アダプティブフォームを設定して、イベントまたは既定の時間間隔に基づいてコンテンツの自動保存を開始することができます。デフォルトでは、アダプティブフォームのコンテンツは、保存ボタンを押したときなど、ユーザーアクション時に保存されます。自動保存オプションは次のようなときに便利です。

  • 匿名ユーザーおよびログインユーザーに対してコンテンツを自動保存する
  • ユーザーの介在をほとんどあるいはまったく必要としないでフォームのコンテンツを保存する
  • ユーザーのイベントに基づいてフォームのコンテンツの保存を開始する
  • 特定の時間間隔が経過したらフォームのコンテンツを繰り返し保存する

アダプティブフォームの自動保存の有効化

アダプティブフォームの場合、自動保存オプションは最初は有効にはなっていません。自動保存オプションを有効にするには、アダプティブフォームの「自動保存」タブで行うことができます。「自動保存」タブには、その他の設定オプションがいくつか用意されています。次の手順を実行して、アダプティブフォームの自動実行オプションを有効にし設定します。

  1. アダプティブフォームの開始」パネルで、「編集」をクリックします。「コンポーネントを編集」ダイアログボックスが表示されます。

  2. 自動保存」タブで、「自動保存を有効にする」オプションを有効にします。

  3. 自動保存開始式」ボックスで、式を入力します。式の評価が True のときに、アダプティブフォームはフォームのコンテンツを保存し始めます。

    注意:

    1 または true を指定して、フォームがブラウザーに読み込まれたときに自動保存を開始することができます。

  4. 「自動保存の方法」ボックスで、適切な方法を選択します。購入時では、次の方法が使用できます。

    • 時刻に基づいた自動保存のフォームポータル: 特定の時間間隔に基づいてコンテンツの保存を開始するには、このオプションを選択します。
    • イベントに基づいた自動保存のフォームポータル: イベントがトリガーされたときにコンテンツの保存を開始するには、このオプションを選択します。

    独自の方法を作成してリストに追加することもできます。詳細については、フォームを自動保存するためのカスタム方法も実装を参照してください。

  5. (時間ベースの自動保存のみ)次の手順を実行して、時間ベースの自動保存のオプションを設定します。

    1. この間隔で自動保存」ボックスで、時間間隔を秒数で指定します。「間隔」ボックスに指定されている秒数が経過するたびに、フォームは繰り返し保存されます。
    2. (オプション)フォームのコンテンツと一緒に追加のメタデータを保存できます。AdditionalMetadata セクションのフィールドを指定するには、「
      アイテムの追加」をクリックし、フィールドと対応の属性を指定します。

    注意:

    追加のメタデータは別の CRX ノードに保存されます。これらのノードは /content/forms/fp/admin/drafts/metadata/ に作成されます。すべてのノードは一意の識別子です。フォームの新しいインスタンスが作成されるたびに、新しいノードが作成されます。

  6. (イベントベースの自動保存のみ)次の手順を実行して、イベントベースの自動保存のためのオプションを設定します。

    1. このイベントで自動保存」ボックスで、GuideBridge イベントを指定します。式が TRUE に評価されるたびに、フォームが保存されます。
    2. (オプション)フォームのコンテンツと一緒に追加のメタデータを保存できます。Additional Metadata セクションのフィールドを指定するには、「アイテムの追加」をクリックし、フィールドと対応の属性を指定します。

    注意:

    追加のメタデータは別の CRX ノードに保存されます。これらのノードは /content/forms/fp/admin/drafts/metadata/ に作成されます。すべてのノードは一意の識別子です。フォームの新しいインスタンスが作成されるたびに、新しいノードが作成されます。

  7. (オプション)匿名ユーザーに対するコンテンツを自動保存するには、「匿名のユーザーの自動保存を有効にする」オプションを選択し、「OK」をクリックします。

アダプティブフォームの自動保存を有効にするカスタム方法の実装

カスタムイベントを実装して自動保存機能をトリガーできます。次の手順を実行して、カスタムイベントを実装します。

  1. クライアントライブラリとクリックライブラリフォルダーを作成します。詳細手順については、クライアント側ライブラリの使用ドキュメントを参照してください。

    例えば、次んスクリプトでは、カスタムの emailFocusChange イベントを使用して自動保存機能をトリガーしています。

    window.addEventListener("bridgeInitializeStart", function (){   
        guideBridge.connect(function () { guideBridge.on("elementFocusChanged", function (event,data) { 
            if(data.target.name === 'Email') {
                guideBridge.trigger("emailFocusChange");
            }
        });
       });
    });
    

    注意:

    クライアントライブラリフォルダーの作成時に、カテゴリプロパティが定義されます。カテゴリプロパティに割り当てた値を書き留めておきます。

  2. アダプティブフォームを作成者モードで開きます。

  3. アダプティブフォームの開始」パネルで、「編集」をクリックします。ダイアログボックスが表示されます。

  4. 「スタイル設定」タブを開きます。「クライアントライブラリの名前」ボックスに、クライアントライブラリフォルダーの作成時に定義したカテゴリプロパティの値を入力します。

  5. 「自動保存」タブを開きます。「このイベント後に自動保存」ボックスで、クライアントライブラリですでに定義されているカスタムイベントを指定します。「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー