スタートポイントは Workbench で作成されるプロセスの開始を示します。

注意:

この概念を参照する時に、スタートポイントおよびスタートプロセスという用語が、間違って使用される場合があります。

AEMフォームワークスペースアプリケーションからプロセスを開始するには、プロセスでワークスペースタイプのスタートポイントが必要です。また、スタートポイントに対して「Mobile Workspace でスタートポイントを表示する」オプションをオンにする必要もあります。

Workbench で定義されたプロセスを開始するには

  1. Mobile Workspaceで使用可能なスタートポイントを表示するには、ホーム画面に行ってください

  2. デフォルトでは、ホーム画面に、「すべてのスタートポイント」リストが表示されます。

    スタートポイントを開くには、リストの「スタートポイント」を右すワイプしてください。

    注意:

    また、リストに表示されているスタートポイントの右側にある矢印をタップしてスタートポイントを開くこともできます。

    スタートポイントに関連付けられたフォームが表示されます。

  3. スタートポイントフォームに、詳細情報を入力します。

  4. スタートポイントのフォームへの入力が完了したら、「戻る」をタップして、「タスクの概要」ページに戻ります。

    「注釈」タブからこのタスクに注釈を追加できます。

  5. 「タスクの概要」ページで、送信オプションをタップしてタスクを送信します。

オフラインモードの場合、このタスクへのエントリが Outbox フォルダーに作成されます。

オンラインモードの場合、タスクがAEMフォームサーバーと同期化され、プロセスで指定されたユーザーに割り当てられます。

タスクリスト内のタスクを実行するには、タスクを開くを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー