アクションについて

複数のファイルに対して同じコマンドを繰り返し実行する場合は、アクションを使用すると、時間を節約し、キー操作を省略することができます。アクションにより、指定した一連のコマンドを指定した設定に従い、指定した順序で一度に実行できます。このアクションは、1 つの文書、複数の文書または文書セット全体に適用できます。アクションを実行する前に、文書をスキャンし、いくつかの文書を単一の PDF に結合することもできます。

Acrobat では、いくつかのあらかじめ定義されたアクションが提供されています。また、独自のアクションを作成することもできます。ツール/アクションウィザードをクリックして、アクションにアクセスして管理できます。

Adobe Acrobat では、アクションやコマンドを書き出したり取り込んだりすることもできるので、他のユーザーとアクションやコマンドを共有できます。

注意:

アクションのインターフェイスおよびアーキテクチャは、Acrobat の以前のバージョンで利用可能なバッチスクリプトモードに置き換わるものです。Acrobat XI バッチスクリプトのほとんどは、アクションとして取り込むことができますが、いくつかのスクリプトは多少の変更が必要です。

アクションの実行

Acrobat では、作業の効率化に役立ついくつかの簡単なアクションがあらかじめ定義されています。あらかじめ定義されたアクションは、ファイルの配布準備に必要となる一般的な作業を実行します。これらのアクションを実行する前に、PDF ファイルを開いておく必要はありません。

注意:

パスワードを要求する PDF でシーケンスを実行するときに、パスワードの入力を求めるプロンプトを省略することができます。パスワードの入力を自動化するか、環境設定ダイアログボックスのアクションウィザードパネルで、これらのファイルのセキュリティ方法を指定します。「パスワードの入力を求めない」を選択すると、パスワードを必要とするファイルは処理されません。

  1. ツールアクションウィザードを選択します。 右側のパネルのアクションリストに、利用可能なアクションのリストが表示されます。

  2. このリストからアクションを選択します。右側のパネルが変わり、アクションに含まれる各タスクと、アクションの作成者から提供された操作説明が表示されます。

  3. 「処理するファイル」で「ファイルを追加」をクリックして、アクションを実行するファイルを選択します。現在開いているファイルに対してアクションを実行するか、さらにファイル、フォルダーまたは電子メールの添付ファイルを追加することができます。

  4. 処理するすべてのファイルが表示されたら、「開始」をクリックします。

  5. Acrobat でメッセージが表示されたら、出力の場所や設定などの追加情報を指定します。

進行状況インジケーターに、現在実行中のプロセスまたはタスクのステータスが表示されます。チェックマークは、完了したアクションまたはタスクを示します。すべてのタスクが正常に完了したら、パネルに「完了」というステータスが表示されます。

注意:

パネル内で「停止」をクリックすると、アクションの処理が停止します。処理が完了したファイルは、アクションで定義されたとおりに保存されます。「再開」をクリックして、アクションを続行します。または、RHP 内のアクション名の前にある X アイコンをクリックして、アクションの処理を終了します。

カスタムアクションの作成

アクションを操作しやすくするために、複数の手順をグループ化してパネルに追加したり、区切り線を追加したり、操作説明を含めたりすることができます。アクションを特定のファイルに制限したり、特定のフォルダー内のすべてのファイルに適用したり、ユーザーがスキャナー、Web ページ、クリップボードなどの様々なソースからファイルを選択できるようにすることもできます。

  1. ツールアクションウィザードを選択します。

    第 2 ツールバーにアクションウィザードツールセットが表示されます。

    注意:

    右側のパネルのアクションリストに、利用可能なアクションのリストが表示されます。

  2. 第 2 ツールバーで、「新規アクション」をクリックします。

    新規アクションを作成ダイアログボックスが表示されます。

  3. アクションを特定のファイルまたはフォルダー内のすべてのファイルに適用するには、右側の「処理するファイル」でファイル またはフォルダー をクリックします。ファイルまたはフォルダーに移動し、「開く」をクリックします。

  4. 追加するツールを選択」で、パネルを展開し、タスクをダブルクリックして追加します。複数のタスクを追加できます。タスクは、右側の「表示するアクションステップ」のリストに表示されている順に実行されます。

  5. タスクのオプションをあらかじめ定義するには、 設定を指定をクリックします。

  6. ユーザーにオプションの選択を求めるメッセージが表示されるようにするには、「ユーザーに確認」チェックボックスをクリックします。

  7. 必要に応じて他のタスクを追加します。

  8. 右側のボタンを使用して、アクションの詳細な設定を行います。新しいパネルグループや操作説明、区切り線を追加したり、リスト内の項目を移動または削除したりします。

    現在のタスクのセットの下部に、新しいパネルグループを作成します。メッセージが表示されたら、パネルの名前を入力し、「保存」をクリックします。

    現在選択されているタスクの下に操作説明を追加します。メッセージが表示されたら、操作説明を入力し、「保存」をクリックします。

    現在選択されているタスクの下に区切り線を追加します。

    現在選択されている項目をリストの上方に移動します。タスク、操作説明、区切り線、またはパネルグループ全体を移動できます。

    現在選択されている項目をリストの下方に移動します。タスク、操作説明、区切り線、またはパネルグループ全体を移動できます。

    現在選択されている項目を削除します。何を選択しているかに注意してください。パネルグループ全体も削除できます。

  9. 保存」をクリックします。

  10. アクションを保存ダイアログボックスで、アクションの名前と説明を入力し、「保存」をクリックします。

カスタムアクションの管理

アクションを管理ダイアログボックスを使用して、アクションの編集、名前の変更、コピー、削除、順番変更、取り込み、または書き出しを行います。

アクションの編集

  1. ツールアクションウィザードを選択します。

    第 2 ツールバーにアクションウィザードツールセットが表示されます。

    注意:

    右側のパネルのアクションリストに、利用可能なアクションのリストが表示されます。

  2. 第 2 ツールバーで、「アクションを管理」をクリックします。

    アクションを管理ダイアログボックスが表示されます。

  3. アクションを管理ダイアログボックスで、アクションを選択し、「編集」をクリックして、タスクまたは設定を変更します。アクションを編集ダイアログボックスを使用して、アクションをレビューし、変更を保存せずに終了することもできます。

    注意:

    標準提供されているアクションを編集することはできません。

  4. タスクを追加するには、追加するツールを選択ウィンドウの下のパネルを展開し、タスクをクリックします。

  5. 保存」をクリックします。

  6. アクションを保存ダイアログボックスで、必要に応じて説明を編集し、「保存」をクリックします。

アクションの名前の変更

  1. ツールアクションウィザードを選択します。

  2. 第 2 ツールバーで、「アクションを管理」をクリックします。

  3. アクションを管理ダイアログボックスで、アクションを選択して、「名前を変更」をクリックします。

    注意:

    標準提供されているアクションの名前を変更することはできません。

  4. アクションを保存ダイアログボックスで、新しい名前と説明(必要に応じて)を入力し、「保存」をクリックします。

アクションのコピー

アクションを複製し、コピーを保存する前にアクションのタスクを変更できます。

  1. ツールアクションウィザードを選択します。

  2. 第 2 ツールバーで、「アクションを管理」をクリックします。

  3. アクションを管理ダイアログボックスで、アクションを選択して、「コピー」をクリックします。

  4. アクションを保存ダイアログボックスで、アクションの名前と説明を入力し、「保存」をクリックします。

    選択したアクションの新しいコピーが作成され、「アクションを選択」リストに追加されます。

アクションの削除

  1. ツールアクションウィザードを選択します。

  2. 第 2 ツールバーで、「アクションを管理」をクリックします。

  3. アクションを管理ダイアログボックスで、アクションを選択して、「削除」をクリックします。

    注意:

    標準提供されているアクションを削除することはできません。

  4. 確認ダイアログボックスで、「はい」をクリックします。

アクションの書き出し

  1. ツールアクションウィザードを選択します。

  2. 第 2 ツールバーで、「アクションを管理」をクリックします。

  3. アクションを管理ダイアログボックスで、アクションを選択して、「書き出し」をクリックします。

  4. 名前を付けて保存ダイアログボックスで、アクションを保存するファイルの名前と場所を指定します。アクションファイルには、.sequ 拡張子が付いています。

  5. 保存」をクリックします。

アクションの取り込み

  1. ツールアクションウィザードを選択します。

  2. 第 2 ツールバーで、「アクションを管理」をクリックします。

  3. アクションを管理ダイアログボックスで、「取り込み」をクリックします。

    注意:

    .sequ ファイルをダブルクリックしてアクションを取り込むこともできます。

  4. 開くダイアログボックスで、取り込むアクションファイルを選択して、「開く」をクリックします。アクションファイルには、.sequ 拡張子が付いています。

  5. 確認ダイアログボックスで、「OK」をクリックします。

    注意:

    アクションに JavaScript が含まれている場合は、選択したアクションに JavaScript が含まれていることを示す警告メッセージが表示されます。「取り込み」をクリックして続行するか、「キャンセル」をクリックして取り込み処理を中止します。

アクションのためのパスワード入力の自動化

暗号化されている PDF やパスワードで保護されている PDF にアクションを実行する場合、事前にデジタル ID を設定して、必要なパスワードが自動的に入力されるようにすることができます。

注意:

環境設定ダイアログボックスのアクションウィザードパネルで、これらのファイルのセキュリティ方法を指定します。「パスワードの入力を求めない」を選択すると、パスワードを必要とするファイルは処理されません。

  1. 環境設定ダイアログボックスを開きます。

  2. 左側の「分類」で「署名」を選択します。

  3. 「ID と信頼済み証明書」で、「詳細」をクリックします。

  4. 左側で、「デジタル ID」を開き、「デジタル ID ファイル」を選択します。

  5. 右側の一覧で、ID を選択して、トップバーから次のコマンドを選択します。

    ログイン

    指定したデジタル ID を使用してログインします。パスワードを入力し、「OK」をクリックします。

    ログアウト

    アクションを実行し終えたら、指定されたデジタル ID を使用してログアウトします。

カスタムコマンドの作成および管理

カスタムコマンドを使用すると、透かしやヘッダーとフッターなどのコマンドをあらかじめ定義して、各コマンドの設定時間を短縮できます。これで、使用頻度の高いタスクにかかる時間を節約できます。

カスタムコマンドはシングルステップで、現在の文書に適用されます。一方、アクションはマルチステップシーケンスで、複数のファイルに適用されます。

カスタムコマンドの作成

  1. ツールアクションウィザード新規カスタムコマンドを選択します。

  2. 左側のパネルの新規カスタムコマンドダイアログに、カスタマイズ可能なコマンドのリストが表示されます。カスタマイズするコマンドを選択します。

  3. 必要に応じて、コマンドのラベルとツールチップを変更します。また、コマンドの実行時に、そのコマンド固有のオプションを表示するかどうかを選択します。

  4. コマンドオプション」をクリックします。ダイアログボックスで適切な値やオプションを選択または指定し、「OK」をクリックします。

  5. OK」をクリックして、新しいカスタムコマンドを保存します。

    右側のパネルにある「カスタムコマンド」セクションの下にコマンドが表示されます。

カスタムコマンドの実行

  1. ツールアクションウィザードを選択します。

  2. 右側のパネルにある「カスタムコマンド」セクションで、コマンドの名前をクリックします。

カスタムコマンドの管理

カスタムコマンドを管理ダイアログボックスを使用して、コマンドの編集、コピー、名前変更、削除、並べ替え、取り込みまたは書き出しを行います。

  1. ツールアクションウィザードを選択します。

  2. カスタムコマンドを管理ダイアログボックスで、リスト内のコマンドを選択し、適切なボタンをクリックします。画面に表示される指示またはメッセージに従ってタスクを完了します。

  3. 完了したら、「閉じる」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー