システム属性の詳細設定ページを使用して、ファイルの書き出し、編集、読み込みを行うことなく、設定ファイルの特定の設定を変更します。(設定ファイルの読み込みと書き出しを参照)。

  1. 管理コンソールで、設定/User Management/設定/システム属性の詳細設定をクリックします。

  2. (オプション)次のセッション属性を変更します。

    セッションのタイムアウト制限(分):ユーザーが自動的にシステムからログアウトするまでの時間(分)。デフォルトでは、Workbench などの AEM Forms のコンポーネントは、動作状況に関係なく 2 時間後にタイムアウトになり、ユーザーは再度ログインする必要があります。有効な値は 11440 です。デフォルト値は 120(2 時間)です。この設定では、設定ファイルの SAML/Producer/assertionValidityInMinutes エントリキーが更新されます。

    注意:

    システムが正しく機能するために、セッションのタイムアウト制限を 10 分未満に設定しないでください。推奨される値は 10~120 (分) です。

    アサーションのしきい値(秒):クラスター内の AEM Forms アプリケーションサーバー間で発生するシステム時間の時間差が原因となる遅延を相殺するバッファー時間。AEM Forms のユーザーのログイン時間は、このプロパティで指定された時間(秒)だけ遡ります。有効な値は 03600 です。デフォルト値は 60 です。この設定では、設定ファイルの SAML/Producer/assertionThresholdInSeconds エントリキーが更新されます。

    アサーションの最大更新可能回数:ログインを必要とせずにユーザーセッションが透過的に更新される最大回数。有効な値は 09999 です。0 に設定すると、アサーションは更新されません。デフォルト値は 10 です。この設定では、設定ファイルの SAML/Producer/maxAssertionRenewalCount エントリキーが更新されます。

  3. (オプション)次のディレクトリ同期属性を変更します。

    同期統計ログ:User Management で、同期処理中に詳細な統計情報をログに記録するかどうかを指定します。(同期中の詳細なログの有効化または無効化を参照)。

    同期完了の Cron 形式:User Management で失敗した同期を再試行する間隔。(ディレクトリ同期の再試行オプションの設定を参照)。

    クラスターのジョブロックのタイムアウト(分):クラスター環境で使用されます。1 つのノードで同期が失敗し、クラスターのロックが解放されない場合、他のノードが強制的にロックを取得するまでの待機時間(分)をこの値に指定します。デフォルト値は「15」分です。有効な値は 11440 分です。

  4. (オプション)次の属性を変更し、「OK」をクリックします。

    User Manager イベント監査:ディレクトリ同期イベントと認証イベントの監査(成功、失敗、ロックアウトなど)を有効にするにはこのオプションを選択します。デフォルトでは、Rights Management などの監査を必要とするコンポーネントをインストールしない限り、このオプションは選択されません。この設定では、設定ファイルの APSAuditService エントリキーが更新されます。

    動的グループの自動作成:電子メールのドメインに基づいた動的グループの自動作成を有効にします。(動的グループの作成を参照)。

また、「再読み込み」をクリックして、元の User Management 設定に戻すこともできます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー