バックアップ設定ページでは、AEM Forms をセーフバックアップモードで操作できるので、データベースとグローバルドキュメントストレージ(GDS)ディレクトリを確実にバックアップできます。

セーフバックアップモードになっている場合でも、AEM Forms は正常に稼働します。ただし、ファイルは GDS ディレクトリから削除されません。

注意:

このオプションを設定しても、システムのバックアップは実行されません。このオプションでは、バックアップを行うようにシステムが準備されます。

セーフバックアップモードの有効化

  1. 管理コンソールで、設定/コアシステム設定/バックアップ設定をクリックします。

  2. バックアップ設定ページで、「セーフバックアップモードで稼動する」を選択して「OK」をクリックします。

注意:

システムが既にセーフバックアップモードで稼動している場合は、「OK」をクリックしても新しい予約は作成されません。

セーフバックアップモードの無効化

  1. 管理コンソールで、設定/コアシステム設定/バックアップ設定をクリックします。

  2. バックアップ設定ページで、「セーフバックアップモードで稼動する」の選択を解除して「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー