次の表では、HTML5 フォームと PDF フォームでサポートされている機能について説明します。

機能 HTML5 フォーム PDF
バーコード
ユーザーインターフェイスレベルでは使用できません。 サポート
署名フィールド
電子署名はサポートされてませんが、紙上のような署名のために新しい「Scribble Signature」フィールドが追加されました。「Scribble Signature」フィールドを使用し、フォームに署名を手で書くことができます。署名はフォーム上で画像として保存されます。「Scribble Signature」フィールドには位置情報を保存できます。 電子署名用の署名フィールドが使用可能。
データの結合 サポート サポート
画像 データ URI スキームは画像の表示に使用されます。すべてのブラウザーの最新バージョンはこのスキームをサポートしていますが、それぞれのブラウザーでサポートされる画像形式の範囲に違いがあります。
.gif、.png、.jpeg、.bmp、および .tiff 形式はサポートされている。
Pagination
フォームは、ページの雰囲気を与えるために、パネルとボックスに分けられます。ページのサイズは動的に計算されます。ページのすべてのコンテンツを削除した場合、そのページが削除され、フォームはページ間に空白の空間を残しません。 PDF でのページ編集は、結合したデータコンテンツまたはユーザーのコンテンツに依存し、ページ数はそれに基づいて増減。
カスタムウィジェット モバイルデバイスでのユーザーエクスペリエンスを強化するために、ウィジェットをカスタマイズすることができます。
すべてのウィジェットはロックダウンされ、カスタムウィジェットはプラグインできない。
XFA スクリプト API 最も一般的に使用される XFA スクリプト構成をサポートします。サポートされている構成要素の詳細リストについては、スクリプティングのサポートを参照してください。 すべての XFA スクリプトの構成要素をサポート。
Acrobat スクリプト API HTML5 フォームは、最も一般的に使用される API をサポートしています。詳細については、スクリプティングのサポートを参照してください。 PDF ファイルが Acrobat または Reader 内で開かれる場合も、それは Acrobat が提供するすべてのスクリプト API をサポートします。
右から左に筆記する言語のサポート サポート サポート

HTML5 レンダリング用のフォームテンプレートを有効化し、HTML5 フォームと XDA ベースの PDF の動作と外観の一貫性を保つためには、ベストプラクティスに従ってください。ベストプラクティスの詳しい一覧については、HTML5 フォームをデザインする上でのベストプラクティスを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー