概要

AEM フォームでは、SendToPrinter サービスを使用することで、プリンタにドキュメントを送信できます。SendToPrinter サービスは、次の印刷アクセスメカニズムをサポートしています。

  • 直接アクセス型プリンター:印刷元のコンピューターにインストールされているプリンター。このコンピューターは「プリンターホスト」と呼ばれます。コンピューターに直接接続されたローカルプリンターなどが、このプリンターに該当します。
  • 間接アクセス型プリンター:他のコンピューターからアクセスするプリントサーバーにインストールされたプリンター。ネッツワークプリンタに接続するには、Common UNIX® Printing System(CUPS)や Line Printer Daemon(LPD)プロトコルなどの技術を利用できます。間接アクセス型プリンターにアクセスするには、プリントサーバーの IP またはホスト名を指定します。ネットワークで LPD が実行されている場合は、このメカニズムを使用してドキュメントを LPD の URI に送信できます。このメカニズムを使用すると、LPD が実行されているネットワークに接続されたプリンターであれば、どれに対してもドキュメントをルーティングすることができます。

    ドキュメントをプリンターに送信する場合は、次のいずれかの印刷プロトコルを指定します。

    • CUPS:共通UNIX印刷システムという名前の印刷プロトコル。このプロトコルは UNIX オペレーティングシステムで使用され、CUPS を実行するコンピューターはプリントサーバーとして機能します。プリントサーバーはクライアントアプリケーションからの印刷要求を受け付けて処理し、設定されたプリンターに送信します。IBM AIX® オペレーティングシステムでは、CUPS を使用しないでください。
    • DirectIP:リモート印刷や印刷ジョブ管理のための標準的なプロトコル。このプロトコルは、ローカルで使用することも、リモートで使用することもできます。プリントキューは不要です。
    • LPD:Line Printer Daemon プロトコルの略称。Line Printer Remote(LPR)プロトコルとも呼ばれます。このプロトコルは UNIX ベースのシステムにネットワークプリントサーバー機能を提供します。
    • SharedPrinter:特定のコンピューターに対して設定されているプリンターを使用できるようにする印刷プロトコル。
    • CIFS:Output サービスは、Common Internet File System(CIFS)印刷プロトコルをサポート。

SendToPrinter Service の使用

テーブルには、以下の項目が表示されます。

  • さまざまなプロトコルで使用する printerName または PRINTSERVER に関する情報。
  • プリンタサーバー URI とプリンタ名の様々な組み合わせに対してプリンタが返す値または例外

プロトコル(アクセスメカニズム)

プリントサーバー URI(PrinterSpec.printServer)

プリンタ名(PrinterSpec.printerName)

結果

SharedPrinter 任意 空白
例外:必須の引数 sPrinterName を空にすることはできません。
SharedPrinter 任意 無効 プリンターが見つからないという内容の例外がスローされます。
SharedPrinter 任意 有効 印刷ジョブが正常に作成されます。
LPD 空白 任意 必須の引数 sPrintServerUri を空にすることはできないという内容の例外がスローされます。
LPD Invalid 空白
必須の引数 sPrinterName を空にすることはできないという内容の例外がスローされます。
LPD Invalid Not Empty sPrintServerUri が見つからないという内容の例外がスローされます。
LPD 有効 Invalid プリンターが見つからないという内容の例外がスローされます。
LPD 有効 有効 印刷ジョブが正常に作成されます。
CUPS 空白
任意 必須の引数 sPrintServerUri を空にすることはできないという内容の例外がスローされます。
CUPS Invalid 任意 プリンターが見つからないという内容の例外がスローされます。
CUPS 有効 任意 印刷ジョブが正常に作成されます。
DirectIP 空白
任意 必須の引数 sPrintServerUri を空にすることはできないという内容の例外がスローされます。
DirectIP Invalid 任意 プリンターが見つからないという内容の例外がスローされます。
DirectIP 有効 任意 印刷ジョブが正常に作成されます。
CIFS 有効 空白
印刷ジョブが正常に作成されます。
CIFS Invalid 任意 CIFS を使用した印刷中に不明なエラーがスローされます。
CIFS 空白
任意 必須の引数 sPrintServerUri を空にすることはできないという内容の例外がスローされます。

認証サポート

認証は、CIFS 印刷に対してのみサポートされます。認証するには、PrinterSpec にユーザ名、パスワードやドメインを入力します。次の手順を実行することで、AEM Granite CyprtoSupport Service を使用してパスワードを暗号化することができます。

  1. http://<server>:<port>/system/console へ移動します。

  2. メイン」 > 「暗号サポート」に移動します。

  3. いくつかのプレーンテキストを入力し、「保護」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー