Adobe EchoSign を利用した電子署名が可能なアダプティブフォームを作成することができます。EchoSign 利用のオプションは、関連付けられた XDP フォームテンプレートを持つフォームでのみ使用することができます。

EchoSign の詳細については、EchoSign の仕組みを参照してください。AEM forms のインスタンスで EchoSign の利用を可能にする方法について詳しくは、EchoSign の設定を参照してください。

注意:

エンドユーザーは、電子メールが CRX に存在すれば、EchoSign を利用した署名を行うことができます。

  1. アダプティブフォームを作成し、フォームテンプレートを関連付けます。詳しくは、アダプティブフォームの作成
    を参照してください。

  2. パネルを作成し、Verify コンポーネントをパネルにドラッグします。ユーザーは、署名の前にこのパネルで情報を確認することができます。

  3. パネルを作成し、E-Sign コンポーネントをパネルにドラッグします。このコンポーネントは、エンドユーザーがフォームに署名するためのウィジェットを作成します。

  4. E-Sign コンポーネントを編集し、次の手順を実行します。

    1. 「Title and text」タブで、Signing Service のポップアップメニューから EchoSign または Scribble を選択します。

      注意:

      Scribble のフローを選択する場合には、EchoSign Configuration を選択する必要はありません。

      署名サービスとして EchoSign または Scribble を選択
    2. 「EchoSign configuration」タブで、サーバーで利用可能な設定から選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー