注意:

AEM Forms で Analytics を有効にするには AEM form のアドオンパッケージが必要です。詳しくは、AEM forms のインストールと設定を参照してください。

Analytics が有効になっているアダプティブフォームでは次のイベントがデフォルトで追跡されます。

イベント 使用可能な変数
impression formName、formTitle、source
render formName、formTitle、formInstance、source
abandon formNam、formTitle、formInstance、source
save formName、formTitle、formInstance、panelName、source
submit formName、formTitle、formInstance、source
error formName、formTitle、fieldName、fieldTitle、panelTitle
ヘルプ formName、formTitle、fieldName、fieldTitle、panelTitle
fieldVisit formName、formTitle、fieldName、fieldTitle、panelTitle
panelVisit formName、formTitle、panelName、panelTitle

fieldVisit イベントのタイムアウトのカスタマイズ

AEM form のデフォルト設定では、ユーザーが 60 秒以上フィールドにとどまると、fieldvisit イベントがトリガーされ、フィールドの詳細が Adobe Analytics に送信されます。AEM Configuration コンソール(/system/console/configMgr)で、AEM Forms Analytics Configuration の下にある Field time tracking baseline をカスタマイズすると、タイムアウト制限を調整できます。

追跡イベントのカスタマイズ

/etc/clientlibs/fd/fmaddon/afanalytics/js/custom.js ファイルの trackEvent 関数を変更すると、イベント追跡をカスタマイズできます。アダプティブフォームで追跡中のイベントが発生すると、trackEvent 関数が呼び出されます。trackEvent 関数は 2 つのパラメーター(eventName および variableValueMap)を受け取ります。

eventName および variableValueMap 引数の値を評価し、イベントの追跡動作を変更できます。例えば、ある一定数のイベントが発生した場合、Analytics サーバーに情報を送信するように指定できます。また、次のカスタマイズを実行できます。

  • イベントが送信されるまでのしきい値を設定できます。
  • アクションを決定する状態を維持できます。例えば、fieldVisit は、最後のイベントのタイムスタンプに基づいてダミーのイベントをプッシュします。
  • pushEvent 関数を使用して Analytics サーバーにイベントを送信できます。
  • Analytics サーバーにイベントを一切プッシュしないようにすることもできます。

サンプル

以下の例では、それぞれの fieldName 属性の error イベントの状態が維持されています。エラーが再発した場合にのみ、Analytics サーバーにイベントが送信されます。

case 'error':
        if(errorOccurred[variableValueMap.fieldName] == true) {
            pushEvent(eventName, variableValueMap)
        }
        errorOccurred[variableValueMap.fieldName] = true;
        break;

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー