AEM forms は、Adobe Analytics と統合されているため、発行済のフォームとドキュメントのパフォーマンス指標を取得および追跡できます。これらの指標分析の意図は、フォームやドキュメントをさらに有効利用するために必要な変更に関して十分な情報に基づいた決定を行えるよう支援することです。

分析の設定

AEM forms のアドオンパッケージの一部として、AEM forms の分析の機能を使用できます。アドオンパッケージのインストールについての詳細は、AEM forms のインストールと設定を参照してください。

アドオンパッケージの他に Adobe Analytics のアカウントが必要になります。詳しくは、Adobe Analytics を参照してください。

AEM forms のアドオンパッケージと Adobe Analytics のアカウントを入手したら、 分析とレポートの設定の記事を参考に、Adobe Analytics のアカウントを AEM forms に統合し、ご使用のフォームやドキュメントの追跡を有効にします。

分析レポートの表示

分析レポートを表示するには、次の手順を実行します。

  1. http://[hostname]:[port] から AEM ポータルにログインします。
  2. フォーム/フォームとドキュメントをクリックします。
  3. 分析レポートを表示するためのフォームを選択します。
  4. Analytics レポートアイコンをクリックします。
A. Analytics レポートアイコン 

以下の概要レポートのように、フォームおよびフォームに含まれる各パネルの分析レポートが AEM forms によって表示されます。

アダプティブフォームの概要レポート
A. フォームレベルの概要 B. パネルレベルの概要 

デフォルトで、最近 7 日間の分析レポートが表示されます。最近 15 日間、1か月間のレポートを表示することや、日付範囲を指定して表示することもできます。

アダプティブフォームおよび HTML5 フォームの分析レポート

フォームレベルの概要セクションでは、次の KPI(キーパフォーマンスインジケーター)項目別に、ご使用のフォームの評価情報を確認できます。

  • 平均記入時間:フォームの記入にかかった平均時間
  • インプレッション数:検索結果にフォームが表示された回数
  • レンディション:フォームがレンダリングされた、または開かれた回数
  • ドラフト:フォームがドラフトとして保存された回数
  • 送信:フォームが送信された回数
  • 中止:フォームが完了せずに中止された回数
  • 訪問回数 / 送信回数:訪問した回数と送信回数の比率

注意:

フォームレベルの概要の三点リーダー (...) のアイコンをクリックすると、以下のような概要の統計詳細が表示されます。

フォームレベルの概要分析レポートの拡張

カードをクリックしてソースの詳細をレポートの左側に表示させることができます。ソースは次のいずれかです。

  • ポータル
  • ドラフトとして保存されたフォーム、または
  • ブックマークや電子メールに記載のリンクなど、その他のソース

パネルのレポート

パネルレベルの概要セクションでは、フォーム内の各パネルに関して次の情報が提供されます。

  • 時間:パネルとパネル内のフィールドに費やした平均時間(秒)
  • エラー:フォームのレンダリング 1000 回ごとの、パネルとパネル内のフィールドでのエラー発生回数
  • ヘルプ:フォームのレンダリング 1000 回ごとの、パネルとパネル内のフィールドでユーザーがコンテキスト内ヘルプにアクセスした回数
各パラメーターの詳細を深く掘り下げ、パネル内のフォームフィールドレベルにおける各パラメーターの値を確認することもできます。

任意のパラメーターのレポートされた値をクリックすると、レポートが展開して分析スケールが表示されます。Adobe Analytics レポートスイートで設定されたすべてのフォームにわたって、選択したパラメーターの中央値が表示されます。選択したパネル内で中央値を超過しているフィールドも表示されます。スケールの白色ドットは中央値を示します。パネルの各フィールドの数値は、他の色のドットで表されます。色が強いほど中央値から離れていることを表します。

次の画像では、白色ドットが中央値(この例では 26)を示しています。その他の 3 つのドットは、Financial Details パネルの各フィールドを示しています。また数値が中央値を超過していることを表しています。

パネルの概要レポート
A. 中央値 B. フォームフィールドの値 

パネルの詳細レポート

分析スケール上部の をクリックすると、各パネルの詳細を確認することができます。

パネルの詳細レポート

上の画像のように、詳細レポートは、選択したパラメーターに対してパネル内のすべてのフィールドの値を表示します。

さらに、詳細レポートでは左上隅にツールバーが表示されます。レポートを閉じるには (閉じる)ボタン、または (時間)、(エラー)、(ヘルプ)ボタンの間でレポートを切り替えることができます。

アダプティブドキュメント用の分析レポート

レスポンシブでインタラクティブ、パーソナライズされた各デバイス向けのデジタル通信、ステートメント、およびデジタルドキュメントを、アダプティブドキュメントを使用して作成することができます。アダプティブドキュメントには分析のダッシュボードが用意され、ドキュメントが使用されるパターンを測定することもできます。アダプティブドキュメントの分析レポートについて詳しくは、アダプティブドキュメントの分析レポートの確認方法と詳細を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー