Visual Studio でビルドに失敗した場合のトラブルシューティング

 

Visual Studio を使用して Windows アプリケーションをビルドすると、ビルドに失敗する場合があります。これは、Visual Studio が最新バージョンの証明書を取得できなかったことが原因である可能性があります。 

ビルドに失敗すると、次のエラーが表示されます。

 

クリックして画像を拡大

上記の問題が原因でビルドに失敗した場合は、ビルドを再試行する前に、次の手順を実行してください。

  1. Visual Studio で MWSWindows.sln を開きます。
  2. プロジェクト内で、Designer を使用して config.xml を開きます。
    Shift + F7 キーを押して、Designer でファイルを開きます。
  3. プラットフォーム」をクリックします。
  4. プラットフォームの画面で Cordova CLI のバージョンが 5.0.0 である場合は、5.1.1 に変更します。

送信タスクが Outbox に留まって送信されない場合のトラブルシューティング

アプリケーションがインターネットに接続されているのに、送信タスクが Outbox に留まったまま送信されない場合は、AEM Web コンソール設定の「空白を許可」オプションを確認する必要があります。AEM Web コンソール設定で「空白を許可」オプションが有効になっていることを確認してください。

AEM Web コンソール設定の URL は次のとおりです。

  • OSGi の場合:http://<server>:Port/system/console/configMgr
  • JEE の場合:http://<server>:Port/lc/system/console/configMgr

「空白を許可」オプションを有効にするには:

  1. Web コンソールの設定ページで、「Apache Sling リファラーフィルター」を見つけ出してクリックし、設定を編集します。
  2. Apache Sling リファラーフィルターダイアログが表示されたら、「空白を許可」を有効にします。

注意:

許可されているリファラーリストが空の場合、CSRF 機能は動作を停止し、システムのセキュリティが低下します。

詳しくは、「CSRF 攻撃の防止」を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー