Windows 10 の Acrobat DC で PDF を保存するときに、「読み取り専用になっているか、ファイルが使用中の可能性があります」というエラーが発生する

問題:Windows 10 の Acrobat DC で PDF ファイルを保存できない

Windows 10 の Acrobat DC で PDF を保存するときに、「読み取り専用になっているか、ファイルが使用中の可能性があります。別名でファイルを保存するか、別のフォルダーに保存してください」というエラーが発生します。

Acrobat DC で PDF ファイルを保存するときに表示されるエラー メッセージ

解決策:Windows 10 の「コントロールされたフォルダーアクセス」設定で Acrobat DC を許可します

コントロールされたフォルダーアクセスは、信頼できないアプリケーションによるドキュメントやファイルの変更を防ぐ Windows 10 の機能です。PDF ファイルの保存が Acrobat DC に許可されていないと、上記のようなエラーメッセージが表示されます。「コントロールされたフォルダーアクセス」の設定で、許可されたアプリケーションのリストに Acrobat を追加する必要があります。

コントロールされたフォルダーアクセスで Acrobat DC を許可する手順

  1. Acrobat DC を実行している場合は、終了します。

  2. Windows で、「スタート」をクリックして、設定 アイコンをクリックします。Windows の設定ダイアログが表示されます。

  3. 更新とセキュリティ」をクリックします。

    更新とセキュリティ
  4. 左側のペインで、「Windows セキュリティ」を選択し、「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。ウイルスと脅威の防止ダイアログが表示されます。

    「ウイルスと脅威の防止」を選択
  5. 「ウイルスと脅威の防止」で「設定の管理」をクリックします。

    「ウイルスと脅威の防止」で「設定の管理」をクリック
  6. 設定ウィンドウで「コントロールされたフォルダーアクセス」に移動し、「フォルダーアクセスの制御を管理する」をクリックします。

    コントロールされたフォルダーアクセスの管理
  7. アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する」をクリックします。

    アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する
  8. 許可されたアプリを追加する」をクリックします。ドロップダウンリストから「最近ブロックされたアプリ」を選択します。

    最近ブロックされたアプリケーションを許可
  9. 最近ブロックされたアプリケーションのリストで Acrobat.exe を探します。

    最近ブロックされたアプリ
  10. 許可されたアプリケーションのリストに Acrobat を追加するには、(+)記号をクリックします。

    許可されたアプリケーションのリストに Acrobat DC が追加されます。Acrobat DC で PDF ファイルを保存できます。