Acrobat Chrome 拡張機能を使用すると、Acrobat DC で SharePoint ドキュメントを直接開くことができます。この拡張機能は、ソースの場所を特定し、Acrobat DC でファイルのチェックアウト処理を開始します。

注意:

アドビは現在、Acrobat Chrome 拡張機能でこの新しいエクスペリエンスをテスト中です。そのため、一部のユーザーはこのエクスペリエンスを使用できない場合があります。

サポートされる環境

Windows のみ

サポートされるサーバー サポートされる認証メカニズム
  • SharePoint Server 2016、SharePoint Server 2013
  • オンプレミスサーバー
  • Kerberos
  • NT LAN Manager(NTLM)

注意:

SharePoint Server 2019、Microsoft Office 365、およびその他のオンラインサーバーはサポートされていません。

Acrobat で Chrome から取得した SharePoint PDF を開く

  1. SharePoint サイトでホストされている PDF ファイルを Chrome で開きます。

  2. ブラウザーでドキュメントが表示されたら、「Acrobat で開く」をクリックします。

    PDF を Acrobat で開く
  3. Acrobat でダイアログボックスが開かれ、ファイル名と保存場所が表示されます。次のいずれかの操作をおこないます。

    • ファイルをチェックアウトして開くには、「チェックアウトして開く」をクリックします。

    • チェックアウトしないでファイルを開くには、「開く」をクリックします。

    Acrobat で PDF ファイルをチェックアウトして開きます。

Chrome 拡張機能と SharePoint の連携、および SharePoint URL の許可リストを有効するレジストリキー

この機能はデフォルトでは無効になっています。これを有効にするには、以下で説明しているように、機能ロックダウンキーと SharePoint URL の許可リストを使用します。

bEnableSharePointInChromeExtn

データ型 論理値:DWORD 値 > REG_DWORD
デフォルト 0
バージョン #
2 月 9 日、連続トラック
HKLM パス FeatureLockDown
概要 Acrobat の Chrome 拡張機能に Sharepoint を連携するかどうかを指定します。
詳細

指定可能な値は以下のとおりです。

  • 0:Sharepoint の連携を有効にしません。
  • 1:有効にします。

tSharePointUrls

データ型 文字列値 > REG_SZ
デフォルト null
バージョン # 2 月 9 日、連続トラック
HKLM パス FeatureLockDown
概要 許可リストのために、複数の Sharepoint URL をパイプ文字で区切ったリストです。
詳細

Acrobat の Chrome 拡張機能では、bEnableSharePointInChromeExtn = 1 の場合、これらの URL は特に Sharepoint サーバーとして扱われます。指定可能な値は以下のとおりです。

  • ユーザー指定