モーションキャプチャーで簡単にアニメーションを作る

IllustratorやPhotoshopで制作した2Dのアートワークをアニメーション化する方法を紹介します。キャラクターをAdobe Character Animatorに読み込んで、Webカメラのとらえた動きから人形をコントロールできます。

1. 複数のレイヤーを使ってキャラクターのアートワークを作成する

Photoshopでfreda.psdを開いて、レイヤーパネルを確認します。キャラクターアートワークの各コンポーネントが、別々のレイヤーに配置されます。レイヤーに、対応する体の部分(胸部、頭部、目、口など)を示す名前を付けると、Character Animatorでキャラクターを管理しやすくなります。

注意:自分で作成したアートワークを使用する場合は、freda.psdファイルのレイヤーにアートワークを描画またはコピーして保存します。

複数レイヤーのアートワーク

Photoshopでは作業を開始するときにレイヤーに名前を付けておくと便利ですが、後からCharacter Animator上でレイヤーのタグ付けを直接おこなうこともできます。これにより高度なアニメーションを実現できます。

2. パペットを作成する

Character Animatorで、ファイル/インポートを選択し、パペットの元となるfreda.psdファイルを選択します。プロジェクトパネルで「freda」を選択し、「新規シーンに追加」ボタンをクリックします。シーンパネルでパペットが自動的に開き、タイムラインパネルで選択されます。

パペットを作成する

3. パペットとは

Character Animatorでは、Webカメラから顔の表情をキャプチャし、その動きに合わせてパペットをアニメーション化できます。カメラとマイクパネルの円形の領域に顔の位置を合わせます。顔の表情を動かさずにパペットを直接見て、「基本姿勢を設定」をクリックします。赤い点が顔の周囲に表示されます。頭を回したり、マイクで話したりしてみましょう。マウスを使用してキャラクターの手足のあたりをドラッグすると、操作できます。

Character Animator

4. パペットの動きを記録、再生する

シーンパネルで録画ボタンをクリックし、キャラクターの動きを作ります。もう一度クリックすると、録画が終了します。プロパティパネルで各部分の動きについて録画の有無を切り替え、どの動きを記録するかを指定します。これは、顔の動きを、口の動きや唇の同期の動きとは別に記録する場合に便利です。

スペースバーを押してアニメーションを再生します。

スケールや他のパペットプロパティを変更したり、シーンに別のパペットを追加したりして、パペットの動きをさらに調整できます。

パペットの動きを記録、再生する

5. パペットシーケンスをAfter Effectsに書き出す(オプション)

アニメーション化が完了したら、プロジェクトパネルでシーンを選択し、プロパティパネルでシーンの長さを調整します。ファイル/書き出し/「PNG シーケンスと WAV」を選択し、名前と場所を指定します。

Adobe After Effectsを起動し、新しいコンポジションを作成します。ファイル/スクリプトを選択し、「Character Animator Recording.jsxから新規コンポジション」を選択します。ファイルの保存先のフォルダーに移動し、シーケンスの最初の.PNGを選択して「開く」を押します。コンポジションをプレビューして、結果を確認します。画像合成でパペットを使用できます。Adobe Stockまたは共有Creative Cloudライブラリから背景を読み込むこともできます。

注意: シーンの書き出しには、After EffectsとCharacter Animator間でDirect Link機能を使用することもできます。両方のプログラムが開いていて視聴可能な状態で、Character Animatorのプロジェクトパネルから、After Effectsのプロジェクトパネルにシーンをドラッグします。最終出力の準備ができたら、Adobe Media Encoderを開き、ビデオソースをキューに追加し、出力形式を選択して、最終ファイルをレンダリングします。

シーケンスを書き出す

 

これですべての作業が終わりました。チュートリアルをさらに役立つものにするために、アンケートにご協力ください。

 

11/03/2016
John Hersey
このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ