Acrobat の 2018 年 12 月リリース版では、XPS ファイルから PDF への変換は無効になっています。Acrobat を使用して XPS ファイルを PDF に変換しようとすると、サポート対象のファイルタイプではありませんというメッセージが表示されます。

影響を受けるバージョン

製品 バージョン
Acrobat DC 19.010.20064
Acrobat 2017 17.011.30110
Acrobat 2015 Classic 15.006.30461

それでも XPS ファイルから PDF への変換機能を有効にしたい場合は、以下の手順に従いレジストリキーを作成します(Windows の場合)。

解決策:Windows 上で機能固有のレジストリキーを作成する

  1. 既に実行中の場合は、Acrobat アプリケーションを終了します。

  2. レジストリを開く - 「ファイル名を指定して実行」(「Windows + R」)に移動してから、空のフィールドに「regedit.exe」と入力してから「OK」をクリックします。

  3. レジストリエディターで、インストール済みの製品バージョンに基づき、以下のリストにあるバージョン固有の場所へ移動し、その場所にキー「FeatureState」を作成します。キーはデフォルトでは表示されていない場合があります。

    Acrobat DC (Continuous)の場合:

    • 場所:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\(Wow6432Node)\Adobe\Adobe Acrobat\DC\FeatureState

    Acrobat DC (Classic - Acrobat 2017)の場合:

    • 場所:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\(Wow6432Node)\Adobe\Adobe Acrobat\2017\FeatureState

    Acrobat DC (Classic - Acrobat 2015)の場合:

    • 場所:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\(Wow6432Node)\Adobe\Adobe Acrobat\2015\FeatureState
  4. FeatureState の下で、タイプ DWORD のキーを作成し、「BlockXPSParsing」と名前を付けます。この値を「0(ゼロ)」に変更します。

    注意:

    BlockXPSParsing の値が以下の場合、

    • 0:XPS から PDF への変更が Acrobat で有効です。
    • 1: Acrobat での XPS から PDF への変更は無効です。

  5. レジストリエディターを閉じます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー