注釈の追加

写真や手書きメモを注釈としてタスクに関連付けることができます。タスクに関連付けられている注釈は、注釈スクリーンに表示されます。

注意:

AEM フォームの Mobile Workspace アプリケーションでは、1 人のユーザーによって追加された注釈は、他の AEM フォームの Mobile Workspace ユーザーに対して注釈として表示されます。ただし、これらは AEM フォームのワークスペースユーザーに対しては添付ファイルとして表示されます。

また、AEM フォームのワークスペースのユーザによって追加された注釈は、別のユーザーによって削除できません。

注釈画面

注釈スクリーンに移行するには、スクリーンの右上隅にある「注釈」ボタンをタップします。

タスクにまだ注釈が含まれていない場合は、次の画面が表示されます。

  • 写真を撮る

または

  • 手書きメモの追加
モバイルワークスペースの注釈開始パネル

タスクにすでに少なくとも 1 つの注釈が含まれている場合は、最初の注釈がデフォルトの「注釈」画面になります。

次の図では、注釈スクリーン上で基本的なコンポーネントに引き出し線の注釈を付けています。

  1. サムネイルパネル: 現在選択されているタスクに関連付けられている注釈を表示します。

  2. メタデータパネル: メタデータパネルのフィールドとオプションを使用して、メタデータと写真を関連付けて、写真をどのように使用するのかを指定します。

  3. タイトルフィールド: 注釈のタイトルを入力します。

  4. 説明フィールド: 注釈の説明を入力します。

    これはオプションのフィールドです。

  5. 添付切り替えボタン: 注釈を添付ファイルとして現在のタスクに追加します。添付ファイルを追加するには、オン/オフ切り替えスイッチを使用します。 デフォルトでは、スイッチはオフです。

  6. ギャラリーに保存ボタン: 注釈をタブレットのイメージギャラリーに追加します。

    注意:

    注釈をタブレットのイメージギャラリーに保存することの他に、注釈を添付ファイルとして追加することもできます。

  7. 削除ボタン: 注釈を削除します。

  8. カメラ注釈アイコン:モバイルデバイスのカメラアプリケーション(『写真の追加』)を開きます。

  9. 手書きメモ注釈アイコン:手書きメモスクリーン(『手書きメモの追加』)を開きます。

写真の追加

モバイルデバイスのカメラアプリケーションを使用して、写真を撮影しそれをタスクに追加できます。

  1. スクリーンの右上隅にある「編集」ボタンをタップします。

  2. カメラアイコンをタップします。 モバイルデバイスのカメラアプリケーションが開きます。

  3. 写真を撮ります。「Use」ボタンをタップします。

    あるいは「Retake」ボタンをタップして、写真を取り直します。

    写真の使用を選択すると、注釈スクリーンが表示されます。

  4. 写真の詳細を入力し、「戻る」ボタンをタップして写真注釈を保存します。

手書きメモの追加

手書きメモをタスクに追加できます。

  1. スクリーンの右上隅にある「編集」ボタンをタップします。

  2. 手書きメモアイコンをタップします。

  3. 起動している Scribble ユーザーインターフェイスで、フリーハンドの手書きメモがキャプチャされます。

    手書きメモの注釈

    1. 更新ボタン: スクリーンをクリアします。

    2. 完了ボタン: この手書きメモを使用します。

    3. キャンセルボタン: この手書きメモを使用せずに手書きメモユーザーインターフェイスを閉じます。

    手書きメモの使用を選択すると、注釈スクリーンが表示されます。

  4. 手書きメモの詳細を入力し、「戻る」ボタンをタップして手書きメモ注釈を保存します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー