概要

AEM 6.1 forms はリファレンスサイトを導入して、金融サービス業界(FSI)の組織が AEM forms を利用することで、どのように複雑なトランザクションを簡略化し、場所、時間、デバイスを問わないサービスを可能にしているかを紹介しています。

リファレンスサイトには、FSI 組織である Geometrixx Finance の実際の使用例が掲載されています。ここでは、最初の操作から通信やトランザクションの管理に至るまで、既存の顧客や見込み顧客に対して、カスタマイズされた、コスト効率のよい方法でサービスを提供しています。リファレンスサイトのシナリオについて詳しくは、「Geometrixx Finance リファレンスサイトのシナリオとチュートリアル」を参照してください。

リファレンスサイトでは、AEM 6.1 forms の次のような主要な機能を参照、確認することができます。

  • デバイスの設定やレイアウトに合わせたインタラクティブで、カスタマイズされたレスポンシブドキュメントを作成するためのアダプティブドキュメント。
  • デバイスやブラウザーの設定に基づいて PDF や HTML5 に自動的にレンダリングされる、魅力的でレスポンシブなフォームを作成するためのアダプティブフォーム。
  • 複数のチャンネルにわたるマーケティングキャンペーンを作成、自動化、管理するための Adobe Campaign との統合。
  • ターゲットを設定したレコメンデーションを提供し、フォームからの ROI を最大化する A/B テストを実行するための Adobe Target との統合。
  • フォームとキャンペーンのパフォーマンスを計測し、十分な情報を得た上で意志決定を行うための Adobe Analytics との統合。

リファレンスサイトには、独自のアセットを作成するためのテンプレートとして使用できる、再利用可能なアセットが用意されています。

リファレンスサイトのセットアップ

リファレンスサイトを参照する前に、リファレンスサイトをデプロイして設定しておく必要があります。次の図は、リファレンスサイトを起動して実行するために実行しておく必要がある、様々なインストール、設定、統合を表しています。

注意:

Campaign、Analytics、Target を設定し、Geometrixx Finance リファレンスサイトを通じて AEM forms と統合して利用するには、これらのソリューションへの登録が必要になります。

JEE での AEM forms のインストール

リファレンスサイトのチュートリアル」にあるクレジットカード申込みの承認に関連する手順のいずれかを確認、実行するには、AEM forms JEE の管理機能を実行する必要があります。使用するアプリケーションサーバーに合わせて、「AEM 6.1 forms ヘルプのランディングページ」にある「JEE での AEM forms のインストール、アップグレード、クラスタリング」セクションからドキュメントとインストールのタイプを選択します。

OSGi での AEM forms のインストール

AEM forms のインストールとデプロイ」の指示に従って、OSGi に AEM forms をインストールします。

LiveCycle クライアント SDK コンポーネントの設定

通信をして JEE の AEM forms で使用可能なドキュメントサービスを呼び出すには、OSGi の AEM forms で LiveCycle クライアント SDK コンポーネントを設定する必要があります。コンポーネントを設定するには、次の手順を実行します。

  1. AEM Web Console Configuration ページ(http://<hostname>:<port>/system/console/configMgr)に移動します。
  2. Adobe LiveCycle Client SDK Configuration Component を見つけます。
  3. 設定を編集するには、「編集」アイコンをクリックします。
  4. JEE サーバー上の AEM forms のサーバー URL、ユーザー名、パスワードを指定します。
  5. 保存」をクリックします。

リファレンスサイトパッケージのインストール

Geometrixx Finance リファレンスサイトは AEM パッケージとして、AEM 6.1 forms 上にインストールされます。

作成者インスタンスと発行インスタンスの両方にリファレンスサイトを展開するには、次の手順を実行します。

  1. パッケージ共有から AEM-FORMS-6.1-FSI-REF-SITE パッケージをダウンロードします。
  2. AEM Package Manager(http://[hostname]:[port]/crx/packmgr/index.jsp)に移動します。
  3. リファレンスサイトパッケージをアップロードしてインストールします。

リファレンスサイトパッケージのコンテンツ

リファレンスサイトパッケージには、次のリソースとアーティファクトがパッケージ化されます。

コンテンツ

説明

/apps/geometrixx-finance

リファレンスサイトで使用するカスタムコンポーネント、レイアウト、テンプレートが含まれます。

/content/geometrixx-finance

Geometrixx finance の Web ページが含まれます。

/content/dam/geometrixx-finance

アイコン、画像、バナーなど、リファレンスサイトで使用されるすべてのリソース、アセットが含まれます。

/etc/designs/geometrixx-finance

CSS や JavaScript など、リファレンスサイトのすべてのクライアントライブラリが含まれます。

/home/users/geometrixx/jjacobs

 

デモユーザー「John Jacobs」が含まれます。

 

cq-geometrixx-finance-adaptiveform-pkg.zip

リファレンスサイトで使用されるクレジットカード申込みを含むパッケージです。クレジットカード申込みはアダプティブフォームであり、テンプレートとして使用し、拡張して別のアダプティブフォームを作成できます。

cq-geometrixx-finance-layout-pkg.zip

モバイルデバイスでのクレジットカード申込みフォームのカスタムフォームビューレイアウトを含むパッケージです。このレイアウトは他のアダプティブフォームにも適用可能です。

cq-geometrixx-finance-content-pkg.zip

電子メールテンプレートとウェルカムキットを含むパッケージです。ウェルカムキットはインタラクティブなアダプティブドキュメントであり、独自のアダプティブドキュメントを作成するためのテンプレートとして使用することができます。

AEM と Campaign の設定

注意:

Adobe Campaign ドキュメント」に記載されている手順に従って Campaign がインストールされ、AEM に統合されていることを確認します。

AEM の設定

リファレンスサイトの設定

発行インスタンスで次の手順を実行します。

  1. OSGi 設定(http:// [host]:[port]/system/console/configMgr)に移動します。
  2. Geometrixx Finance Configuration」を探します。次の設定が含まれます。
    • Cron 形式のリターゲティング:保存されているが完了していないアプリケーションのリターゲティングメールのスケジュールを設定するための Cron 形式。デフォルトでは、このタスクのスケジュールは毎日午前 2 時になります。
    • 共有フォルダーのパス:パブリッシュサーバーで共有される Campaign サーバー上へのフォルダーのパス。共有フォルダーは、パブリッシュサーバーが Campaign サーバーと通信する際に使用されます。共有フォルダーへのパスは、パブリッシュサーバーからアクセスできるパスにする必要があります。例えば、\\<campaign_server>\<watch_folder> となります。
    • Campaign の統合の有効化:Campaign サーバーを通じた電子メールによる通信を有効にするための設定。デフォルトでは有効になっています。この設定を無効にすると、電子メールによる通信はすべて Apache James 電子メールサーバーなどの SMTP サーバーを介して行われます。
    • JEE サーバーの有効化: AEM forms JEE サーバーフォームワークフローを介したアプリケーションの承認を有効にするための設定。この設定を無効にすると、すべてのアプリケーションが送信後に自動的に承認されます。
  3. 保存」をクリックします。
  4.  

Day CQ Link Externalize の設定

作成者インスタンスと発行インスタンスの両方で、次の手順を実行します。

  1. OSGi 設定(http:// [hostname]:[port]/system/console/configMgr)に移動します。
  2. Day CQ Link Externalize の設定を探します。
  3. 作成者インスタンスで、外部システムからアクセス可能な発行 URL を指定します。例えば、ホスト名や発行を行う Web サーバーを使用します。
  4. 発行インスタンスで、作成者 URL を指定します。
  5. 作成者インスタンスと発行インスタンスの両方で、サーバーへの URL がローカルドメインフィールドに指定されていることを確認します。
  6. 保存」をクリックします。すべてのサービスが再開されるまで待ちます。

Day CQ 電子メールサービスの設定

注意:

リファレンスサイトの設定」の手順に従って Campaign の統合の設定を無効にした場合にのみ、これらの手順を実行してください。

発行インスタンスで次の手順を実行します。

  1. OSGi 設定(http:// [hostname]:[port]/system/console/configMgr)に移動します。
  2. Day CQ 電子メールサービスの設定を探します。
  3. SMTP サーバーのホスト名とポートの値を入力します。
  4. 保存」をクリックします。

電子メールサーバーでのユーザーの設定

注意:

リファレンスサイトの設定」の手順に従って Campaign の統合の設定を無効にした場合にのみ、これらの手順を実行してください。

Apache James などの電子メールサーバーで次の手順を実行します。

  1. 電子メールサーバードメインを geometrixx.info と設定します。
  2. 次のユーザーアカウントを作成します。
    • Alison Parker - aparker@geometrixx.info
    • John Doe - jdoe@geometrixx.info

既存の XSS 設定の上書き

注意:

リファレンスサイトの設定」の手順に従って Campaign の統合の設定を無効にした場合にのみ、これらの手順を実行してください。

Geometrixx Finance の電子メールテンプレートには、パーソナライズされたリンクが電子メールに含まれます。これらのリンクはプレースホルダー ${placeholder} を持ちます。プレースホルダーは、電子メールの送信前に実際の値に置き換えられます。AEM のデフォルトの XSS 保護設定では、HTML コンテンツ内の URL に {}(波括弧)を使用できません。ただし、次の手順を実行することで、デフォルトの処理に優先させることができます。

  1. /libs/cq/xssprotection/config.xml/apps/cq/xssprotection/config.xml にコピーします。
  2. /apps/cq/xssprotection/config.xml を開きます。
  3. common-regexps セクションにある onsiteURL のエントリを次のように修正して保存します。
    <regexp name="onsiteURL" value="([\p{L}\p{N}\\\.\#@\$\{\}%\+&amp;;\-_~,\?=/!\*\(\)]*|\#(\w)+)"/>
{}(波括弧)が regex に追加されています。

最初の電子メールの送信

注意:

リファレンスサイトの設定」の手順に従って Campaign の統合の設定を無効にした場合にのみ、これらの手順を実行してください。

リファレンスサイトのワークフローを初期化するには、ユーザーにニュースレターを送信する必要があります。電子メールサーバーで、ブラウザーに次の URL を入力します。

http://[publishHost]:[port]/content/campaigns/geometrixx-finance/start.html?email=aparker@geometrixx.info

これで Alison Parker(aparker@geometrixx.info)にニュースレターが送信されます。リファレンスサイトのワークフローにおけるその後のやり取りは、ユーザーのアクションに基づいて、AEM ワークフローによってトリガーされます。

AEM での Campaign サービスの設定

注意:

リファレンスサイトの設定」の手順に従って Campaign の統合の設定が有効になっている場合にのみ、これらの手順を実行してください。

  1. AEM 作成者インスタンスにログインし、ツール/操作/クラウド/クラウドサービスに移動します。
  2. 「Adobe Campaign」の 「今すぐ設定」をクリックします。
  3. Campaign サービスのタイトルと名前を指定します。
  4. 作成」をクリックします。Adobe Campaign 設定ダイアログが開きます。
  5. ユーザー名、パスワード、Campaign サーバーに接続するための URL を指定します。
  6. Adobe Campaign に接続」をクリックします。

リファレンスサイト電子メールへの Campaign サービスの適用

注意:

リファレンスサイトの設定」の手順に従って Campaign の統合の設定が有効になっている場合にのみ、これらの手順を実行してください。

  1. 作成者インスタンスの CRXDe Lite で /jp/content/campaigns/geometrixx-finance/e-mails に移動し、オーサリングモードで次の電子メールを開きます。
    • credit-card-campaign-newsletter
    • saved-form-intimation
    • statement-newsletter
    • welcomekit-newsletter
    • geogov-submission
  2. それぞれの電子メールで、次の操作を実行します。
    1. AEM サイドキックの「ページ」タブで、「ページのプロパティ」をクリックします。
    2. クラウドサービス」タブをクリックします。
    3. Adobe Campaign」ドロップダウンリストから、設定した Campaign サービスを選択します。
    4. OK」をクリックします。

リファレンスサイト電子メールの承認ワークフローを実行します。

注意:

リファレンスサイトの設定」の手順に従って Campaign の統合の設定が有効になっている場合にのみ、これらの手順を実行してください。

それぞれの電子メールで、次の操作を実行します。

  1. AEM サイドキックで、「ワークフロー」タブをクリックします。
  2. 「ワークフロー」ドロップダウンリストから、「Adobe Campaign の承認」ワークフローを選択します。
  3. ワークフローを開始」をクリックします。電子メールを再読み込みしたら、ワークフローの現在のステップが「電子メールの編集」に変わります。
  4. 「ワークフロー」タブの「完了」をクリックします。ダイアログが表示されます。
  5. 「OK」をクリックします。ワークフローの現在のステップが「電子メールのレビュー」に変わります。
  6. 「ワークフロー」タブの「完了」をクリックします。ダイアログが表示されます。
  7. 「次のステップ」に「電子メールの承認」を選択して「OK」をクリックします。承認ワークフローが完了しました。

キャンペーンの設定

注意:

リファレンスサイトの設定」の手順に従って Campaign の統合の設定が有効になっている場合にのみ、これらの手順を実行してください。

Campaign パッケージの読み込み

リファレンスサイトパッケージには、組み込みワークフロー、ユーザー、外部アカウント設定、配信テンプレートなどが入ったデータパッケージが含まれます。次の手順を実行してパッケージを読み込みます。
  1. CRXDe Lite で /apps/geometrixx-finance/demo-artifacts/geometerixx-finance-campaign.xml ファイルを開きます。
  2. ファイルコンテンツを Campaign サーバーファイルシステムに xml ファイルとして保存します。
  3. キャンペーンサーバーに接続されている Campaign クライアントコンソールを開き、ツール/アドバンスト/パッケージを読み込むを選択します。
  4. ファイルからパッケージをインストール」オプションを選択し、「次へ」をクリックします。
  5. 手順 2 で保存した xml ファイルを参照して選択します。
  6. 次へ」をクリックします。
  7. 次の画面で「警告を無視」を選択し、「開始」をクリックします。
  8. ファイルが正しく読み込まれたらダイアログを閉じます。

AEM サーバーの外部アカウントの設定

  1. Adobe Campaign クライアントコンソールを使用して、Campaign サーバーに接続します。
  2. 管理/プラットフォーム/外部アカウントに移動します。
  3. アカウント local-aem をクリックします。デフォルトでは、http://localhost:4502 を指し示してしています。
  4. 「サーバー入力」に、作成者サーバー URL を入力します。例えば、http://<hostname>:<port> となります。
  5. 「アカウント」に、作成者サーバーに接続するユーザー名を入力します。
  6. 「パスワード」に、指定したユーザー名のパスワードを入力します。
  7. 保存」をクリックします。

AEM ResourceTypeFilter の設定

  1. Adobe Campaign クライアントコンソールを使用して、Campaign サーバーに接続します。
  2. 管理/プラットフォーム/オプションに移動します。
  3. AEMResourceTypeFilter」をクリックし、値が mcm/campaign/components/campaign_newsletterpage に指定されていることを確認します。必要に応じて、値を更新します。
  4. 保存」をクリックします。

ユーザー電子メールアドレスの設定

  1. Adobe Campaign クライアントコンソールを使用して、Campaign サーバーに接続します。
  2. プロファイルとターゲット/受信者に移動します。
  3. Recipients フォルダーを右クリックし、GeometrixxFinance フォルダーを選択します。次の表にある、事前に設定された項目が含まれます。
  4. 各ユーザーに有効な電子メールアドレスを追加します。
  5. 設定を保存します。
性別 電子メール
Alison
Parker 女性
<有効な電子メール ID>
John Doe 男性 <有効な電子メール ID>

配信テンプレートの再同期

  1. Adobe Campaign クライアントコンソールを使用して、Campaign サーバーに接続します。
  2. リソース/テンプレート/配信テンプレートに移動します。
  3. 展開して GeometrixxFinance Templates フォルダーを選択します。
  4. フォルダーにあるそれぞれのテンプレートで次の手順を実行します。
    1. テンプレートを開きます。
    2. 非同期」をクリックします。
    3. 次に「同期」をクリックします。ダイアログが表示され、作成者インスタンスで使用可能なすべてのキャンペーン電子メールが一覧表示されます。
    4. 配信テンプレート用に作成した電子メールを選択します。
    5. OK」をクリックします。
:非同期中にエラーが発生した場合は、テンプレートエディターを右クリックして、「XML ソースを編集」を選択します。XML ソースで remoteContent のエントリを探し、削除します。次に、「OK」をクリックして同期を行います。

Geometrixx Finance キャンペーンワークフローの設定

  1. Adobe Campaign クライアントコンソールを使用して、Campaign サーバーに接続します。
  2. キャンペーン管理/キャンペーンに移動します。
  3. Geometrixx Finance Campaign を開きます。
  4. キャンペーンエディターで、「ターゲット設定とワークフロー」タブをクリックします。
  5. GeometrixxFinanceWorkflow を開きます。
  6. ワークフローのファイルコレクタの手順を開きます。
  7. デフォルトのディレクトリは C:\workflow-watchfolder に設定されています。Campaign サーバーファイルシステムにこのフォルダーがない場合は、この名前でフォルダーを作成します。別のフォルダーを指定することもできますが、そのフォルダーがパブリッシュサーバーと共有されており、Shared Folder path エントリが Geometrixx Finance Configuration で設定されていることを確認してください(「リファレンスサイトの設定」を参照)。

ワークフローには、コレクタ、JavaScript コード、クエリ、更新データ、配信アクティビティが含まれます。

キャンペーンワークフローの開始

GeometrixxFinanceWorkflow を開始します。最初に、Geometrixx Finance Credit Card Newsletter テンプレートに基づいて、GeometrixxFinance 受信者フォルダーに追加されているすべての受信者に電子メールが送信されます。次に、パブリッシュサーバーが共有フォルダーに配置する XML ファイルについて、ファイルコレクタが監視を続けます。パブリッシュサーバーは XML ファイルを配置することにより、ドラフトアプリケーション、ウェルカムキット、クレジットカード、クレジットカードの明細書の電子メールをトリガーします。

Analytics の設定

AEM forms を Adobe Analytics に統合することで、フォームやドキュメントに顧客がどう対応するか監視および分析できます。問題のある領域を特定して修正すると共に、コンバージョン率を上げるのに役立ちます。

この機能をリファレンスサイトで使用するには、「分析とレポートの設定」の手順に従って、Analytics アカウントを設定します。

Target の設定

リファレンスサイトでは、アダプティブドキュメントにターゲットを設定し、パーソナライズしたコンテンツを含めるための AEM forms と Adobe Target の統合を紹介しています。さらに、アダプティブフォームの A/B テストを作成することもできます。

リファレンスサイトで統合を利用するには、AEM で次のように Target を設定します。

  1. http://<hostname>:<port>/libs/cq/core/content/tools/cloudservices.html にアクセスします。
  2. Adobe Target セクションで、「設定を表示」をクリックし、「+」アイコンをクリックして新しい設定を追加します。
  3. 設定を作成ダイアログで、設定の「タイトル」と「名前」を指定します。「作成」をクリックします。設定のコンポーネントを編集ダイアログが開きます。
  4. Target アカウントに関連付けるクライアントコード、電子メール、パスワードを指定します。
  5. Adobe Target に接続」をクリックします。Target アカウントが正しく設定されたら、フレームワークを作成する必要があります。
  6. http://<hostname>:<port>/system/console/configMgr に移動します。
  7. AEM Forms Target の設定」をクリックします。
  8. Target フレームワークを選択します。
  9. Target URL」フィールドに、AEM forms への URL を指定します。例えば、http://<hostname>:<port> となります。
  10. 保存」をクリックします。

ソーシャルアカウントによるログインの有効化

AEM では、Facebook や Twitter アカウントを使用したログインを顧客に許可することができます。ログインを許可するには、認証ハンドラーを有効にし、「ソーシャルログインとパーソナライゼーション」の手順に従って、Facebook アプリケーションと Twitter アプリケーションを作成する必要があります。

AEM forms JEE サーバーの設定

ContentRepositoryConnector サービスの設定

  1. AEM forms JEE で、http://<hostname>:<port>/adminui に移動します。
  2. サービス/アプリケーションおよびサービス/サービスの管理に移動します。
  3. サービスリストで、「ContentRepositoryConnector : 1.0」をクリックします。
  4. 「設定」タブで、実行ドロップダウンリストから「指定したユーザー」を選択します。
  5. 「Experience Management Server URL」に、CRX サーバーへのパスを指定します。例えば、http://<hostname>:<port>/lc/crx/server/ となります。
  6. 「CRX ユーザー」フィールドに admin と指定します。
  7. 「CRX パスワード」フィールドに admin と指定します。
  8. 保存」をクリックします。

次の手順

これで、リファレンスサイトを利用するための設定がすべて完了しました。リファレンスサイトのワークフローと手順について詳しくは、「Geometrixx Finance リファレンスサイトのチュートリアル」を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー