JEE 上の AEM forms では、HTML Workspace でアダプティブフォームを使用することができます。

プロセスデザインの際に XDP を選択することができるため、既存のアダプティブフォーム AEM レポジトリから参照できる機能が追加されました。この機能により、プロセスデザイナーは、アダプティブフォームを Task からだけでなく、Starting Point からも設定することができます。

プロセスデザインのエクスペリエンス

プロセスデザインでアダプティブフォームの使用を有効化するには、次の手順を実行します。

  • 「Assign Task」および「Start Point」では、タスクにフォームアセットを割り当てる際に、CRX リポジトリ内のアダプティブフォームアセットを参照することができます。
  • 「Assign Task」および「Start Point」のWorkbench プロパティシートでは、アダプティブフォームのトップレベル / グローバルツールバーを非表示にすることができます。
  • 新しいアクションプロファイルを、アダプティブフォームでのレンダリングおよび送信アクションに使用することができます。

LiveCycle アプリケーションのエクスポートおよびインポート

アダプティブフォームは AEM リポジトリにあるため、LiveCycle アプリケーションのエクスポートには、使用されているアダプティブフォームへのリファレンスのみが含まれています。そのため、LiveCycle アプリケーションのエクスポートおよびインポートは、2 段階のプロセスとなっています。LiveCycle アプリケーションには、プロセスの定義などが含まれています。アダプティブフォームを含む別のパッケージが、AEM より ZIP ファイルにてエクスポートされます。インポート中、LiveCycle アプリケーションは Workbench を通してインポートされ、アダプティブフォームは AEM を通してインポートされます。

HTML Workspace におけるアダプティブフォームのユーザーエクスペリエンス

HTML Workspace は、モバイルフォームに使用できるコントロールのほかに、アダプティブフォーム特有のコントロールをいくつか提供しています。HTML Workspace で「Task」または「Start Point」を開くと、ユーザーは、アダプティブフォームをナビゲートし、保存、署名、送信、添付ファイルの追加を行うことができます。詳しい内容は次のとおりです。

  1. ファイルを添付するには、Mobile Forms と同じように、添付ファイルタスクをします。アダプティブフォームでは、File Attachment タイプのボタンは非表示になっています。

  2. アダプティブフォームを保存するには、「保存」をクリックします。アダプティブフォームでは、Save タイプのボタンは非表示になっています。

  3. アダプティブフォームを送信するには、Mobile Forms と同じように、「送信」ボタンを使うか、またはルートアクションを使用します。アダプティブフォームでは、Submit タイプのボタンは非表示になっています。

  4. アダプティブフォームグローバルツールバーの表示:プロセスデザイナーは、グローバル / トップレベルツールバーを非表示にした場合、ツールバーおよびボタンはアダプティブフォームに表示されません。

  5. Workspace でのアダプティブフォームのナビゲーションコントロール:HTML のアダプティブフォームでは、保存、送信、ルートアクションのボタンに加え、次へ / 前へのボタンが使用できます。HTML Workspace でアダプティブフォームのパネルをナビゲートするには、次へ / 前へのボタンをクリックします。次へ / 前へのボタンは、アダプティブフォームのモバイル表示のナビゲーションコントロールに似た精密なナビゲーションを提供します。

  6. アダプティブフォームの Echosign およびサマリーコンポーネント:Summary コンポーネントは、HTML では操作できません。つまり、アダプティブフォームに Summary コンポーネントが含まれていても、ワークスペースでは表示されません。HTML Workspace では、ユーザーは、Esign コンポーネントの自動送信の代わりに、送信またはルートアクションをクリックします。ドキュメントが署名された後は、フラット(非インタラクティブ)な署名済みドキュメントとして表示されます。「送信」またはルートアクションをクリックして、タスクまたは Start Point を閉じます。
    署名済みのドキュメントが EchoSign サーバーから回収され、データ xml ファイルがプロセス内の次のステップへと転送されます。

アダプティブフォームをプロセスデザインで使用するための手順

  1. Adobe Experience Manager Forms Workbench を開きます。

  2. File > New > Application に移動するか、または既存のアプリケーションを使用してアプリケーションを作成します。

    新しいアプリケーションの作成
    新しいアプリケーションの作成

  3. プロセスを作成するか、またはアプリケーション内の既存のプロセスを使用します。

    新しいプロセスの作成
    新しいプロセスの作成

  4. Start Point または Assign Task を作成し、ダブルクリックします。

  5. Presentation & Data セクションで、CRX アセットを使用を選択し、アセットの前の三点リーダークリックします。

    CRX アセットの使用
    CRX アセットの使用

  6. アセットを管理の UI を通して作成されたアダプティブフォームを選択し、「OK」をクリックします。

    アダプティブフォームの選択
    アダプティブフォームの選択

    注意:

    アダプティブフォームの作成について詳しくは、アダプティブフォームの作成を参照してください。

    プロセスの作成について詳しくは、プロセスの作成と管理を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー