必要条件

AEM forums ユーザーインターフェイスを使用してアダプティブフォームを作成すると、AEM はノード /content/forms/af 以下にフォームのコンテンツの構造を作成します。

したがって、フォームをレンダリングする URL の構造は、http://[host]:[port]/content/forms/af/ から始まります。

この配置は大半のケースでうまくいきます。しかしながら、AEM サイトを運営する場合は、Web サイトの URL 構造に適したフォーム URL が必要になります。

例えば、運営中の Web サイトの URL 構造が http://[host]:[port]/content/geometrixx-media である場合は、子パスを含むフォーム URL が必要になります。例えば、使用中のフォームに対する URL を、http://[host]:[port]/content/geometrixx-media/jp/sampleform.html という構造にすることができます。

以下の手順を実行すると、フォーム URL を運営中の Web サイトの URL に合わせることができます。

AEM サイトにおけるアダプティブフォームの使用

  1. アダプティブフォームテンプレートの作成」で説明している手順を実行し、新規アダプティブフォームテンプレートを作成します。allowedPaths プロパティを変更し、「gemoetrixx-media」以下にリスト表示されるべきテンプレートを有効にします。

  2. AEM サーバー上で、「サイト/Geometrixx Media」以下の任意のフォルダーに移動し、「ページを作成」をクリックします。作成したテンプレートは、使用可能なテンプレートリストの中に表示されます。

    使用可能なアダプティブフォームテンプレートのリスト
  3. このテンプレートを選択し、ページを作成します。

  4. ページを開きます。アダプティブフォームが適切にレンダリングされない場合は、URL の中の「editor.html」という文字列を「cf#」に置換し、強制的に従来のオーサリングを行います。

    URL の中の「cf#」に置換されるべき「editor.html」を図示するスクリーンショット
  5. 必要に応じて、オーサリングモードでアダプティブフォームコンテナのコンポーネントダイアログ設定を編集し、既存のアダプティブフォームを使用するオプションを選択します。

  6. アダプティブフォームパスダイアログで「参照」をクリックします。表示されるダイアログで、アダプティブフォームアセットを選択します。

  7. パスブラウザーから、(/content/dam/formsanddocuments 以下の)アダプティブフォームアセットを選択します。親ページがレンダリングされると、アダプティブフォームはリファレンスアセットとしてレンダリングされます。レンダリングされたアダプティブフォームアセットのオーサリングはできません。

    レンダリングされたアダプティブフォームアセット

注意:

参照先のアダプティブフォームを AEM サイトページから編集することはできません。フォームを編集するには、AEM forums UI へ進み、オリジナルのアダプティブフォームをオーサリングモードで開きます。すべての修正は、フォームを参照するページに自動的に反映されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー