プロファイルはApache Sling のリソースノードです。それは HTML5 フォームレンダリングサービスのカスタマイズされたバージョンを表します。HTML5 フォームレンダリングサービスを使用して、HTML5 フォームの外観、動作、およびやりとりをカスタマイズできます。Profile ノードは JCR リポジトリの /content フォルダーにあります。ノードは /content フォルダー直下か、/content フォルダーのサブフォルダーに入れることができます。

Profile ノードには xfaforms/profile のデフォルト値を持つ sling:resourceSuperType プロパティがあります。このノードのレンダリングスクリプトは、/libs/xfaforms/profile にあります。

Sling スクリプトは JSP スクリプトです。JSP スクリプトは要求されたフォームと必要な JS / CSS アーティファクトの HTML を組み立てるためのコンテナとして機能します。これらの Sling スクリプトはプロファイルレンダラースクリプトとも呼ばれます。プロファイルレンダラーは要求されたフォームをレンダリングするために Forms OSGi サービスを呼び出します。

GET と POST リクエストのためのプロファイルスクリプトは html.jsp と html.POST.jsp 内にあります。これらのファイルをコピーして変更することで、上書きして独自のカスタマイズを追加できます。インプレースでの変更は行わないでください。このような変更は、パッチのアップデートによって上書きされてしまいます。

プロファイルにはさまざまなモジュールが含まれています。これらのモジュールは、formRuntime.jsp、config.jsp、toolbar.jsp、formBody.jsp、nav_footer.jsp、および footer.jsp です。

formRuntime.jsp

formRuntime.jsp モジュールには、クライアントライブラリの参照が含まれています。これは、リクエストからロケール情報を抽出したし、ローカライズしたメッセージをリクエストに含めるなどのための方法も示します。formRuntime.jsp に独自の javascript ライブラリやスタイルを含めることができます。 

config.jsp

config.jsp モジュールには、ロギング、プロキシサービス、動作バージョンなど、さまあまな設定が含まれています。独自の設定およびウィジェットカスタマイズを config.jsp モジュールに追加することができます。config.jsp モジュールへのカスタムウィジェット登録などの設定を追加することもできます。

toolbar.jsp

toolbar.jsp は、カラーのツールバーを作成するためのコードを含みます。ツールバーを削除するには、toolbar.jsp を HTML.jsp から削除します。

formBody.jsp

formBody.jsp モジュールは、XFA フォームの HTML 表現のためのものです。

最初に、HTML5 フォームはフォームの最初のページのみをレンダリングします。ユーザーがフォームをスクロールすると、フォームの残りの部分がロードされます。こうすることでロード体験が高速になります。nav_footer.jsp コンポーネントには、すべてのスタイルとスクロール時のページのロードを支援するために必要なエレメントが含まれます。

footer.jsp

footer.jsp モジュールは空です。このモジュールを使用することで、ユーザー対話操作のためにのみ使用されるスクリプトを追加できます。

カスタムプロファイルの作成

カスタムプロファイルを作成するには、次の手順を実行します。

プロファイルノードの作成

  1. URL:http://[サーバー]:[ポート]/crx/de で CRX DE インターフェイスに移動し、管理者の資格情報でインターフェイスにログインします。

  2. 左のペインで /content/xfaforms/profiles の場所に移動します。

  3. default ノードをコピーし、hrform という名前で別のフォルダー (/content/profiles) にそのノードをペーストします。

  4. 新しいノード、hrform を選択し、hrform/demo の値を持つ文字列プロパティ sling:resourceType を追加します。

  5. ツールバーメニューで「すべて保存」をクリックして、変更を保存します。

プロファイルレンダラースクリプトを作成する

カスタムプロファイルの作成後、このプロファイルにレンダラーの情報を追加します。新しいプロファイルの要求を受け取る際に、CRX はレンダリングする JSP ページの /apps フォルダーの存在を確認します。JSP ページを /apps フォルダーで作成します。

  1. 左のペインで、/apps フォルダーに移動します。

  2. /apps フォルダーを右クリックして選択し、「hrform」の名前を持つフォルダーを作成します。

  3. hrform フォルダー内で、「demo」という名前のフォルダーを作成します。

  4. すべて保存」ボタンをクリックします。

  5. /libs/xfaforms/profile/html.jsp に移動して、html.jsp のノードをコピーします。

  6. html.jsp ノードを同じ名前「html.jsp」で /apps/hrform/demo フォルダーに貼り付けて、「保存」をクリックします。

  7. プロファイルスクリプトのその他のコンポーネントを持っている場合は、手順 1 から 6 に従って、/apps/hrform/demo フォルダーにそのコンポーネントをコピーします。

  8. プロファイルが作成されたことを確認するには、URL http://[サーバー]:[ポート]//content/xfaforms/profiles/hrform.html を開きます。

フォームを検証するには、フォームをローカルファイルシステムから AEM forms に読み込み、AEM サーバー作成者インスタンスでフォームをプレビューします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー