マニュアル キャンセル

アクセシビリティ対応の PDF の作成および検証(Acrobat Pro)

  1. Acrobat ユーザーガイド
  2. Acrobat の概要
    1. デスクトップ、モバイル、web から Acrobat にアクセス
    2. Acrobat の新機能
    3. ショートカットキー
    4. システム要件
  3. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. PDF を開いて表示
      1. PDF を開く
      2. PDF ページのナビゲーション
      3. PDF の環境設定の表示
      4. PDF の表示の調整
      5. PDF のサムネールプレビューを有効にする
      6. PDF をブラウザーで表示
    3. オンラインアカウントで操作
      1. Box からファイルにアクセス
      2. Dropbox からファイルにアクセス
      3. OneDrive からファイルにアクセス
      4. SharePoint からファイルにアクセス
      5. Google ドライブからファイルにアクセス
    4. Acrobat および macOS
    5. Acrobat 通知
    6. PDF のグリッド、ガイド、ものさし
    7. PDF での日中韓言語、キリル文字および右から左に表記されるテキスト
  4. PDF の作成
    1. PDF 作成の概要
    2. Acrobat での PDF の作成
    3. PDFMaker による PDF の作成
    4. Adobe PDF プリンターの使用
    5. Web ページを PDF に変換
    6. Acrobat Distiller による PDF の作成
    7. Adobe PDF 変換設定
    8. PDF のフォント
  5. PDF の編集
    1. PDF のテキストの編集
    2. PDF の画像またはオブジェクトの編集
    3. PDF ページの回転、移動、削除およびページ番号の付け直し
    4. スキャンされた PDF の編集
    5. モバイルデバイスのカメラで撮影した文書内の写真の補正
    6. PDF の最適化
    7. PDF のプロパティとメタデータ
    8. PDF 内のリンクと添付ファイル
    9. PDF レイヤー
    10. PDF のサムネール画像としおり
    11. アクションウィザード(Acrobat Pro)
    12. Web ページから変換された PDF
    13. プレゼンテーション用の PDF の設定
    14. PDF のアーティクル
    15. 地図情報 PDF
    16. PDF へのアクションおよびスクリプトの適用
    17. テキスト追加時にデフォルトのフォントを変更
    18. PDF からページを削除
  6. スキャンと OCR
    1. 文書をスキャンして PDF に変換
    2. 文書の写真を補正
    3. Acrobat を使用してスキャンする際のスキャナーの問題のトラブルシューティング
  7. フォーム
    1. PDF フォームの基本
    2. Acrobat で新規フォームを作成
    3. PDF フォームの作成と配布
    4. PDF フォームに入力
    5. PDF フォームフィールドのプロパティ
    6. PDF フォームの入力と署名
    7. PDF フォームでの操作ボタンの設定
    8. インタラクティブな PDF Web フォームの公開
    9. PDF フォームフィールドの基本
    10. PDF バーコードフォームフィールド
    11. PDF フォームデータの収集と管理
    12. フォームトラッカーについて
    13. PDF フォームヘルプ
    14. 電子メールまたは内部サーバーを使用して PDF フォームを受信者に送信する
  8. ファイルの結合
    1. 単一 PDF へのファイルの結合
    2. PDF ページの回転、移動、削除およびページ番号の付け直し
    3. PDF へのヘッダー、フッターおよび通し番号の追加
    4. PDF ページのトリミング
    5. PDF への透かしの追加
    6. PDF への背景の追加
    7. PDF ポートフォリオ内のコンポーネントファイルでの作業
    8. PDF ポートフォリオの公開と共有
    9. PDF ポートフォリオの概要
    10. PDF ポートフォリオの作成およびカスタマイズ
  9. 共有、レビュー、およびコメント
    1. オンラインでの PDF の共有とトラック
    2. 校正箇所の指示
    3. PDF レビューの準備
    4. PDF レビューの開始
    5. SharePoint または Office 365 サイトでの共有レビューのホスト
    6. PDF レビューへの参加
    7. PDF への注釈の追加
    8. PDF へのスタンプの追加
    9. 承認プロセス
    10. 注釈の管理 | 表示、返信、印刷
    11. 注釈の取り込みと書き出し
    12. PDF レビューのトラックと管理
  10. PDF の保存と書き出し
    1. PDF の保存
    2. PDF を Word に変換
    3. PDF を JPG に変換
    4. 他のファイル形式への PDF の変換または書き出し
    5. PDF 書き出し時のファイル形式オプション
    6. PDF コンテンツの再使用
  11. セキュリティ
    1. PDF の拡張セキュリティ設定
    2. パスワードによる PDF の保護
    3. デジタル ID の管理
    4. 証明書による PDF の保護
    5. 保護された PDF を開く
    6. PDF 内の機密情報の削除
    7. PDF のセキュリティポリシーの設定
    8. PDF のセキュリティ方法の選択
    9. PDF を開くときのセキュリティ警告
    10. Adobe Experience Manager による PDF の保護
    11. PDF の保護ビュー機能
    12. Acrobat と PDF のセキュリティの概要
    13. セキュリティリスクとしての PDF の JavaScript
    14. セキュリティリスクとしての添付ファイル
    15. PDF のリンクの許可またはブロック
  12. 電子サイン
    1. PDF 文書への署名
    2. モバイルデバイスでキャプチャした署名をあらゆるデバイスで使用
    3. 電子サイン用に文書を送信
    4. 証明書の署名について
    5. 証明書ベースの署名
    6. デジタル署名の検証
    7. Adobe Approved Trust List
    8. 信頼済み証明書の管理
  13. 印刷
    1. 基本の PDF 印刷処理
    2. 小冊子と PDF ポートフォリオの印刷
    3. PDF 印刷の詳細設定
    4. PDF に印刷
    5. PDF のカラー印刷(Acrobat Pro)
    6. カスタムサイズでの PDF の印刷
  14. アクセシビリティ、タグ、および折り返し
    1. アクセシビリティ対応の PDF の作成および検証
    2. PDF のアクセシビリティ機能
    3. PDF の読み上げ順序ツール
    4. 折り返しおよびアクセシビリティ機能を使用した PDF の読み上げ
    5. コンテンツパネルとタグパネルでの文書構造の編集
    6. アクセシブルな PDF の作成
  15. 検索とインデックスの作成
    1. PDF のインデックスの作成
    2. PDF ファイルの検索
  16. マルチメディアと 3D モデル
    1. PDF にオーディオ、ビデオおよびインタラクティブオブジェクトを追加
    2. PDF への 3D モデルの追加(Acrobat Pro)
    3. PDF での 3D モデルの表示
    4. 3D モデルのインタラクティブな操作方法
    5. PDF での 3D オブジェクトの測定
    6. PDF での 3D ビューの設定
    7. PDF 内の 3D コンテンツの有効化
    8. PDF へのマルチメディアの追加
    9. PDF での 3D デザインへの注釈の追加
    10. PDF でのビデオ、オーディオ、マルチメディアの再生
    11. ビデオへの注釈の追加
  17. 印刷工程ツール(Acrobat Pro)
    1. 印刷工程ツールの概要
    2. トンボとヘアライン
    3. 出力のプレビュー
    4. 透明の分割・統合
    5. カラー変換とインキの管理
    6. トラップ
  18. プリフライト(Acrobat Pro)
    1. PDF/X、PDF/A、PDF/E 準拠ファイル
    2. プリフライトプロファイル
    3. プリフライトの詳細な検査
    4. プリフライトレポート
    5. プリフライト結果、オブジェクトおよびリソースの表示
    6. PDF の出力インテント
    7. プリフライトツールでの問題のある領域の修正
    8. ドロップレットまたはプリフライトアクションによる文書の分析の自動化
    9. プリフライトツールを使用した文書の分析
    10. プリフライトツールでの追加のチェック
    11. プリフライトライブラリ
    12. プリフライト変数
  19. カラーマネジメント
    1. 一貫した色の保持
    2. カラー設定
    3. 文書のカラーマネジメント
    4. カラープロファイルでの作業
    5. カラーマネジメントの解説
注意:

完全チェックツールは、Acrobat DC でアクセシビリティチェックに名称が変更されます(2020 年 5 月リリース)。

Acrobat の各種ツールを使用して、アクセシブルな PDF を簡単に作成し、既存の PDF のアクセシビリティをチェックできます。Web Content Accessibility Guidelines(WCAG)2.0 や PDF/UA(Universal Access、または ISO 14289)などの一般的なアクセシビリティ規格に準拠した PDF を作成できます。ガイド付きのシンプルなワークフローで、以下の操作を実行できます。

PDF のアクセシブル化:定義済みのアクションで様々なタスクを自動化し、アクセシビリティをチェックします。また、手動で修正が必要な項目に対する実行手順も表示されます。問題のある領域をすばやく見つけて修正します。

アクセシビリティのチェック完全チェック/アクセシビリティチェックツールを使用すると、文書が PDF/UA や WCAG 2.0 などのアクセシビリティ規格に準拠しているかどうかを検証できます。

アクセシビリティステータスのレポートアクセシビリティレポートは、アクセシビリティチェックの結果をまとめたものです。問題の修正を支援するツールや文書へのリンクが記載されています。

PDF のアクセシブル化(Acrobat Pro)

アクセシブルにするアクションでは、PDF をアクセシブルにするために必要な手順が表示されます。欠落している説明やタイトルなど、文書のアクセシビリティに関する問題を解決するように求めるガイドが表示されます。スキャンされたテキスト、フォームフィールド、テーブル、画像など、さらにアクションが必要な一般的なエレメントを調べます。このアクションは、ダイナミックフォーム(XFA 文書)またはポートフォリオを除くすべての PDF に対して実行できます。

  1. ツールアクションウィザードを選択します。

    第 2 ツールバーにアクションウィザードツールセットが表示されます。

    注意:

    右側のパネルのアクションリストに、利用可能なアクションのリストが表示されます。

  2. アクションリストで、「アクセシブルにする」をクリックします。

    右側のパネルが切り替わり、アクセシブルにするアクションに含まれる各タスクとアクションの実行手順が表示されます。

  3. アクセシブルにするアクションを適用するファイルを選択します。デフォルトでは、現在開いている文書に対してアクションが実行されます。アクションを実行する追加のファイルまたはフォルダーを選択するには、「ファイルを追加」を選択します。

    PDF のアクセシブル化
    追加のファイルまたはフォルダーに対してレポートを実行するには、「ファイルを追加」を選択します。

  4. 開始」をクリックします。

  5. プロンプトに従って、アクセシブルにするアクションを完了します。

PDF のアクセシビリティのチェック(Acrobat Pro)

文書のアクセシビリティをテストする最良の方法は、読者が使用するツールを使用してみることです。ただし、それらのツールを持っていない場合でも、Adobe Acrobat の自動化されているチェック機能を使用して、PDF ファイルのアクセシビリティをチェックできます。Acrobat の完全チェック/アクセシビリティチェック機能を使用すると、アクセシブルな PDF の様々な特性をチェックできます。調査する問題の種類や結果のレポート方法を選択できます。

  1. ツールアクセシビリティを選択します。

    第 2 ツールバーにアクセシビリティツールセットが表示されます。

  2. 第 2 ツールバーで、「完全チェック/アクセシビリティチェック」をクリックします。

    アクセシビリティチェッカーのオプションダイアログボックスが表示されます。

  3. レポートのオプション」セクションで、結果の表示方法を指定するオプションを選択します。結果を HTML ファイルとしてシステムに保存することも、結果のファイルを文書自体に添付することもできます。

  4. 文書をいくつかのページに分けて完全チェックを行う場合は、ページの範囲を選択します。

    注意:

    文書が大きい場合は、完全チェック/アクセシビリティチェックは一度に 1 つのページに対して実行する方が効率的です。

  5. チェックするオプション」を 1 つまたは複数選択します。

  6. チェック開始」をクリックします。結果は左側のアクセシビリティチェッカーパネルに表示されます。ここには、問題を解決するために役立つリンクやヒントも表示されます。手順 2 でレポートを作成した場合は、選択したフォルダーに結果が保存されます。

    完全チェックアクセシビリティチェック機能ではコンテンツタイプが必須かどうかまでは判断できないので、読みやすさに影響しない問題も報告される可能性があります。すべての問題について修正が必要かどうかを検討することをお勧めします。

    レポートには、ルールチェックごとに次のいずれかのステータスが表示されます。

    • 合格この項目はアクセシブルです。
    • スキップアクセシビリティチェッカーのオプションダイアログボックスで選択されなかったので、この項目はチェックされませんでした。
    • 手動チェックが必要完全チェック/アクセシビリティチェック機能では、この項目は自動チェックされませんでした。この項目は手動で検証してください。
    • 不合格この項目はアクセシビリティチェックに合格しませんでした。
    Acrobat のアクセシビリティチェッカー
    アクセシビリティチェッカーのルールのステータス

注意:

完全チェック/アクセシビリティチェックに加えて、Acrobat には PDF のアクセシビリティをチェックするための他の方法も用意されています。

  • 折り返し表示を使用すると、読み上げ順序を迅速にチェックできます。
  • テキストを音声にするツールを使用する読者の操作性を調べるには、読み上げ機能を使用します。
  • 文書をアクセシブルテキストとして保存した後、保存したテキストファイルをワープロソフトで読み込みます。これにより、点字プリンターを使用する読者がおこなうように、文書の読み上げをおこなうことができます。
  • PDF の構造、読み上げ順序およびコンテンツを調べるには、読み上げ順序ツール順序パネル、タグパネルおよびコンテンツパネルを使用します。

アクセシビリティの問題の修正(Acrobat Pro)

完全チェック/アクセシビリティチェックの実行後に不合格の項目を修正するには、アクセシビリティチェッカーパネルでその項目を右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックします(Mac OS)。コンテキストメニューから、次のいずれかのオプションを選択します。

修正:

Acrobat が自動で項目を修正するか、手動で修正するように指示するダイアログボックスが表示されます。

ルールをスキップ:

この文書の今後のチェックで使用されるアクセシビリティチェッカーのオプションダイアログボックスで、この項目の選択を解除し、この項目のステータスを「スキップ」に変更します。

説明:

オンラインヘルプを開きます。ヘルプでは、アクセシビリティの問題に関する詳細を確認できます。

再チェック:

すべての項目について、チェッカーを再実行します。項目を 1 つ以上変更した後は、このオプションを選択します。

レポートを表示:

不合格のチェック項目を修正するヒントへのリンクを含むレポートを表示します。

オプション:

アクセシビリティチェッカーのオプションダイアログボックスが開き、実行するチェックを指定できます。

アクセシビリティに関する問題

文書

セキュリティ設定のスクリーンリーダーへの干渉の防止

文書の作成者は、アクセシブルな PDF のどの部分についてもコピー、印刷、抽出、注釈、編集を許可しないように指定できます。スクリーンリーダーは、音声に変換するために文書のテキストをコピーまたは抽出する機能が必要なので、この設定はスクリーンリーダーの文書の読み上げ機能を制限する可能性があります。

このフラグは、アクセシビリティを許可するセキュリティ設定を有効にする必要があるかどうかをレポートします。

ルールを自動で修正するには、アクセシビリティチェッカーパネルで「アクセシビリティ権限フラグ」を選択します。次に、オプション メニューで「修正」を選択します。

または、アクセシビリティ権限を手動で修正します。

  1. ファイルプロパティセキュリティを選択します。

  2. セキュリティ方法」ドロップダウンリストから「セキュリティなし」を選択します。

  3. OK」をクリックして文書のプロパティダイアログボックスを閉じます。

信頼できるエージェントとしてアドビに登録されている支援テクノロジー製品は、別の支援テクノロジー製品からはアクセスできない PDF でも読み上げることができます。Acrobat は、スクリーンリーダーまたはその他の製品が信頼できるエージェントであることを認識し、アクセシビリティのために、コンテンツへのアクセスを制限している通常のセキュリティ設定を上書きします。ただし、セキュリティ設定は、印刷、コピー、抽出、注釈の追加、テキストの編集の防止など、他のすべての目的に対して有効です。

注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.1.1 非テキストコンテンツ(レベル A)、4.1.2 名前、役割、値

画像のみの PDF

アクセシブルでない非テキストコンテンツが文書に含まれているかどうかをレポートします。文書にテキストが含まれていてもフォントが含まれてない場合は、画像のみの PDF ファイルであると考えらえます。

このルールチェックを自動で修正するには、アクセシビリティチェッカーパネルで「画像のみの PDF」を選択し、オプション メニューから「修正」を選択します。

または、このルールチェックを手動で修正するには、OCRを使用して、スキャンした画像のテキストを認識します。

  1. ツールスキャンと OCR の順に選択します。

    第 2 ツールバーにスキャンツールセットが表示されます。

  2. 第 2 ツールバーで、テキスト認識このファイル内を選択します。

  3. 処理するページと文書の言語を選択し、「テキスト認識」をクリックします。

注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.1.1 非テキストコンテンツ(レベル A)

タグ付き PDF

このルールチェックが不合格になった場合、その文書は正しい読み上げ順序を指定するようにタグ付けされていません。

この項目を自動で修正するには、アクセシビリティチェッカーパネルで「タグ付き PDF」を選択し、「修正」を オプション メニューから選択します 。Acrobat がタグを自動で PDF に追加します。

タグを手動で指定するには、次のいずれかの操作を行います。

  • PDF を作成したアプリケーションでタグを有効にして、PDF を再作成します。
  • Acrobat でツールアクセシビリティ自動タグ文書を選択します。問題がある場合は、ナビゲーションパネルに「タグ付けレポート」が表示されます。このレポートには、ページ別にまとめられた潜在的な問題のリスト、各問題へのナビゲーションリンク、および修正のための提案が書かれています。
  • Acrobat でツールアクセシビリティ読み上げ順序を選択し、タグツリーを作成します。詳しくは、読み上げ順序ツールの概要を参照してください。
  • タグ パネル を開き、タグツリーを手動で作成します。タグパネルを表示するには、表示表示切り替えナビゲーションパネルタグを選択します。詳細については、コンテンツパネルとタグパネルでの編集文書構造を参照してください。
注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.3.1 情報および関係性、1.3.2、2.4.1、2.4.4、2.4.5、2.4.6、3.1.2、3.3.2、4.1.2 名前、役割、値

論理的な読み上げ順序

このルールチェックは手動で検証します。タグパネルに表示された読み上げ順序を、文書の読み上げ順序と一致させます。

文書の言語

PDF に文書の言語を設定すると、一部のスクリーンリーダーは適切な言語に切り替えることができます。このチェックでは、PDF にテキストの優先言語が指定されているかどうかを判定します。このチェックが不合格になった場合は、言語を設定します。

この言語を自動で設定するには、アクセシビリティチェッカータブで「優先言語」を選択し、オプション メニューから「修正」を選択します。読み上げ言語を設定ダイアログボックスで言語を選択し、「OK」をクリックします。

言語を手動で設定するには、次のいずれかの操作を行います。

  • ファイルプロパティ詳細設定を選択して、「読み上げオプション」セクションのドロップダウンリストで言語を選択します(ドロップダウンリストに目的の言語が表示されない場合は、「言語」フィールドに目的の言語の ISO 639 コードを入力できます)。この設定は、PDF 全体の優先言語に適用されます。
  • タグツリーのサブツリーに属するすべてのテキストの言語を設定します。タグ パネルを開きます。タグのルートを展開し、エレメントを選択します。次に、オプションメニュー から「プロパティ」を選択します。「言語」ドロップダウンリストから言語を選択します(タグパネルを表示するには、表示表示切り替えナビゲーションパネルタグを選択します)。
  • コンテンツ パネルでテキストエレメントまたはコンテナエレメントを選択し、テキストの言語を設定します。次に、テキストを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックして(Mac OS)、コンテキストメニューから「プロパティ」を選択し、「言語」ドロップダウンリストから言語を選択します(コンテンツパネルを表示するには、表示表示切り替えナビゲーションパネルコンテンツを選択します)。
注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:ページの言語(レベル A)

タイトル

Acrobat アプリケーションのタイトルバーにタイトルがあるかどうかをレポートします。

タイトルを自動で修正するには、「アクセシビリティチェッカー」タブで「タイトル」を選択し、オプション  メニューから「修正」を選択します。概要ダイアログボックスで文書のタイトルを入力します(必要に応じて「変更しない」の選択を解除します)。

または、タイトルを手動で修正します。

  1. ファイルプロパティ概要を選択します。

  2. タイトル」テキストボックスにタイトルを入力します。

  3. 開き方」をクリックし、「表示」ドロップダウンリストから「文書のタイトル」を選択します。

  4. OK」をクリックして、概要ダイアログボックスを閉じます。

注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:2.4 ページタイトル(レベル A)

しおり

このチェックでは、21 ページ以上あり、文書構造に対応しているしおりがない文書が不合格になります。

文書にしおりを追加するには、アクセシビリティチェッカーパネルで「しおり」を選択し、オプション メニューから「修正」を選択します。ストラクチャエレメントダイアログボックスで、しおりとして使用するエレメントを選択して「OK」をクリックします(ストラクチャエレメントダイアログボックスには、「しおり」タブでオプションメニューをクリックし、「ストラクチャから新規しおり作成」コマンドを選択してアクセスすることもできます)。

注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:2.4.1 ブロックスキップ(レベル A)、2.4.5 複数の到達手段(レベル AA)

色のコントラスト

このチェックが不合格になった場合、色覚障害のあるユーザーにとってアクセシブルでないコンテンツが文書に含まれている可能性があります。

この問題を修正するには、文書のコンテンツを、WCAG セクション 1.4.3 のガイドラインに従って変更します。または、PDF ビューアでハイコントラスト色を使用するという推奨事項に従います。

  1. 編集環境設定(Windows)または Acrobat環境設定(Mac OS)を選択します。

  2. アクセシビリティ」をクリックします。

  3. カラーの表示を調整」を選択して、「ハイコントラスト色を使用」を選択します。ドロップダウンリストから色の組み合わせを選択し、「OK」をクリックします。

ページコンテンツ

タグ付きコンテンツ

このチェックは、文書のすべてのコンテンツがタグ付きかどうかをレポートします。文書内のすべてのコンテンツをタグツリーに含めるか、ページ装飾としてマークします。

このルールチェックを修正するには、次のいずれかの操作を行います。

  • コンテンツ パネルを開き、ページ装飾としてマークするコンテンツを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックします(Mac OS)。コンテキストメニューから「ページ装飾を作成」を選択します(「コンテンツ」タブを表示するには、表示表示切り替えナビゲーションパネルコンテンツを選択します)。
  • ツールアクセシビリティ読み上げ順序を選択して、コンテンツにタグ付けします。コンテンツを選択して、必要に応じてタグを適用します。
  • タグ パネルを使用して、タグを割り当てます。タグツリーでエレメントを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックして(Mac OS)、「選択範囲からタグを作成」を選択します。コメント、リンク、注釈などの項目は、タグツリーに常に表示されるわけではありません。これらの項目を探すには、オプションメニューで「検索」を選択します(タグパネルを表示するには、表示表示切り替えナビゲーションパネルタグを選択します)。
注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.1.1 非テキストコンテンツ(レベル A)、1.3.1 情報および関係性(レベル A)、1.3.2 意味のある順序(レベル A)、2.4.4 文脈におけるリンクの目的(レベル A)、3.1.2 部分的に用いられている言語(レベル AA)、4.1.2 名前、役割、値

タグ付き注釈

このルールは、すべての注釈がタグ付きかどうかをチェックします。コメントや編集上のマーク(挿入やハイライト)などの注釈をタグツリーに含めるか、ページ装飾としてマークします。

  • コンテンツ パネル を開き、ページ装飾としてマークするコンテンツを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックします(Mac OS)。コンテキストメニューから「ページ装飾を作成」を選択します(コンテンツパネルを表示するには、表示表示切り替えナビゲーションパネルコンテンツを選択します)。
  • ツールアクセシビリティ読み上げ順序を選択して、コンテンツにタグ付けします。コンテンツを選択して、必要に応じてタグを適用します。
  • タグ パネル を使用して、タグを割り当てます。(タグパネルを表示するには、表示表示切り替えナビゲーションパネルタグを選択します)。

Acrobat で注釈の作成時に自動的にタグを割り当てるには、タグパネルのオプションメニューから「注釈作成時にタグを作成」を選択します。

注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.3.1 情報および関係性(レベル A)、4.1.2 名前、役割、値

タブの順序

PDF 内の移動にはタブがよく使用されるので、タブの順序は文書構造に対応している必要があります。

タブの順序を自動で修正するには、アクセシビリティチェッカーパネルで「タブの順序」を選択し、オプション メニューから「修正」を選択します。

リンク、フォームフィールド、コメント、およびその他の注釈に関してタブの順序を手動で修正するには、以下の操作を行います。

  1. ナビゲーションパネルで「ページサムネール」をクリックします。

  2. ページサムネールをクリックし、オプション メニューから「ページのプロパティ」を選択します。

  3. ページのプロパティダイアログボックスで「タブの順序」を選択します。「文書構造を使用」を選択し、「OK」をクリックします。

  4. 文書内のすべてのサムネールに対して、この手順を繰り返します。

注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:2.4.3 フォーカス順序(レベル A)

文字エンコーディング

文字エンコーディングを指定すると、ユーザーが読み取れるテキストが PDF ビューアに表示されます。ただし、 文字エンコーディング の一部の問題は、Acrobat では修正できません。

適切なエンコーディングを指定するには、次の操作を行います。

  • 必要なフォントがシステムにインストールされていることを確認します。
  • 元の文書で別のフォント(OpenType を推奨)を使用して、PDF を再作成します。
  • 新しいバージョンの Acrobat Distiller を使用して、PDF ファイルを再作成します。
  • 最新の Adobe PostScript ドライバーを使用して PostScript ファイルを作成した後、PDF を再作成します。
注意:

WCAG は Unicode 文字のマッピングについて規定していません。

タグ付きマルチメディア

このルールは、すべてのマルチメディアオブジェクトがタグ付きかどうかをチェックします。コンテンツをタグツリーに含めるか、ページ装飾としてマークします。

コンテンツ パネルを開き、ページ装飾としてマークするコンテンツを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックします(Mac OS)。コンテキストメニューから「ページ装飾を作成」を選択します(コンテンツパネルを表示するには、表示表示切り替えナビゲーションパネルコンテンツを選択します)。

ツールアクセシビリティ読み上げ順序を選択して、コンテンツにタグ付けします。コンテンツを選択して、必要に応じてタグを適用します。

タグ パネルを使用して、タグを割り当てます。タグツリーでエレメントを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックして(Mac OS)、「選択範囲からタグを作成」を選択します(タグパネルを表示するには、表示表示切り替えナビゲーションパネルタグを選択します)。

注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.1.1 非テキストコンテンツ(A)、1.2.1 収録済みの音声しか含まないメディアおよび収録済みの映像しか含まないメディア(A)、1.2.2 収録済みのキャプション(A)、1.2.3 収録済みの音声ガイドまたはメディアの代替(A)、1.2.5 収録済みの音声ガイド(レベル AA)

画面のちらつき

アニメーションやスクリプトなど、画面のちらつきを発生させる要素は、光過敏性てんかんのあるユーザーが発作を起こす原因となる可能性があります。これらの要素は、拡大した画面を見えにくくするという特徴もあります。

画面のちらつきルールに不合格の場合、画面のちらつきの原因となるスクリプトやコンテンツを手動で削除または変更します。

注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.1.1 非テキストコンテンツ(A)、1.2.1 収録済みの音声しか含まないメディアおよび収録済みの映像しか含まないメディア(A)、1.2.2 収録済みのキャプション(A)、1.2.3 収録済みの音声ガイドまたはメディアの代替(A)、2.3.1 3 回の閃光またはしきい値以下(レベル A)

スクリプト

コンテンツと機能が両方とも支援テクノロジーにアクセシブルでない限り、コンテンツはスクリプト依存になりません。スクリプトが、キーボードナビゲーションに悪影響を及ぼしたり、入力デバイスの使用を妨げたりすることのないようにしてください。

スクリプトは手動でチェックします。アクセシビリティを低下させるスクリプトやコンテンツは、削除または変更します。

注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.1.1 非テキストコンテンツ(レベル A)、2.2.2 一時停止、停止、非表示(レベル A)、4.1.2 名前、役割、値

時間制限のある応答

このルールチェックは、JavaScript のフォームを含む文書に適用します。このルールチェックが不合格になった場合は、そのページが時間制限のある応答を必要としないようにします。ユーザーに時間制限のある応答を強要するスクリプトは編集するか削除して、ユーザーがコンテンツを読んだり使用するときの時間を十分確保できるようにします。

注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:2.2.1 調整可能な制限時間(レベル A)

スクリーンリーダーがアクセスできる URL にするには、PDF で適切にタグ付けされたアクティブリンクにする必要があります(アクセシブルなリンクを作成する最も良い方法は、「リンクを作成」コマンドを使用することです。このコマンドは、スクリーンリーダーがリンクを認識するために必要な 3 つのリンクすべてを追加します)。ナビゲーションリンクを繰り返し使用せず、また、複数回表示されるリンクをユーザーがスキップする方法を提供するようにします。

このルールチェックが不合格になった場合は、ナビゲーションリンクを手動でチェックして、コンテンツに含まれるリンクが多すぎないようにします。また、複数回表示される項目をユーザーがスキップする方法も提供します。例えば、文書の各ページに同じリンクが出現する場合は、「ナビゲーションをスキップ」リンクも含めるようにします。

注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:2.4.1 ブロックスキップ(レベル A)

フォーム

タグ付きフォームフィールド

アクセシブルな PDF では、すべてのフォームフィールドはタグ付けされ、文書構造の一部になっています。さらに、フォームフィールドのツールヒントプロパティを使用して、情報や操作方法をユーザーに提供できます。

タグ付きフォームフィールドを追加するには、ツールアクセシビリティ自動タグフォームフィールドを選択します。

注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.3.1 情報および関係性(レベル A)、4.1.2 名前、役割、値

フィールドの説明

アクセシビリティを確保するため、すべてのフォームフィールドにテキストによる説明(ツールヒント)が必要です。

フォームフィールドにテキストによる説明を追加するには、以下の操作を行います。

  1. いずれかのフォームツールを選択して、フォームフィールドを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックします(Mac OS)。
  2. コンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。
  3. 一般」プロパティタブをクリックします。
  4. いずれかのツールヒントフィールドに、フォームフィールドの説明を入力します。
注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.3.1 情報および関係性(レベル A)、3.3.2 ラベルまたは説明文(レベル A)、4.1.2 名前、役割、値

代替テキスト

図の代替テキスト

文書内の画像に代替テキストを含めるか、ページ装飾としてマークします。

このルールチェックが不合格になった場合、次のいずれかの操作を行います。

  • アクセシビリティチェッカーパネルで「図の代替テキスト」を選択し、オプション メニューから「修正」を選択します。プロンプトに従って、代替テキストを設定ダイアログボックスで代替テキストを追加します。
  • PDF に画像の代替テキストを追加するには、タグパネルを使用します。
  • コンテンツ パネルを開き、ページ装飾としてマークするコンテンツを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックします(Mac OS)。コンテキストメニューから「ページ装飾を作成」を選択します(コンテンツパネルを表示するには、表示表示切り替えナビゲーションパネルコンテンツを選択します)。
注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.1.1 非テキストコンテンツ(レベル A)

ネストされた代替テキスト

スクリーンリーダーは、ネストされたエレメントの代替テキストを読み取りません。したがって、ネストされたエレメントには代替テキストを適用しないでください。

ネストされたエレメントから代替テキストを削除するには、次の操作を行います。

  1. 表示表示切り替えナビゲーションパネルタグを選択します。
  2. タグパネルで、ネストされたエレメントを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックして(Mac OS)、コンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。
  3. オブジェクトのプロパティダイアログボックスで、代替テキストと適用対象のテキストの両方を削除し、「閉じる」をクリックします。
注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.1.1 非テキストコンテンツ(レベル A)

コンテンツに関連付けられている

代替テキストが、常にページ上のコンテンツの代替表現となっているようにします。エレメントに代替テキストがあってもページコンテンツがない場合に、どのページのものかを識別する方法はありません。読み上げ環境設定で、スクリーンリーダーオプションが文書全体を読み上げるように設定されていない場合、代替テキストはスクリーンリーダーで読み上げられません。

  1. チェックする項目を右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックします(Mac OS)。
  2. タグ パネルで開きます(タグパネルを表示するには、表示表示切り替えナビゲーションパネルタグを選択します)。
  3. タグパネルで、ページコンテンツのないネストされた項目の代替テキストを削除します。
注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.1.1 非テキストコンテンツ(レベル A)

注釈を隠している

代替テキストは注釈を隠せません。注釈が、代替テキストを持つ親エレメントの下でネスト化されている場合、スクリーンリーダーでは認識されません。

ネストされたエレメントから代替テキストを削除するには、以下の操作を行います。

  1. 表示表示切り替えナビゲーションパネルタグを選択します。
  2. タグパネルで、ネストされたエレメントを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックして(Mac OS)、コンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。
  3. オブジェクトのプロパティダイアログボックスで代替テキストを削除し、「OK」をクリックします。
注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.3.1 情報および関係性(レベル A)、4.1.2 名前、役割、値

その他の要素の代替テキスト

このレポートでは、代替テキストを必要とする図以外のコンテンツ(マルチメディア、注釈、3D モデルなど)のチェック結果を表示します。代替テキストが、常にページ上のコンテンツの代替表現となっているようにします。要素に代替テキストがあってもページコンテンツがない場合に、どのページのものかを識別する方法はありません。読み上げ環境設定で、スクリーンリーダーオプションが文書全体を読み上げるように設定されていない場合、代替テキストはスクリーンリーダーで読み上げられません。

  1. 表示表示切り替えナビゲーションパネルタグを選択します。
  2. タグ パネルで、ネストされた要素を右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックして(Mac OS)、コンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。
  3. オブジェクトのプロパティダイアログボックスで代替テキストを削除し、「OK」をクリックします。
注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.1.1 非テキストコンテンツ(レベル A)

テーブル

テーブル構造は複雑なので、アクセシビリティを手動でチェックすることを推奨します。

このルールは、テーブルの各 TR が、TableTHeadTBody、または TFoot の子であるかどうかをチェックします。

タグパネルでの表のタグの修正」を参照してください。

注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.3.1 情報および関係性(レベル A)

TH と TD

適切なテーブル構造では、TH および TDTR の子です。

タグパネルでの表のタグの修正」を参照してください。

注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.3.1 情報および関係性(レベル A)

ヘッダー

アクセシビリティを確保するため、PDF 内のすべての表には、ヘッダーが必要です。

タグパネルでの表のタグの修正」を参照してください。

注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.3.1 情報および関係性(レベル A)

規則性

アクセシブルなテーブルでは、各行に同じ数の列と、各列に同じ数の行が含まれている必要があります。

タグパネルでの表のタグの修正」を参照してください。

注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.3.1 情報および関係性(レベル A)

概要

テーブルサマリは オプションですが、 アクセシビリティを向上させます。

  1. ツールアクセシビリティ読み上げ順序を選択します。
  2. テーブルの周りに長方形を描画してテーブルを選択します。 
  3. 読み上げ順序ダイアログボックスで、「テーブル」をクリックします。
  4. テーブルを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックします(Mac OS)。
  5. テーブルサマリの編集」をクリックします。
  6. サマリを入力して、「OK」をクリックします。
注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.3.1 情報および関係性(レベル A)

箇条書き

箇条書き項目

このチェックは、各箇条書き項目(LI)が、箇条書き(L)の子であるかどうかをチェックします。このルールチェックが不合格になった場合、箇条書きの構造が正しくありません。箇条書き構造では、箇条書き要素に、箇条書き項目要素が含まれている必要があります。また、箇条書き項目要素に含めることができるのは、ラベル要素箇条書きボディ要素だけです。

箇条書き構造を修正するには、以下の操作を行います。

  1. アクセシビリティチェッカーパネルで箇条書きを探し、不合格の要素を右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックして(Mac OS)、タグパネルで「表示を選択します。
  2. 要素の作成や要素のタイプの変更を行うか、または既存の要素をドラッグして整列します。
注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.3.1 情報および関係性(レベル A)

Lbl と LBody

箇条書き構造では、箇条書き要素に、箇条書き項目要素が含まれている必要があります。また、箇条書き項目要素に含めることができるのは、ラベル要素箇条書きボディ要素だけです。このルールチェックが不合格になった場合、箇条書きの構造が正しくありません。

箇条書き構造を修正するには、以下の操作を行います。

  1. アクセシビリティチェッカーパネルで箇条書きを探し、不合格の要素を右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックして(Mac OS)、タグパネルで「表示を選択します。
  2. 要素の作成や要素のタイプの変更を行うか、または既存の要素をドラッグして整列します。
注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:1.3.1 情報および関係性(レベル A)

見出し

適切なネスト

このルールは、ネストされた見出しをチェックします。このチェックが不合格になった場合、見出しは適切にネストされていません。

箇条書き構造を修正するには、以下の操作を行います。

  1. アクセシビリティチェッカーパネルで箇条書きを探し、不合格の要素を右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックして(Mac OS)、「タグパネルで表示」を選択します。
  2. 要素の作成や要素のタイプの変更を行うか、または既存の要素をドラッグして整列します。
注意:

WCAG の次の関連セクションを参照してください:2.4.6 見出しおよびラベル(レベル AA)。見出しの順序は WCAG で要求されているものではなく、推奨事項です。

WCAG と PDF/UA のマッピング

WCAG 2.0 ISO 14289-1(ファイル) 手法
1.1.1 非テキストコンテンツ(レベル A)
  • 7.3 代替テキストが必要なコンテンツについて。
  • 7.18.1 パラグラフ 4 コントロールの説明について。
  • 7.18.6.2 時間ベースのメディアの代替について。試験、感覚的、および CAPTCHA の使用は、技術的手段により対処します。
  • 7.1 パラグラフ 1、センテンス 2 装飾について。
1.2.1 収録済みの音声しか含まないメディアおよび収録済みの映像しか含まないメディア(A)
  • 7.18.6.2 時間ベースのメディアの代替について。デザイン固有。作成者および開発者は、この条件を考慮して準拠する必要があります。
1.2.2 収録済みのキャプション(A)
  • 7.18.6.2 時間ベースのメディアの代替について。デザイン固有。作成者および開発者は、この条件を考慮して準拠する必要があります。
1.2.3 収録済みの音声ガイドまたはメディアの代替(A)
  • 7.18.6.2 時間ベースのメディアの代替について。デザイン固有。作成者および開発者は、この条件を考慮して準拠する必要があります。
1.2.4 ライブのキャプション(AA)
  • デザイン固有。作成者および開発者は、この条件を考慮して準拠する必要があります。
1.2.5 収録済みの音声ガイド(AA)
  • 7.18.6.2 時間ベースのメディアの代替について。デザイン固有。作成者および開発者は、この条件を考慮して準拠する必要があります。
1.2.6 収録済みの音声コンテンツの手話通訳(AAA)
  • デザイン固有。作成者および開発者は、この条件を考慮して準拠する必要があります。
 
1.2.7 収録済みの拡張した音声ガイド(AAA)
  • デザイン固有。作成者および開発者は、この条件を考慮して準拠する必要があります。
 
1.2.8 収録済みのメディアの代替(AAA)
  • 7.18.6.2 時間ベースのメディアの代替について。デザイン固有。作成者および開発者は、この条件を考慮して準拠する必要があります。
 
1.2.9 ライブの音声のみ(AAA)
  • デザイン固有。作成者および開発者は、この条件を考慮して準拠する必要があります。
 
1.3.1 情報および関係性(レベル A)
  • 7.1 - 7.10 および 7.20 は、コンテンツの構造と関係性に対処しています。
  • 7.17 および 7.18 は、注釈の構造と関係性に対処しています。
1.3.2 意味のある順序(レベル A)
  • 7.2 パラグラフ 2 コンテンツの意味のある順序について。
  • 7.17 ナビゲーション機能について。
  • 7.18.3 注釈のタブの順序について。
1.3.3 感覚的な特徴(レベル A)
  • 7.1 パラグラフ 6 および 7
1.4.1 色の使用(レベル A)
  • 7.1 パラグラフ 6
1.4.2 音声制御(レベル A)
  • デザイン固有。作成者および開発者は、この条件を考慮して準拠する必要があります。
1.4.3 最低限のコントラスト(レベル AA)
  • 7.1 パラグラフ 6 および注 4
1.4.4 テキストのサイズ変更(レベル AA)
  • 該当なし
1.4.5 画像化された文字(レベル AA)
  • 7.3 パラグラフ 6
1.4.6 より十分なコントラスト(レベル AAA)
  • 7.1 パラグラフ 6
 
1.4.7 小さい背景音または背景音なし(レベル AAA)
  • ISO 14289 には、この達成基準は規定されていませんが、PDF での準拠には、ファイルとリーダーが ISO 14289 に準拠することが必要です。開発者が PDF でこの達成基準をサポートする方法は、ISO 14289 または ISO 32000 には規定されていません。
 
1.4.8 視覚的な表現(レベル AAA)
  • デザイン固有。作成者および開発者は、この条件を考慮して準拠する必要があります。
 
1.4.9 画像化された文字(例外なし)(レベル AAA)
  • 7.3 パラグラフ 1
 
2.1.1 キーボード操作(レベル A)
  • 該当なし
2.1.2 キーボードのフォーカス移動(レベル A)
  • デザイン固有。開発者は、この条件を考慮して準拠する必要があります。
2.1.3 キーボード操作(例外なし)(レベル AAA)
  • 7.19 パラグラフ 3
 
2.2.1 調整可能な制限時間(レベル A)
  • 7.19 パラグラフ 3 が適用されますが、一般的に、このルールはデザイン固有ではありません。開発者は、この条件を考慮して準拠する必要があります。
2.2.2 一時停止、停止、非表示(レベル A)
  • 7.19
2.2.3 制限時間なし(レベル AAA)
  • 7.19
 
2.2.4 中断(レベル AAA)
  • 7.19
 
2.2.5 再認証(レベル AAA)
  • 該当なし
 
2.3.1 3 回の閃光またはしきい値以下(レベル A)
  • 7.1 パラグラフ 5
2.3.2 3 回の閃光(レベル AAA)
  • 7.1 パラグラフ 5
 
2.4.1 ブロックスキップ(レベル A)
  • PDF に繰り返しのコンテンツが実際に含まれていない限り、該当しません。ヘッダーとフッターの実行など、ページコンテンツは 7.8 に準拠する必要があります。
2.4.2 ページタイトル(レベル A)
  • 7.1 パラグラフ 8 および 9
2.4.3 フォーカス順序(レベル A)
  • 7.1 パラグラフ 2、7.18.1 パラグラフ 2、7.18.3
2.4.4 文脈におけるリンクの目的(レベル A)
  • 7.18.5
2.4.5 複数の到達手段(レベル AA)
  • アウトライン(7.17)、リンク、ページラベル(7.18.5)など、PDF でこの条件に従う方法は複数あります。
2.4.6 見出しおよびラベル(レベル AA)
  • 7.4
2.4.7 視覚的に認識可能なフォーカス(レベル AA)
  • 該当なし
2.4.8 現在位置(レベル AAA)
  • 7.4、7.17
 
2.4.9 リンクの目的(リンクのみ)(レベル AAA)
  • 7.18.5
 
2.4.10 セクション見出し(レベル AAA)
  • 7.4
 
3.1.1 ページの言語(レベル A)
  • 7.2 パラグラフ 3
3.1.2 部分的に用いられている言語(レベル AA)
  • 7.2 パラグラフ 3
3.1.3 一般的ではない用語(レベル AAA)
  • ISO 14289 には規定されていません。ISO 32000-1 のセクション 14.9.5 を参照してください。
 
3.1.4 略語(レベル AAA)
  • ISO 14289 には規定されていません。ISO 32000-1 のセクション 14.9.5 を参照してください。
 
3.1.5 読解レベル(レベル AAA)
  • アクセシビリティのサポートには影響しません。このルールはデザイン固有です。アプリケーションや文書の作成者は、この条件を考慮して準拠する必要があります。
 
3.1.6 発音(レベル AAA)
  • PDF は、発音を支援するためのメディアのデプロイおよびその他のオプションについて、複数のメカニズムを提供しています。デザイン固有。作成者および開発者は、この条件を考慮して準拠する必要があります。
 
3.2.1 オンフォーカス(レベル A)
  • 7.18 パラグラフ 2
3.2.2 入力(レベル A)
  • 7.18 パラグラフ 2
3.2.3 一貫したナビゲーション(レベル AA)
  • 7.1 パラグラフ 1、7.17
3.2.4 一貫した識別性(レベル AA)
  • 7.1 パラグラフ 1
3.2.5 ユーザーの要求による状況の変化(レベル AAA)
  • 7.19 パラグラフ 2
 
3.3.1 入力エラー箇所の特定(レベル A)
  • デザイン固有。作成者および開発者は、この条件を考慮して準拠する必要があります。
3.3.2 ラベルまたは説明文(レベル A)  
4.1.2 名前、役割、値  
アドビのロゴ

アカウントにログイン