トランザクションライセンスプログラム(TLP)および累積的ライセンスプログラム(CLP)から Adobe Acrobat アップグレードプランを削除 | FAQ

2021 年 12 月 1 日以降、永続ライセンス版プログラムのお客様は、Acrobat 永続ライセンス版アップグレードプランの新規購入ができなくなります。2022 年 2 月 1日以降は、Acrobat 永続ライセンス版アップグレードプランの更新は使用できなくなります。

この変更は、Adobe Acrobat 2017 および Adobe Acrobat 2020 に適用されます。

この問題の影響を受けるのは誰ですか?

Acrobat 永続ライセンス版のアップグレードプランを利用している、トランザクションライセンスプログラム(TLP)および累積ライセンスプログラム(CLP)のお客様のみが影響を受けます。

Acrobat 永続ライセンス版の新しいバージョンは提供されますか?

現在のところ、Acrobat 2020 以後の Acrobat 永続ライセンス版の新しいバージョンの計画はありません。

アップグレードプランにある他の製品は引き続き提供されますか?

現時点では、Acrobat 永続ライセンス版(Pro および Standard)のみがアップグレードプランから削除されることになっています。アップグレードプランを提供している他の製品は引き続き提供されます。

アップグレードライセンスとは何ですか?また、それはどのような仕組みですか?

アップグレードライセンスを購入すると、永続ライセンス版の製品の、次のバージョンに移行できます。Acrobat 永続ライセンス版の新しいバージョンがリリースされる場合、Acrobat 2020 のお客様は、アップグレードライセンスを購入して最新バージョンにアップグレードすることになります。アップグレードライセンスポリシーでは、永続ライセンス版のお客様が 1 バージョン前からアップグレードすることを許可しています。例えば、Acrobat 2017 のお客様は、Acrobat 2020 へのアップグレード SKU を購入する資格があります。それより前のバージョンの Acrobat は、アップグレード SKU の購入の対象外です。

アップグレードプランの顧客は、移行価格を利用できますか?

はい、2022 年 1 月 31 日に有効なアップグレードプランを利用しているすべてのお客様は、アドビ担当者またはアドビの正規販売店を通じて提供される VIP サブスクリプション価格を利用できます。

なにか対策がありますか? 

アドビは、モバイル機能、Microsoft への統合、共同作業の改善など、Acrobat DC のサービスに大きく投資しました。Acrobat Pro DC および Acrobat Standard DC により、お客様に文書の安全性を担保するだけでなく、お客様の従業員が、場所やデバイスを問わず生産性を向上させることができます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン