をクリックします。これで、Acrobat を起動できます。

初回起動時に、Adobe ID の入力を行います。

  1. アプリケーションの起動時に、使用許諾契約書に同意します。空白の使用許諾契約書が表示された場合は(Mac OS のみ)、上記セクション「空白の使用許諾契約書」を参照してください。
  2. インストールの際にシリアル番号を入力しなかった場合は、「ログイン要求」画面が表示されます。「ログイン要求」画面で、「今すぐログイン」をクリックします。Adobe ID とパスワードを入力します。Adobe ID をお持ちでない場合は、Adobe ID を作成します。「サインイン」をクリックします。
  3. インストールの際にシリアル番号を入力した場合は、「登録」画面が表示されます。「登録」画面で Adobe ID とパスワードを入力します。Adobe ID をお持ちでない場合は、Adobe ID を作成してください。「サインイン」をクリックします。

アプリケーションの言語

インストールの際に、インストールする言語を選択します。購入した言語を必ず選択してください。言語のが一致しない場合は、Acrobat をアンインストールし、購入した言語で再インストールします。英語のユーザーインターフェイスが組み込まれているため、編集/環境設定/言語を使用して、必要に応じて、英語に切り替えることができます。言語を変更したら、環境設定が有効になるように Acrobat を終了して再起動します。ご使用のライセンスで全言語が許可されている場合は、次の手順で言語の追加または削除を行えます。

  1. 「プログラムの追加と削除」コントロールパネル(XP)を使用するか、「プログラムと機能」コントロールパネル(Windows 7)を使用します。
  2. 「Acrobat XI Pro」を選択し、「変更」を選択します。
  3. 「修正」を選択し、言語の追加または削除を行います。

Adobe PDF への印刷時に、シリアル番号ダイアログが表示されます。

11.0.1 で新規 - この問題は、下記の条件がすべて満たされている場合に 11.0.1 へのアップデート後に発生します。

  1. Acrobat のシリアル番号の言語は英語のみで、オペレーティングシステムの言語は英語以外の言語の場合(例えば、オペレーティングシステムはフランス語で、シリアル番号は英語)
  2. 一度もAcrobat を起動していない場合
  3. Acrobat のインストールがコマンドラインで(UI インストールを介さず)実行された場合
  4. 任意のファイルを Adobe PDF プリンターに印刷するか、または任意の文書を右クリックして、「PDF に変換」を選択した場合

結果: シリアル番号ダイアログが表示され、PDF が作成されません。

回避策 1: PDF に印刷する前に、Acrobat を起動します。

回避策 2: レジストリキー「HKLM\Software\[wow6432node]\Adobe\Adobe Acrobat\11.0\Language\current\」を作成します(初期値「acrobat.dll」) [3488414]。詳細については、「Acrobat 11.0.01 を使用した印刷時にシリアル番号を求めるプロンプトが表示される」を参照してください。

Acrobat をアンインストールするには

  • ビルドをアンインストールする前に、「ヘルプ/ライセンス認証の解除」を選択して、ライセンス認証の解除を行います。
  • 続いて、「プログラムの追加と削除」(XP)、または「プログラムと機能」(Windows 7)から、アプリケーションをアンインストールします。
  • アンインストールが完了したら、コンピューターを再起動します。

Acrobat (Mac OS 版)のインストールとアンインストール

次の手順を使用して、ソフトウェアをインストールするか、または以前のバージョンからアップグレードします。Acrobat ダウンロード版を購入した場合、アドビでは、ダウンロードパッケージをバックアップする(できれば DVD に)ことを推奨しています。

Mac OS 上での Acrobat XI のインストールと起動

  1. コンピューターをインターネットに接続します。
  2. インストールの開始
    - Acrobat DVD 版をご購入の場合、DVD を DVD ドライブに挿入すると、アプリケーションファイルが表示されます。
    - Acrobat ダウンロード版をご購入の場合、DMG ファイルをダブルクリックして、イメージファイルをボリュームとしてマウントします。
  3. Adobe Acrobat XI Pro インストーラーパッケージ(.pkg)をダブルクリックしてインストールを開始します。「続行」をクリックします。
  4. ReadMe ファイルが表示されたら「続行」をクリックします。
  5. ライセンス画面が表示され、シリアル番号の入力を求められます。製品を体験版モードで使用している場合、またはサブスクリプションをご購入の場合は、シリアル番号を入力する必要はありません。シリアル番号を入力する場合は、マシンがインターネットに接続していることを必ず確認してください。
    注意: 体験版モードでインストールすると、ソフトウェアを最初の起動から 30 日間を体験期間として使用できます。
  6. プログラムのコピーのシリアル番号を入力します。個別のライセンス購入のシリアル番号は DVD ケースの外側に記載されています。アドビストアを利用して ESD (電子ソフトウェア配信)で購入した場合、シリアル番号は領収書ページに記載されています。また、個別ライセンス ESD で購入した場合、シリアル番号はオンライン注文の履歴(http://www.adobe.com/jp )で見つけることができます。アドビライセンス Web サイトを利用して購入した場合、シリアル番号はお客様の記録(http://licensing.adobe.com)で確認できます。
  7. 「インストールの種類」画面に切り替わります。インストールする製品コンポーネントを選択または選択解除することができます。また、インストールパスを変更することもできます。準備ができたら、「インストール」をクリックします。
  8. ダイアログが表示されたら、インストールする際の管理者認証情報を入力して続行します。
  9. インストールが完了したら、「完了」をクリックします。
  10. 初期設定では、Acrobat は「/Applications/Adobe Acrobat XI Pro」フォルダーにインストールされます。このフォルダーに移動して、Acrobat を起動します。Acrobat が起動したら、エンドユーザー使用許諾契約に同意します。
  11. インストールの際にシリアル番号を入力した場合は、下記の手順 12 を参照してください。Acrobat を体験版モードまたはサブスクリプション(Pro のみ)で使用している場合、「ログイン要求」画面が表示されます。「ログイン要求」画面で、「今すぐログイン」をクリックします。「ログイン」画面で、ご使用の Adobe ID とパスワードを入力します。Adobe ID をお持ちでない場合は、「Adobe ID を作成」をクリックします。指示に従って詳細な情報を入力します。続いて、「作成」をクリックします。指示に従って作成プロセスを完了します。「サインイン」をクリックします。
  12. インストールの際にシリアル番号を入力した場合は、「登録」画面が表示されます。「登録」画面で、ご使用の Adobe ID とパスワードを入力します。Adobe ID をお持ちでない場合は、「Adobe ID を生成」をクリックし、求めに応じて詳細な情報を入力します。続いて、「作成」をクリックします。指示に従って、Adobe ID の作成と登録プロセスを完了します。必要に応じて、「スキップ」を選択することもできます。
    重要: インターネットに接続してソフトウェアをライセンス認証してください。ライセンス認証は 30 日以内に行う必要があります。30 日後に、ソフトウェアは動作を停止します。

空白の使用許諾契約書

11.0.01 で修正済み - 問題: Mac OS のみ。起動時に、空白の使用許諾契約書が表示されます。この画面では使用許諾契約書に同意できないため、Acrobat が起動できません。この問題は、Creative Cloud または Creative Suite 6 がインストール済みで、単体製品の Acrobat を別途インストールした場合に発生します。

回避策: この問題を回避するには、Creative Cloud または Creative Suite に属する他の製品を起動し、「ヘルプ/ライセンス認証の解除」を選択してライセンス認証の解除を行いアプリケーションを終了します。続いて、Acrobat を起動し、使用許諾契約書に同意します。また、Creative Cloud 製品については、その製品を起動し、「このソフトウェアをライセンス登録」を選択してCreative Cloud 製品をもう一度有効にします。CS アプリケーションの場合は、その製品を起動してライセンスを再認証します。[3338419] 以下も参照: Acrobat XI の起動時に空白の EULA 画面が表示される

Mac OS® で Acrobat XI をアンインストールするには

  1. 「Acrobat XI アンインストーラー」をダブルクリックします。
  2. 画面に指示に従って Acrobat をアンインストールします。
  3. ダイアログが表示されたら、アンインストールする際の管理者認証情報を入力して続行します。
    注意: アンインストーラーでは Adobe Acrobat XI のファイルのみがシステムから削除されます。Adobe Reader のファイル、Acrobat ユーザーデータまたは他の Adobe アプリケーションで共有されているファイルは削除されません
  4. (オプション)作成した Adobe PDF 設定ファイルは Library/Application Support/Adobe PDF フォルダーから移動し、そのフォルダーをゴミ箱にドラッグします。

既知の問題

アクセシビリティ

  • 問題: スクリーンリーダーを起動中に Acrobat XI を初めて起動すると、
    「同意する」ボタンがすぐには表示されません。回避策: Tab キーを数回押すと、最終的に「同意する」ボタンが表示されます。[2704224]
  • 問題: 使用許諾契約書、ライセンス認証の解除、および登録のダイアログのボタンがリターンキーを押しても応答しません。回避策: スペースバーを押すか、マウスを使用します。[3144180, 3327992]
  • 問題: Firefox 4 の Reader および Acrobat 保護モードでは PDF の JAWSを読み上げることができません。
    [2866957] 回避策: 保護モードをオフにします。
  • 問題: Internet Explorer: 保護モードが有効の場合、ブラウザーウィンドウを再読み込みしないと、JAWS の読み上げが機能しません。
    その他の対処方法としては、「保護モード」をオフにします。[2747010]

ブラウザー

  • 11.0.01 で修正済み - 問題: ブラウザーで「今回のみこのホストを信頼する」または「常にこのホストを信頼する」を選択すると、グレー/空白の画面が表示されます。この問題は、IE、Firefox、および Chrome で発生します。回避策: 保護されたビューをオフにします(「環境設定/セキュリティ(拡張)/すべてのファイル」)。[3329058]
  • 問題: ユーザーが Firefox 19 以降にアップグレードすると、Firefox の初期設定の PDF はネイティブ PDF ビューアで開かれます。Adobe PDF ビューアプラグインでは開かれません。この問題は、Acrobat および Reader の以前のリリースでも発生します。

回避策: Firefox の Acrobat/ Reader Adobe PDF ビューアプラグインを使用して、PDF を表示するように Firefox 環境設定を手動で変更できます。Windows で、Firefox メニューから「Firefox」を選択します。続いて、「ツール/オプション/アプリケーション/コンテンツタイプ「Portable Document Format(PDF)」」を選択し、「Firefox で Adobe Acrobat を使用する」で開くように関連付けます。Macintosh で、Firefox メニューから「Firefox」を選択します。続いて、「環境設定/アプリケーション/コンテンツタイプ「Portable Document Format(PDF)」」を選択し、「Adobe Acrobat NPAPI プラグインを使用する」で開くように関連付けます。[3504563]

Adobe PDF プラグインを使用するようにブラウザーを設定してオンライン PDF ファイルを開くもご覧ください。

問題: Mac OS X 10.9.2 において Safari で PDF をレンダリングすると、「ズーム」フィールドと「ページ番号」フィールド、および「検索」フィールドがブラックアウトになります。この問題は Mac OS X 10.9.1 では発生しません。[3692624]

Citrix

  • 問題: CITRIX: Acrobat および Reader 11 は Citrix のアプリケーションストリーミングモードをサポートしません。[2810983]

クラウドの統合

  • 問題: Acrobat.com のログイン画面が Internet Explorer 7 では正しく機能しません。Internet Explorer 8 以上をご使用ください。
  • 問題: Windows 7 で、「サインインしたままにする」が選択されていない場合、Acrobat から Office 365 にログインできません。[3801175]
  • 問題: Mac OS のみ。acrobat.com をSafari で使用する場合、Safari 5.1 以降でないと動作しません。
  • 問題: Mac OS のみ。サードパーティプラグイン(PitStop 11 など)がインストールされている場合、ファイルを Acrobat.com に保存すると Acrobat が強制終了することがあります。[3332839]

デプロイメント/インストール

  • 問題: Acrobat をインストールまたは起動すると、ダイアログ「インターネット接続がありません」が表示されることがある。「オフラインでのライセンス認証」を選択し、リクエストコードを生成する手順に従い、オフラインでのライセンス認証を完了します。
  • 問題: Acrobat XI Pro アップグレード版をご購入の場合、Creative Suite 6 から Acrobat XI Pro にアップグレードしようとするときに、Creative Suite 6 が既にシステムに存在していても、Acrobat XI Pro は Creative Suite 6 を検出しません。起動の際に、Acrobat XI Pro が正規製品であることと、製品のシリアル番号の確認画面が表示されます。Acrobat X Pro を正規の製品として選択してから、Creative Suite 6 のシリアル番号を入力します。[3324657]
  • 問題: 起動ボリュームが大文字小文字を区別する場合、Acrobat が正しくインストールされません。
    回避策: 大文字と小文字を区別しないボリューム上にインストールします [2594334]
  • 問題: この問題は Windows 版のみです。同じコンピューター上に Acrobat X Standard が既に存在する状況で Acrobat XI をインストールすると、Microsoft Word で「PDFMaker リソースファイルが見つかりません」というエラーが表示されます。修正したり、Acrobat XI をアンインストールしても、Acrobat X Standard について同じエラーが表示されます。Acrobat X Standard を修正して PDFMaker と Acrobat X Standard を再び関連付ける必要があります。[3327895]
  • 問題: Windows のみ。Acrobat XI Pro をインストールするとき、以前リリースされた一部の Acrobat XI Pro に同梱されている LiveCycle Designer が削除されます。[3298879]

デプロイメント/インストール

  • 新規: Acrobat 11 のみ - 問題: Acrobat 11 を新規インストール後に、PDF をダブルクリックしても PDF が開きません。 [3647125]
    理由: 登録画面を非表示にし、使用許諾契約書に同意していてもダブルクリックで PDF を直接に開くようにするには、少なくとも一度は Acrobat で PDF を開く必要があります。
  • 11.0 で新たに見つかった問題: この問題は Mac OS 版のみです。Acrobat 9 または 10 がインストールされているコンピューターにおいて、Acrobat 11.0 をインストールしてから 11.0.4 にアップグレードすると、アップグレードに失敗する場合があります。エラーメッセージが表示されていても、そのまま Acrobat 11.0 を起動できます。続いて、アップグレード手続き時に 11.0.4 にアップグレードすると、Acrobat は Library/Preferences フォルダーにあるファイル(com.adobe.PDFAdminSettings.plist)で問題を報告します。また「低解像度で開く」設定がグレーで表示されます。

回避策:

1.Acrobat 11 をアンインストールします。

2.ファイル com.adobe.PDFAdminSettings.plist を Library/Preferences フォルダーから削除します。

3.Acrobat 11.0 を再インストールし、起動時に、「ヘルプ/アップデートの有無をチェック」を選択し、11.0.4 にアップグレードします。11.0.4 へのアップグレードが正常に完了します。

4.問題が引き続き発生する場合は、NSHighResolutionCapable 設定が次の場所にある Info.plist ファイルで「true」に設定されていることを確認します。

/Applications/Adobe Acrobat XI Pro/Adobe Acrobat Pro.app/Contents

キーは Info.plist ファイルで次のように表示されます。

NSHighResolutionCapable

また、この値は次のように設定されます。<true/>

NSHighResolutionCapable が true に設定されていない場合は、<true/> と表示されるように変更します。 

5.次に、ターミナルウィンドウを開いて、次のように入力します。

touch /Applications/Adobe/Acrobat/XI/Pro/Adobe/Acrobat/ Pro.app/

6.「低解像度で開く」設定に再びチェックを入れます。これでオンになります。[3631065]

  • 問題: Acrobat をインストールまたは起動すると、ダイアログ「インターネット接続がありません」が表示されることがあります。

回避策: 「オフラインでのライセンス認証」を選択し、リクエストコードを生成する手順に従い、オフラインでライセンス認証を完了します。

  • 問題: Acrobat XI Pro アップグレード版をご購入の場合、Creative Suite 6 から Acrobat XI Pro にアップグレードしようとするときに、Creative Suite 6 が既にシステムに存在していても、Acrobat XI Pro は Creative Suite 6 を検出できません。
    回避策: 起動時に、Acrobat XI Pro が正規の製品であることと、製品のシリアル番号を求められます。Acrobat X Pro を正規の製品として選択してから、Creative Suite 6 のシリアル番号を入力します。[3324657]
  • 問題: 起動ボリュームが大文字小文字を区別する場合、Mac OS はインストールを行いません。

回避策: 大文字と小文字を区別しないボリューム上にインストールします[2594334]

デプロイメント/カスタマイズ

Customization Wizard をはじめ、Acrobat のエンタープライズデプロイメント機能の詳細情報に関するリソースは「エンタープライズ管理者ガイド」です。

  • 問題: エンタープライズ版では、ユーザーが Acrobat のそれぞれのコピーのライセンス認証や Adobe ID の入力する必要が無いように設定できます。関連する状況として、マシンがインターネットに接続されていない場合があります。

解決策: Customization Wizard を使用してAcrobat をインストールする前にライセンス認証と Adobe ID をオフに設定してください。Customization Wizard の詳細については、「エンタープライズ管理者ガイド」を参照してください。

  • 問題: 認証プロキシーがシステムにある場合、APTEE プロビジョニングツールを利用してユーザー名とパスワードを入力する方法がありません。シリアル番号の検証に失敗する。回避策: オフライン例外を使用します。[3158635]

電子署名

  • 11.0.01 で修正済み - 問題: PDF に 2 つの署名があり、署名 2 にはチェーンに 3 つのリンクがある場合(署名 #1 は自己署名証明書から)、さらに、Mac OS において、Acrobat および Reader は(署名者の)エンドエンティティ証明書に無効な署名があると報告します。Windows プラットフォームでは、無効な署名エラーは報告されていません。

解決策: 11.0.01 アップデートを適用します [3328208]

ダイナミックスタンプ

10.1.10 および 11.0.07 で、共有レビュー のPDF で使用されているダイナミックスタンプおよびカスタムスタンプは、 PDF を閉じて再度開くと表示されません。PDF を再度開くときに、「コメントをパブリッシュする」ボタンをクリックすると、「# コメントが削除されました」と表示されます。「#」は文書内に存在するスタンプの数を示します。

拡張セキュリティと Internet Explorer

問題: ログインの際にログインダイアログが表示されると、Windows サーバーセキュリティプロンプト(Web サイトからコンテンツが Internet Explorer の拡張セキュリティ設定によってブロックされていることを示す)が表示されないことが原因で、セキュリティダイアログが表示されません。また有効な認証情報を入力後に「ログイン」ボタンをクリックしてみても、何も起こりません。

回避策: Internet Explorer のセキュリティ設定で https://adobeid-na1.services.adobe.com および https://www.adobe.com/jp を信頼済サイトに登録するとログインができるようになります。[3757146]

拡張セキュリティと Internet Explorer 9

  • 問題: Acrobat の環境設定から Internet オプションダイアログで、信頼済みサイト、制限付きサイトカテゴリーで Web サイトを追加/削除できない。既存の信頼済みサイトを削除することも Web サイトを既存のリストに追加することもできません。回避策: Internet Explorer 9 の設定ダイアログボックスから Internet オプションを変更します。(ツール/ Internet オプション) [3171074]

ヘルプ

  • 11.0.01 で修正済み - 問題: Adobe ヘルプがインストールされているとReader XI のオフラインヘルプのコンテンツが開きません。

回避策:

  1. Reader XI をインストールします。
  2. Adobe Community Help (CHC)を http://www.adobe.com/support/chc/ からインストールします。(あらかじめAdobe AIR および Flash Player がインストールしてください。)
  3. 「スタート/プログラム」メニューから Adobe Help を起動します。
  4. CHC の環境設定ダイアログボックスを開きます。
  5. ダウンロード環境設定セクションで、「Adobe Reader X」チェックボックスを有効にします。
  6. ローカルコンテンツセクション(CHC 環境設定ダイアログボックスの)に移動し、Adobe Reader X を使用してダウンロード/アップデートします。
  7. CHC を終了します。
  8. インターネットの接続を無効にします。
  9. Reader XI を起動し、「ヘルプ/ Adobe Reader XI ヘルプ」を選択します。

これで、システムがネットワーク接続していないときに「ヘルプ/ Adobe Reader XI ヘルプ」を選択すると、Reader は初期設定のブラウザーでオフラインヘルプコンテンツを開きます。[3300851]

  • 11.0.01 で修正済み - 問題: Acrobat の文書メッセージバーから Acrobat または Reader のヘルプを開くと、ブラウザーがフリーズします。(Internet Explorer の保護モードがオンのとき arh.exe がブロックされます。)。回避策: 「許可する」を選択しないで、「許可しない」を選択します。または「Internet Explorer 保護モード」をオフにします。[3317076]

Hi DPI と Retina ディスプレイ

  • 11.0.04 で改善済み(Mac OS) - 問題: Mac OS の場合、事象は改善していますが、Mac OS のコンピューターにおいて Apple Retina ディスプレイに表示すると、または Windows コンピューターにおいて Hi DPI ディスプレイに表示すると、Acrobat および Reader で一部のアイコンがピクセル化表示されているように見えることがあります。回避策はありません。[3511828]

LiveCycle Designer

  • LiveCycle Designer が Acrobat XI Pro (Windows 版)に組み込まれていません。

LiveCycle フォーム、Live Cycle Workspace および保護されたビュー

  • 問題: Acrobat / Reader 11.0 の「保護されたビュー」が有効な状態では、XFA フォームおよび LC ワークスペースはサポートされません。

説明: Acrobat / Reader 11.0 で保護されたビューが有効な状態で XFA フォームを開くと、黄色のバーが表示され、空白の PDF が表示されます。

回避策:

a) サーバーがイントラネットにある場合は、オプションを使用して、安全ではない場所でのみ保護されたビューを有効にすることを検討してください。

b) 今回のみこのフォームを信頼する、または永続的にこのフォームを信頼するを選択し、保護されたビューから切り替えます。

c) 保護されたビューを無効にします。

    LiveCycle Workspace では、どのワークフローを開いても、保護されたビューの黄色のバーとともに空白のページが表示されます。また、LiveCycle は同時に「完了」ボタンを表示します。このボタンは無効にできません。そのため、ユーザーは、実際のフォームは参照できませんが、ワークフローは送信可能です。[3316200]

PDF を開く

PDFMaker (AutoCAD 版)

  • 問題: ACAD 2013 ファイルを PDF に変換しようとすると、Acrobat からエラー「"An unexpected error occurred. PDFMaker was unable to produce Adobe PDF."(予期しないエラーが発生しました。PDFMaker は Adobbe PDF を作成できませんでした。)」が発生します。回避策: AutoCAD 2013 で DWG ファイルを開き、旧バージョンの形式(AutoCAD 2010/2011/2012)に変更します。[3163139]

PDF の所有権

  • 11.0.01 で修正済み - 問題: Reader のみ: Windows 8 (64 ビット)で Reader の保護モードが無効になっている場合は、「デフォルトの PDF ハンドラーを選択」は無効にしてください。手順:

1. Windows 8 (64 ビット)に Reader をインストールする

2. Reader を起動し、PM (環境設定/セキュリティ(拡張))をオフにする

3. Reader を終了する

4. Internet Explorer10 を起動し、いずれかの PDF を開く

5. Ctrl + K キー/一般

結果: 「初期設定の PDF ハンドラーを選択」は、Acrobat で有効になっているため、無効になっています。

解決策: 11.0.01 のアップデートをインストールして問題を修正します。[3313895]

  • 問題: 所有権を Reader XI に移すと所有権は復元されず、Reader XI はアンインストールされます。回避策: Acrobat を修復します。[3325450]

PDF 印刷

  • 問題: ブックレット印刷を使用して PDF を印刷すると、使用するプリンターによっは、正しく印刷されない可能性があります。この問題が発生する可能性のあるプリンターとして、HP 4700 および HP 2840 All-In-One などがあります。[2782167、2390174]
  • 問題: Windows 7 のみ。リダイレクトされた PostScript プリンターの場合、印刷の詳細設定ダイアログボックスで、作業用 RGB が常にカラープロファイルとして表示されます。カラー PostScript プリンターの場合は、印刷の詳細設定ダイアログボックスで、作業用 CMYK が常にカラープロファイルとして表示されます。モノクロ PostScript プリンターの場合は、印刷の詳細設定ダイアログボックスで、作業用グレースケールが常にカラープロファイルとして表示されます。手順:
  1. Windows XP において PostScript カラープリンターおよびモノクロプリンターをインストールします。
  2. コンピューターから、Mstsc.exe を使用して Windows 7 マシンにリモートデスクトップ接続します。
  3. Windows 7 のコンピューターで任意の PDF ファイルを開きます。
  4. Ctrl + P キーを押して、任意の「リダイレクトされたプリンター」/「詳細」を選択します。
  5. 「カラースペース」に表示されている内容を確認します。RGB がカラープロファイルとして表示されます。

回避策はありません [2683045]

PDF プリンター

  • 問題: Adobe PDF プリンターのカスタムページのサイズ制限は約 600 dpi です。それ以上の解像度(1200dpi など)で印刷を行うとプリンターエラーが発生し、文書がまったく印刷されない可能性があります。

回避策: 解像度を 600dpi未満でカスタムページサイズを使用します [2684339]

  • 問題: Windows XP 64 ビットで PowerPoint ファイルを扱う PDF プリンター(Distiller)が表示されません。

回避策: Windows XP Service Pack 2 (64 ビット版)および Windows Server 2003 R2 (64 ビット)では、Microsoft Hot Fix KB-930627 が必須です。[3329063] こちら Microsoft ヘルプドキュメントを参照してください

ポートフォリオ

  • 問題: Web サーバー上の PDF にリダイレクトする URL の Web コンテンツをプレビューすると、Acrobat および Reader で文字化け(ソースコード)が発生します。回避策はありません。[2711118]

Reader の保護モード

  • 11.0.01 で修正済み - 問題: 生成されるシステムレポートに、サンドボックスによる保護が有効な場合に、「無効」、保護が実際にはオ無効な場合に「有効」と表示されます。システムレポートをメインメニューから生成するには、「ヘルプ/オンラインサポート/システムレポートを生成」を選択します。
    解決策: 11.0.01 アップデートを適用します。[3324650]
  • 11.0.01 で修正済み - 問題: Internet Explorer において保護モードが有効な場合、arh.exe はブロックされるため、Acrobat / Reader のヘルプを文書メッセージバーから開くと、ブラウザーはフリーズします。

回避策: ブラウザーで保護モードを無効にする、ダイアログボックスで「許可しない」を選択、または 11.0.01 アップデートを適用します。[3317076]

保護されたビュー

  • 11.0.1 で修正済み - 問題: 「これは信頼された文書ではないため、この操作は許可されません」というメッセージが表示さます。Do you want to trust this document?(このドキュメントを信頼しますか?)」が、PDF フォーム FormsCentral を保存中に表示されます。「はい」と選択しても、何も起こりません。これは、保護されたビューの設定がオンのときのみ発生する事象です。(全ファイルまたは危険な可能性のある場所からのファイル)。
    回避策: セキュリティ(拡張)環境設定パネルで、保護されたビューをオフにします。[3318631]

Safari

問題: Safari PDF ブラウザープラグインを使用すると、Safari の「ファイル/別名で保存」機能が「ドキュメント「[ファイル名]」は「[ファイル名]」でエクスポートできませんでした。」というエラーメッセージが表示されて失敗します。

手順:

  1. Safari 5.1.5 以降がインストールされていることを確認します。
  2. Adobe Acrobat Pro 10.1.3 以降(Acrobat XI Pro でもこの問題は発生します。)がインストールされていることを確認します。
  3. PDF ファイルを Safari で読み込みます。
  4. ファイル/別名で保存を選択します。
  5. 名前を付けて、「OK」をクリックします。
  6. Safari に次のエラーが表示されます。「ドキュメント「[ファイル名]」は「[ファイル名]」でエクスポートできませんでした」

回避策: HUD (ヘッドアップディスプレイ)でサポート対象 Acrobat の「保存」ボタンを使用するか、従来のツールバーを使用します。HUD はフローティングツールバーです。マウスポインターを PDF の下部に乗せるとフェードイン/フェードアウトします。[3203840]

問題: Safari の「ファイル/プリント」を使用してもプリントができません。プレビューに何も表示されず、プリントアウトしても何も印刷されません。

回避策: HUD (ヘッドアップディスプレイ)でサポート対象 Acrobat の「保存」ボタンを使用するか、従来のツールバーを使用します。HUD はフローティングツールバーです。マウスポインターを PDF の下部に乗せるとフェードイン/フェードアウトします。[3216193]

Word の別名で保存

  • 問題: Word 文書の別名保存をしても、ヘブライ語テキストから PDF ファイルに正しくワード出力を生成しない。現在、回避策があります [2838335]

スキャン

  • 11.0.09 で新規 - 問題: Mac10.10.1 において ICA ウィンドウにスキャンオプションが表示されません。(Yosemite) [3860498]
    回避策: コントロール(カスタムサイズ、画像補正など)のいずれかをクリックすると、すべてのスキャンオプションが表示されます。
  • 問題: ICA コンパクトウィンドウで、自動原稿送り装置を使用すると、スキャンが失敗します。ICA ダイアログを終了し、開いているドキュメントをすべて閉じます。この問題は、HP OfficeJet 8500、Canon MX 868 などのスキャナーで発生しました。Mac OS X 10.7.4 で発生します。

    回避策: 問題のスキャナーを使用して開始した最初のスキャンで ICA がこのウィンドウをロードするときに、詳細な ICA ウィンドウに切り替えてください。これで問題は回避されます。この問題を解決する別の回避策として、ICA ダイアログで「詳細表示」をクリックして詳細ウィンドウを起動し、必要な設定を指定してスキャンします。[3169060]

    • 11.0.06 でアップデート済み - 問題: Mac 10.7.5 において、Image Capture を利用するとカラースキャンが動作しません。

    手順:

    1.Mac 10.7.5 で Acrobat Pro を起動してから、環境設定ダイアログに移動します。

    2. 「PDF に変換」カテゴリーに移動し、スキャンドライバーを「TWAIN」から「ImageCapture」に変更します。

    3. 「ファイル/作成/スキャナーから PDF」に移動し、種類ポップアップメニューから「カラー」を選択します。

    4. スキャナーの給紙装置やフラットベッドに用紙を数枚置きます。

    5.「スキャン」をクリックします。

    結果: エラー「選択されたカラーフォーマットはサポートされていません」というエラー発生します。

    回避策: この問題は Mac 10.7.4 では発生しません。[3333966] アップデート: この問題は Mac 10.8.5 でも発生しません。

    • 11.0.04 で新規 - 問題: Mac OS10.7.5 において、スキャン画像が部分的に乱れる。回避策: この問題は Mac 10.7.4 では発生しません。[3356448]

センドメール – Outlook 2003

  • 11.0.01 で修正済み - 問題: この問題が発生するのはは Reader のみです。保護モードが有効なとき、Outlook 2003 は下書きメールウィンドウを起動しない。回避策: 保護モードをオフにします。[3323494]

欧文スペルチェック

  • 問題: 表示されるスペル候補が以前のリリースと異なります。Acrobat XI では新しいスペルプラグインが提供されますが、表示スペル候補が少なかったり、適しない候補が含まれていたりします。[3195192]

Synchronizer

問題: 以前のマイナーバージョンの Acrobat または Reader があり、新しいマイナーバージョンが 11.0.07 以降であるとき:

  • Acrobat と Reader はともに、.07 以降にアップデートするときに新しい Synchronizer を取得します。
  • この新しい Synchronizer は、それが実行されている場合は、以前のサービスの操作およびサービス以外の操作をサポートします。
  • 以前の Synchronizer (11.0.07 以前)が実行されている場合、同期依存の操作は動作しません。[3746864]

Windows におけるタッチモード

  • 11.0.06 で新たに見つかった問題: Windows 7 で、Acrobat がタッチモードであるとき、検索または高度な検索フィールドはまだアクティブであり、通常はソフトキーボードは非表示になりませんが、検索または高度な検索フィールドに文字パレットから文字を選択すると、ソフトキーボードが閉じてしまいます。
    回避策: この問題は Windows 8 では発生しません。[3658729]
  • 11.0.06 で新たに見つかった: 問題: Windows 7 で、Reader がタッチモードであるとき、保護モードが有効になっていると、検索または高度な検索フィールドがアクティブであってもソフトキーボードは表示されません。
    回避策: この問題は Windows 8 では発生しません。[3658725]

アンインストール

  • 問題: Microsoft Word を実行中に、Acrobat をアンインストールしようとすると、「使用中のファイル」エラーメッセージが表示されます。「再試行」をクリックすると、「使用中のファイル」エラーメッセージが再度表示されます。回避策: Acrobat をアンインストールする前に先ず Microsoft Word を閉じるか、次のホットフィックスを適用するかのいずれかを行います。http://support.microsoft.com/kb/2649868/en-US [2721515]  

Web キャプチャー

  • 11.0 ~ 11.0.5 で新たに見つかり 11.0.6 で修正済み – 問題: 拡張保護モードが有効な場合、「Low」という名前のキャッシュフォルダーが見つからない場合、Web Capture は Windows 8 (32 ビット)プラットフォームで動作しません。

回避策: 手動で %USERPROFILE%\AppData\Local\Packages\windows_ie_ac_001\AC\INetCache に、キャッシュフォルダー「Low」を作成すると、Web Capture が動作を開始します。[3597910]

アップデート: この問題は 11.0.6 で修正されました。したがって、%USERPROFILE%\AppData\Local\Packages\windows_ie_ac_001\AC\INetCache に手動で「Low」という名前のキャッシュフォルダーを作成する必要はなくなりました。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー