キャッシュは、データへのアクセスにかかる時間を短縮し、遅延を削減して I/O 速度を改善するメカニズムです。アダプティブフォームのキャッシュは、アダプティブフォームの HTML コンテンツと JSON の構造のみを保存し、事前入力されたデータは保存しません。これにより、クライアント側のアダプティブフォームまたはドキュメントのレンダリングの時間を短縮します。キャッシュは、アダプティブフォーム向けに設定されており、アダプティブドキュメントもサポートします。

注意:

アダプティブフォームのキャッシュを使用するときは、AEM Dispatcher を使用してアダプティブフォームまたはアダプティブドキュメントのクライアントライブラリ(CSS および JavaScript)をキャッシュします。

注意:

オーバーレイコンポーネントの開発時には、開発に使用されるサーバー上でアダプティブフォームのキャッシュを無効にしておく必要があります。

キャッシュの設定

次の手順を実行してアダプティブフォームのキャッシュを設定します。

  1. ブラウザーウィンドウで、http://[server]:[port]/system/console/bundles. のURLを開きます。

  2. アダプティブフォームの HTML キャッシュのバンドルを開き、次のフィールドの編集および値の指定を行います。

    • キャッシュ:このフィールドを使用してアダプティブフォームのキャッシュを有効または無効にします。デフォルトの値は有効です。
    • アダプティブフォームの数:AEM forms サーバーのインスタンスでキャッシュできるフォームまたはドキュメントの最大数を指定します。デフォルト値は 100 です。

    保存」をクリックします。

    注意:

    キャッシュを無効にすると、キャッシュされたフォームとドキュメントはすべて削除されます。

    アダプティブフォームの HTML キャッシュの設定ダイアログ
  3. アダプティブフォームの JSON キャッシュのバンドルを開き、アダプティブフォームの最大数のフィールドで編集または数値を指定し、「保存」をクリックします。

    アダプティブフォームの最大数のフィールドは、JSON キャッシュによりデータを保存できるフォームまたはドキュメントの最大数を指定します。デフォルト値は 100 です。

    アダプティブフォームの JSON キャッシュの設定ダイアログ

    注意:

    すべての該当するフォームおよびドキュメントで確実に事前入力されたデータがキャッシュされるようにするには、JSON のキャッシュの設定で指定されるアダプティブフォームの最大数のフィールドの値を、アダプティブフォームの HTML キャッシュの設定で指定されたアダプティブフォームの数のフィールドの値と常に一致させる必要があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー